気になる…22歳の「ヒラリー・クリントン」を映画化!?

女性政治家の顔とは違った、ヒラリーの素顔も見れるかも。

人気の記事

ドナルド・トランプ大統領との選挙戦も記憶に新しい政治家として活躍するヒラリー・クリントン。そんな彼女の若い頃を脚本にした映画が制作されているのだとか!

When I'm a Moth』と題されたこの映画は、1969年にヒラリーが大学を卒業し、夫ビル・クリントン氏と出会ったイェール・ロー・スクールに入学した頃のエピソードも基づくそう。

ADの後に記事が続きます

ザ・ラップ誌>によると、当時22歳のヒラリーを演じるのは、海外ドラマ「カリフォルニケーション」にも出演した女優アディソン・ティムリン共同ディレクターで作家を務めるマグダレナ・ジザックとザチャリー・コトラーは、この映画のストーリーについてこのようにコメント。

この作品は、伝記映画というよりは「政治という世界によって、人間性がどう変わってしまうか」を描いたドラマに近いわね。

ちなみにヒラリーは、政治家になる前の学生時代にアラスカの魚加工工場で働いていたこともあったのだそう。

以前も、ヒラリーのミドルネーム"ローダム"をタイトルにした伝記映画『Rodham』が制作の予定があったのだとか。この映画は『When I'm a Moth』と異なった脚本で、1970年代にアメリカで起きた「ウォーターゲート事件」においてニクソン米大統領を告発するために、最年少弁護士として活躍したヒラリーについてのストーリー。

残念ながらこの映画は、2015年に大手映画制作会社ライオンズゲートより打ち切りになってしまい、今後の制作再開の目処も立っていないよう。その理由についてシナリオライターのヨン・イル・キム氏によれば「もしヒラリーがアメリカ大統領になっていたら再開のチャンスがあったかもしれない。ハリウッドは敗者の映画は作らない」とのこと。

『Rondham』は実現には至らなかったものの、女性政治家になる前の彼女の素顔はどんなものだったのか…公開になる日が待ちきれない!

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
『ワンダーウーマン』は世の女性監督の歴史をも変える!?
映画
シェア
『ワンダーウーマン』に女性監督が抜擢された「意味」
全米で大ヒット中映画の監督が、女性であることが、ハリウッドでの「女性」の位置づけが変える…??
映画
シェア
女子にとって「自己主張」は「善」なのか?「悪」なのか?
「自己主張がない」と怒られるかと思えば、「自己主張するな」と非難される。混乱するのは当たり前。ということで前回の回答編。
映画
シェア
オープンは2019年!『スター・ウォーズ』ホテルが建設中
従業員もコスチューム着用! 宿泊者にはミッションが与えられる!?
映画
シェア
ホグワーツの生徒気分に!『ハリー・ポッター』のサパークラブ
ファン垂涎のコース料理が、ロンドンの会員制クラブで楽しめちゃう♡
映画
シェア
『アベンジャーズ』最新作、全米に先駆け日本で公開!
おなじみのメンバーに加えスパイダーマンも!マーベル映画史上、最多のヒーローが集結。
COSMO的「7月に観るべき映画」5選
映画
シェア
50代とは思えないキアヌに注目!7月の観るべき映画5作品
キアヌのガン・フーに惚れ惚れ♡あのアクションムービーの続編が登場!
映画
シェア
理不尽に屈しない、アラサーのロッタちゃん
イヤなものはイヤ!と自己主張できた5歳児が、大人になるとできなくなるのはなぜ。
映画
シェア
甘酸っぱい♡カーラ出演のラブロマンス映画が公開へ
ひと夏のロマンス?旬のヤングセレブが揃って出演する『キッズ・イン・ラブ』。
映画
シェア
いますぐ荷物をまとめたくなる♡旅がテーマの映画10
喜びや悲しみや出会いをぎゅっと集めた厳選旅の映画リスト♡
映画
シェア
露出狂に呪われた人生ですが。
露出狂は死んでいいと思いますが、そのモノ自体はそんなに憎んではいません。意外と。