本人もムカついてた!? 『SATC』のキャリーという存在

サラ・ジェシカ・パーカーが本音を暴露!

人気の記事

あまり海外ドラマに興味のない人も『セックス・アンド・ザ・シティ』(以下SATC)は聞いたことがあるはず。

日本でも社会現象となり、主人公のキャリーに憧れた女性も多数。恋愛話はもちろん、オープンにセックスのことを話すスタイルで話題に。でも1番の見どころは、セックス・コラムニストのキャリー、弁護士のミランダ、セックス好きなPR会社社長のサマンサ、アートディーラーで保守的な女性シャーロットの間の"女の友情"。

ADの後に記事が続きます

ドラマの放送は2004年に終了したにもかかわらず、いまだに熱狂的なファンが多いのもこのシリーズの特徴。

「キャリーになりたい、キャリーのようなキラキラした生活をしたい、キャリーが持ってる靴が欲しい!」と女性は願い、さらにドラマで登場したカフェが日本に上陸すると、いろんなテレビや雑誌で取り上げられ、行列ができたほど。ロケ地巡りツアーもまだまだ人気なんだとか。

でも実は大ファンでもキャリーのことをウザいと思っている人が多いって知ってた?

なぜならキャリーはかなりの自己中で、めそめそしてて、すぐヒステリックになる。大した収入もない時代から金銭感覚はぶっ飛んでて、彼氏のことになると何も手につかなくなる。

コスモポリタン イギリス版によると、そんなキャラクターを演じたサラ・ジェシカ・パーカー<ウォール・ストリート・ジャーナル>のインタビューで、初めは"キャリーをウザいと思った"ことを告白したらしい。キャリーを理解し、なりきるのに苦労したと語っている。

「キャリーをちゃんと理解して、彼女を批判しないようになるまで、かなり時間がかかったし、すごく努力したわ」と発言したサラ。やっぱりキャリーは女性をムカつかせる存在であったよう。

また、女優としての仕事についてもこのように語った。

「キャラクターになりきるのは、とても楽しいわ。でも視聴者を"騙す"ほどなりきるのは、難しい」とのこと。でも「本来の私はキャリーとまったく違うけど、ドラマのファンはそう思わないみたい」とも言っているので、『SATC』でのキャラ作りには大成功したもよう。

演じている本人までもムカつかせるキャリー。『SATC』を見たことのない人は、ぜひ1度見てみて!

※この翻訳は、抄訳です。

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
第74回ヴェネチア映画祭、話題作を現地からお届け
エンタメニュース
シェア
「ヴェネチア国際映画祭」現地レポ !話題作を総まとめ
受賞作品、そして賛否が飛び交ったあの話題作まで一挙ご紹介!
エンタメニュース
シェア
ビヨンセが感動スピーチ!ハリケーン被災者支援を呼びかけ
被災地ヒューストン出身のビヨンセは、現地に駆けつけ、率先して支援活動を行ったそう!
今さら聞けない! "モード界の皇帝"カール・ラガーフェルドってどんなひと?
エンタメニュース
シェア
なぜポニーテール?カール・ラガーフェルドについて気になること15
84歳を迎えた、"モード界の皇帝"カール。実は苦労していた過去もあるみたい…!
エンタメニュース
シェア
編集部が実践!平日夜を充実させるエンタメライフ♡
退屈な夜も、アイデアと行動次第で楽しめる♡
ダイアナ元妃がプリンセスになる前の貴重なフォトアルバム18選
エンタメニュース
シェア
幼い頃から気品たっぷり!ダイアナ妃の子ども時代をたどる写真18
プールに飛び込んだり、動物と戯れたり、1歳から13歳までのキュートな少女時代をお届け!
【速報】入学おめでとう! 初登校するジョージ王子の姿をキャッチ
エンタメニュース
シェア
初めての小学校にドキドキ!?ジョージ王子の初登校をキャッチ
制服姿が父ウィリアム王子のときに負けない愛らしさ♡
テイラー・スウィフト、最新アルバム『Reputation』の歌詞の一部を商標登録へ
エンタメニュース
シェア
テイラー・スウィフト、新アルバムの歌詞を商標登録!?
最新アルバム『Reputation』の歌詞の一部を登録するって噂はホント?過去には他にも...
エンタメニュース
シェア
この夏1番再生されたのは?「スポティファイ」人気曲ベスト20
トップに輝いたのは、ラテン系アーティストとカナダの人気歌手がコラボしたあの曲…!
エンタメニュース
シェア
【9月のテーマ】COSMO流!ナイトライフ
楽しい「夜遊び」、していますか?
カット寸前だった!?名曲「ムーン・リバー」誕生秘話
エンタメニュース
シェア
『ティファニーで朝食を』の主題歌は「カット寸前だった」!?
さらに、「オードリー以外の人に歌わせる」という案もあったそう…