気になる…22歳の「ヒラリー・クリントン」を映画化!?

女性政治家の顔とは違った、ヒラリーの素顔も見れるかも。

人気の記事

ドナルド・トランプ大統領との選挙戦も記憶に新しい政治家として活躍するヒラリー・クリントン。そんな彼女の若い頃を脚本にした映画が制作されているのだとか!

When I'm a Moth』と題されたこの映画は、1969年にヒラリーが大学を卒業し、夫ビル・クリントン氏と出会ったイェール・ロー・スクールに入学した頃のエピソードも基づくそう。

ADの後に記事が続きます

ザ・ラップ誌>によると、当時22歳のヒラリーを演じるのは、海外ドラマ「カリフォルニケーション」にも出演した女優アディソン・ティムリン共同ディレクターで作家を務めるマグダレナ・ジザックとザチャリー・コトラーは、この映画のストーリーについてこのようにコメント。

この作品は、伝記映画というよりは「政治という世界によって、人間性がどう変わってしまうか」を描いたドラマに近いわね。

ちなみにヒラリーは、政治家になる前の学生時代にアラスカの魚加工工場で働いていたこともあったのだそう。

以前も、ヒラリーのミドルネーム"ローダム"をタイトルにした伝記映画『Rodham』が制作の予定があったのだとか。この映画は『When I'm a Moth』と異なった脚本で、1970年代にアメリカで起きた「ウォーターゲート事件」においてニクソン米大統領を告発するために、最年少弁護士として活躍したヒラリーについてのストーリー。

残念ながらこの映画は、2015年に大手映画制作会社ライオンズゲートより打ち切りになってしまい、今後の制作再開の目処も立っていないよう。その理由についてシナリオライターのヨン・イル・キム氏によれば「もしヒラリーがアメリカ大統領になっていたら再開のチャンスがあったかもしれない。ハリウッドは敗者の映画は作らない」とのこと。

『Rondham』は実現には至らなかったものの、女性政治家になる前の彼女の素顔はどんなものだったのか…公開になる日が待ちきれない!

コメントする

Read Next:
あのヒット映画が、ある国では「上映禁止」になった理由6
映画
シェア
なぜ?特定の国で「上映禁止」扱いされた人気映画6作品
まあ、理由はわからないでもない…
映画
シェア
"そんなことないよ"と、誰かが言ってくれるのを期待する人
「どうせ美人じゃないし」と言う人は、「いいじゃん、面白いんだから」と言ってほしいわけじゃありません。
映画
シェア
『美女と野獣』ディズニー初のゲイキャラ登場騒動
おネエ系映画ライター・よしひろまさみちが「いま気になるエンタメ」をお届け!
初!レズビアンのスーパーヒーローが誕生
映画
シェア
大作ヒーロー映画初!レズビアンのスーパーヒロインが誕生♡
多様性を謳うTVシリーズ『パワーレンジャー』に、セクシャリティに悩むトリニーが登場!
映画
シェア
人気女装家ブルボンヌが語った『ムーンライト』の純愛
「真っ暗闇の中にほんのり光る月の光みたいな、そんな人生があってもいいじゃない」
映画
シェア
人生を変えたい!勇気を貰える「チャレンジ」映画7選
新しい1歩を踏み出したいあなたへ
映画
シェア
憐れむように「自虐的」ですねという人
私が私のアホを笑っても、それは自分を蔑んでいるからじゃありません。
恋離れ中女子のための、「本気で恋したくなる」映画7
映画
シェア
恋離れ中女子のための、「本気で恋したくなる」映画7
「とろけて」「シビれる」…それが恋♡
映画
シェア
【SNAP】10人のLAガールに聞いた「人生を変えた映画」
映画の聖地ハリウッドのあるLAで、美女たちが感銘を受けた映画作品について大調査♡
映画
シェア
私は「いいね!」してるのに、彼女は「いいね!」してくれない。
「共感を示すこと」を互いに求める関係は、マジで面倒くさい。