本人もムカついてた!? 『SATC』のキャリーという存在

サラ・ジェシカ・パーカーが本音を暴露!

人気の記事

あまり海外ドラマに興味のない人も『セックス・アンド・ザ・シティ』(以下SATC)は聞いたことがあるはず。

日本でも社会現象となり、主人公のキャリーに憧れた女性も多数。恋愛話はもちろん、オープンにセックスのことを話すスタイルで話題に。でも1番の見どころは、セックス・コラムニストのキャリー、弁護士のミランダ、セックス好きなPR会社社長のサマンサ、アートディーラーで保守的な女性シャーロットの間の"女の友情"。

ADの後に記事が続きます

ドラマの放送は2004年に終了したにもかかわらず、いまだに熱狂的なファンが多いのもこのシリーズの特徴。

「キャリーになりたい、キャリーのようなキラキラした生活をしたい、キャリーが持ってる靴が欲しい!」と女性は願い、さらにドラマで登場したカフェが日本に上陸すると、いろんなテレビや雑誌で取り上げられ、行列ができたほど。ロケ地巡りツアーもまだまだ人気なんだとか。

でも実は大ファンでもキャリーのことをウザいと思っている人が多いって知ってた?

なぜならキャリーはかなりの自己中で、めそめそしてて、すぐヒステリックになる。大した収入もない時代から金銭感覚はぶっ飛んでて、彼氏のことになると何も手につかなくなる。

コスモポリタン イギリス版によると、そんなキャラクターを演じたサラ・ジェシカ・パーカー<ウォール・ストリート・ジャーナル>のインタビューで、初めは"キャリーをウザいと思った"ことを告白したらしい。キャリーを理解し、なりきるのに苦労したと語っている。

「キャリーをちゃんと理解して、彼女を批判しないようになるまで、かなり時間がかかったし、すごく努力したわ」と発言したサラ。やっぱりキャリーは女性をムカつかせる存在であったよう。

また、女優としての仕事についてもこのように語った。

「キャラクターになりきるのは、とても楽しいわ。でも視聴者を"騙す"ほどなりきるのは、難しい」とのこと。でも「本来の私はキャリーとまったく違うけど、ドラマのファンはそう思わないみたい」とも言っているので、『SATC』でのキャラ作りには大成功したもよう。

演じている本人までもムカつかせるキャリー。『SATC』を見たことのない人は、ぜひ1度見てみて!

※この翻訳は、抄訳です。

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
エンタメニュース
シェア
レオ様&ケイト・ウィンスレットと食事の権利がオークションに!
『タイタニック』の2人と一緒に食事って…なにも喉を通らないかも!
エンタメニュース
シェア
いい人!『ハリポタ』主演俳優が、ひったくり被害者を手助け
スターの優しさに、元警官も驚き。
商品をアートに!?米お菓子メーカーのインスタが斬新
エンタメニュース
シェア
斬新…あるお菓子メーカーのインスタがジワるw
これ考える仕事、楽しそうかも。
アーティストとしても話題!多彩なLA在住モデルに注目♡
エンタメニュース
シェア
LA在住モデルが生み出す「刺繍アート」が斬新かわいい♡
「1つの分野」にとらわれず、色んなことに挑戦するのが今どき女子の生き方!
ママと3歳の娘の「なりきりプロジェクト」が素敵♡
エンタメニュース
シェア
3歳の女の子が体現!「強い女性」なりきりプロジェクト
辛くてもくじけない、有名女性たちをロールモデルに
LAで、失恋した人たちの「グループ・セラピー」が始動!?
エンタメニュース
シェア
良いアイデア!米女性が立ち上げた「失恋セラピー」に共感
「心の痛みを分かちあうのは、家族や友達よりも他人のほうがいい時もあるから」
コスモポリタンの公式アプリ
エンタメニュース
シェア
コスモポリタンの公式アプリが登場!
最新記事をいつでもチェックできる♡
高層マンションの「飛び出たプール」がエキサイティング!
エンタメニュース
シェア
怖い、けど入りたい!高層マンションの「飛び出たプール」
怖いけど眺めは最高♡
エンタメニュース
シェア
リアーナの新彼はナオミの元彼!ふたりの友情の行方は?
友達の元彼には手を出さないのが暗黙のルールだけど...。
エンタメニュース
シェア
ラブリ流、暮らすように滞在する旅の掟
お気に入りはパリ♡旅行先でのラブリの過ごし方とは