本人もムカついてた!? 『SATC』のキャリーという存在

サラ・ジェシカ・パーカーが本音を暴露!

人気の記事

あまり海外ドラマに興味のない人も『セックス・アンド・ザ・シティ』(以下SATC)は聞いたことがあるはず。

日本でも社会現象となり、主人公のキャリーに憧れた女性も多数。恋愛話はもちろん、オープンにセックスのことを話すスタイルで話題に。でも1番の見どころは、セックス・コラムニストのキャリー、弁護士のミランダ、セックス好きなPR会社社長のサマンサ、アートディーラーで保守的な女性シャーロットの間の"女の友情"。

ADの後に記事が続きます

ドラマの放送は2004年に終了したにもかかわらず、いまだに熱狂的なファンが多いのもこのシリーズの特徴。

「キャリーになりたい、キャリーのようなキラキラした生活をしたい、キャリーが持ってる靴が欲しい!」と女性は願い、さらにドラマで登場したカフェが日本に上陸すると、いろんなテレビや雑誌で取り上げられ、行列ができたほど。ロケ地巡りツアーもまだまだ人気なんだとか。

でも実は大ファンでもキャリーのことをウザいと思っている人が多いって知ってた?

なぜならキャリーはかなりの自己中で、めそめそしてて、すぐヒステリックになる。大した収入もない時代から金銭感覚はぶっ飛んでて、彼氏のことになると何も手につかなくなる。

コスモポリタン イギリス版によると、そんなキャラクターを演じたサラ・ジェシカ・パーカー<ウォール・ストリート・ジャーナル>のインタビューで、初めは"キャリーをウザいと思った"ことを告白したらしい。キャリーを理解し、なりきるのに苦労したと語っている。

「キャリーをちゃんと理解して、彼女を批判しないようになるまで、かなり時間がかかったし、すごく努力したわ」と発言したサラ。やっぱりキャリーは女性をムカつかせる存在であったよう。

また、女優としての仕事についてもこのように語った。

「キャラクターになりきるのは、とても楽しいわ。でも視聴者を"騙す"ほどなりきるのは、難しい」とのこと。でも「本来の私はキャリーとまったく違うけど、ドラマのファンはそう思わないみたい」とも言っているので、『SATC』でのキャラ作りには大成功したもよう。

演じている本人までもムカつかせるキャリー。『SATC』を見たことのない人は、ぜひ1度見てみて!

※この翻訳は、抄訳です。

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
エンタメニュース
シェア
スパイス・ガールズ、6年ぶりの再結成が決定!
いつも再結成に後ろ向きだというヴィクトリアを説得。アルバムのリリースやTV出演もあるのだとか!
目でも耳でも楽しめる♡人気歌姫のミュージックビデオ12
エンタメニュース
シェア
目でも耳でも楽しめる♡人気歌姫のミュージックビデオ12
ファッションにも注目したいミュージックビデオを厳選してお届け!
愛でいっぱい♡ゲイカップル制作の『リトル・マーメイド』
エンタメニュース
シェア
感動!愛にあふれたゲイカップル版『リトル・マーメイド』
単なるパロディビデオかと思いきや…
51歳エイジレス、バキバキに鍛えたイケメン写真家タンさん
エンタメニュース
シェア
え、51歳…!?バキバキに鍛えたイケメン写真家が話題
フォローしない理由がない!
エンタメニュース
シェア
デビューアルバム発売目前!ソンミが感じる「刺激」って?
アルバムに込めた思いや、最近刺激を受けたことについて聞いてみました!
テイラー・スウィフト
エンタメニュース
シェア
感動的…テイラー・スウィフト、妊婦のファンに神対応
流産の危険があると明かしたファンのためにテイラーがとった行動とは…
エンタメニュース
シェア
Babykiyさんが「今」感じている刺激とは?
激しいだけじゃない、ほっこりするような刺激まで、Babykiyさんの毎日には刺激がいっぱい♡
LINE 告知
エンタメニュース
シェア
無料スタンプも♡「コスモポリタン」がLINEに登場!
週に3回、世界中から厳選した情報をお届け!
『ワンダーウーマン』(2017)  去年のコスプレの大本命が『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインなら、今年の人気トップになりそうなのが、ご存じワンダーウーマン。カブリを避けたければ、ワンダーウーマンの母ヒッポリタや、スティーブの秘書エッタ・キャンディという案も。
エンタメニュース
シェア
ハロウィン仮装のアイディアに!コスプレしたくなる映画28選
今年は、ワンダーウーマンの仮装が大本命の予感…♡
美容業界のカリスマ、リサ・エルドリッジの人生を変えたアートとは?
エンタメニュース
シェア
セレブご指名のメイクアップアーティストを刺激したアートとは?
顧客は英国プリンセスや超大物女優! リサ・エルドリッジをインスパイアしたカルチャーに迫る。