気になる…22歳の「ヒラリー・クリントン」を映画化!?

女性政治家の顔とは違った、ヒラリーの素顔も見れるかも。

人気の記事

ドナルド・トランプ大統領との選挙戦も記憶に新しい政治家として活躍するヒラリー・クリントン。そんな彼女の若い頃を脚本にした映画が制作されているのだとか!

When I'm a Moth』と題されたこの映画は、1969年にヒラリーが大学を卒業し、夫ビル・クリントン氏と出会ったイェール・ロー・スクールに入学した頃のエピソードも基づくそう。

ADの後に記事が続きます

ザ・ラップ誌>によると、当時22歳のヒラリーを演じるのは、海外ドラマ「カリフォルニケーション」にも出演した女優アディソン・ティムリン共同ディレクターで作家を務めるマグダレナ・ジザックとザチャリー・コトラーは、この映画のストーリーについてこのようにコメント。

この作品は、伝記映画というよりは「政治という世界によって、人間性がどう変わってしまうか」を描いたドラマに近いわね。

ちなみにヒラリーは、政治家になる前の学生時代にアラスカの魚加工工場で働いていたこともあったのだそう。

以前も、ヒラリーのミドルネーム"ローダム"をタイトルにした伝記映画『Rodham』が制作の予定があったのだとか。この映画は『When I'm a Moth』と異なった脚本で、1970年代にアメリカで起きた「ウォーターゲート事件」においてニクソン米大統領を告発するために、最年少弁護士として活躍したヒラリーについてのストーリー。

残念ながらこの映画は、2015年に大手映画制作会社ライオンズゲートより打ち切りになってしまい、今後の制作再開の目処も立っていないよう。その理由についてシナリオライターのヨン・イル・キム氏によれば「もしヒラリーがアメリカ大統領になっていたら再開のチャンスがあったかもしれない。ハリウッドは敗者の映画は作らない」とのこと。

『Rondham』は実現には至らなかったものの、女性政治家になる前の彼女の素顔はどんなものだったのか…公開になる日が待ちきれない!

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
女子vs女子の構図は、なぜできてしまうのか?
知らず知らずのうちに、男社会に飼いならされている……のかも。
第74回ヴェネチア国際映画祭の司会を務めた旬の俳優に迫る!
映画
シェア
あのイケメンは誰?ヴェネチア映画祭をザワつかせた司会に直撃!
今、イタリアで旬なイケメン俳優! アレッサンドロ・ボルギにクローズアップ
第30回東京国際映画祭 オープニング、クロージング、特別招待作のラインナップが決定!
映画
シェア
オープニングを飾るのは、あの実写化作品!注目の東京国際映画祭
オープニング&クロージングに、特別招待作品など、続々発表!
映画
シェア
【後編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
ラストは2011~2017年の映画をお届け♡11月公開作品のイケメン陣もいち早くチェックして!
来年こそ行きたい! ヴェネチア国際映画祭総まとめ
映画
シェア
実は一般参加OK!次回こそ行きたい、ヴェネチア国際映画祭
来年、この映画祭のタイミングで「ヴェネチアに行くと楽しい理由」を現地レポート!
映画
シェア
「デキる女」に、すべて押し付けがちな私たち。
あの人はデキるから、あの人は頭がいいから――と、押し付けられ続けたら、そりゃ逃げたくもなるよね。
映画
シェア
【前編】うっとりしちゃう♡イケメンだらけの映画5連発
これだけイケメンが並ぶと圧巻…!まずは2001~2010年の作品をお届け♡
映画
シェア
「共感できない」相手は、別に敵ってわけじゃない
普通じゃない女子品評会のような『エル ELLE』に試される、あなたの共感の限界と、その先の理解。
映画
シェア
賛否両論!?サイコミステリー映画『マザー!』の日本公開が決定
ジェニファー・ローレンス主演!ヴェネチア国際映画祭では喝采とブーイングが入り混じったそう…。
価値観の違う人と共存するには?【女性監督が描く♯3】
映画
シェア
日本人監督が捉えた国際問題【女性監督が描く♯3】
NY在住、佐々木芽生監督が語る「世界から見た日本」