夏は要注意?「太陽×柑橘系果汁」が招く肌への危険性

​飲むお酒の種類によって、皮膚炎になることも…?

人気の記事

BBQやピクニックなど、楽しいアウトドアレジャーが目白押しの夏。だけど1つだけ気をつけてほしいことが…!

コスモポリタン イギリス版によると、太陽と柑橘系のアルコールドリンクは危険な関係にあるのだとか。

晴れた日に屋外でお酒を飲むのは、気分爽快。だけどそれが「植物性光線皮膚炎」という、少々やっかいな皮膚炎を引き起こす可能性があるらしい。お酒の中でも、特にマルガリータが要注意なんだそう。

ADの後に記事が続きます

というのも、マルガリータに使われるライム果汁(またはレモン果汁)が何かの拍子で肌に付着してしまった場合。そのまま外に出て、皮膚に付いた果汁(厳密に言うと、果汁に含まれる化学物質)が紫外線にさらされると、ひどいやけどを引き起こすのだとか!

以下は「マルガリータ皮膚炎」と呼ばれる症状の写真。大きな水ぶくれが痛々しい。

PSA for all you margarita-lovers out there: lime juice and sun exposure are a bad combo

A post shared by Shosh (@princessmarysue) on

「マルガリータ好きの人は気をつけて! ライムと太陽光の組み合わせは最悪だから」

「左:月曜日、右:火曜日」

こうしてできる皮膚の赤みは"色素沈着過剰"といって、炎症が引いて肌が通常に戻るまで、日焼けよりも長い時間がかかるのだそう。しかも日焼け後のアフターローションなども効果がないそうなので、かなりの注意が必要。

皮膚科医のドーン・デイヴィス博士が<Buzzfeed>に語ったところによると、「植物から採れた液体なりオイルを肌に塗り、紫外線にさらすと、誰でも"マルガリータ皮膚炎"になる可能性がある」。そうならないためにも、果汁が肌についてしまった場合は、すぐにその箇所を洗うことをお忘れなく! また、この皮膚炎に関しては日焼け止めも効かない、とのこと。

液体がこぼれたあとのように炎症が広がってしまった例がこちら。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
炭水化物の摂取量を制限する「低炭水化物ダイエット(ローカーボダイエット)」。世界中で話題になったダイエット法で、一時は人気セレブも実践していると言われていた。ダイエットトレンドの移り変わりとともに、最近はあまり聞かなくなったけれど、ここでもう一度そのダイエットの効果を検証。低炭水化物ダイエットを実践中の人も、これから挑戦しようと思っている人も、ぜひ参考にしてみて。
健康
シェア
「低炭水化物ダイエット」の知っておくべき6つのこと
肉類と脂質は好きなだけ食べていいというのは間違い!?
研究で判明!「怒り」の感情が、睡眠の質を下げている!?
健康
シェア
怒ったまま寝ると「睡眠の質」が下がる!?
ベッドに入る前に、心配事は忘れて彼との仲直りを心掛けて♡
メンタルヘルスのプロ5人が実践する「セルフケア術」
健康
シェア
メンタルヘルスのプロが教える「セルフケア術」5つ
その道のプロだって人間。ストレスを感じたときは、どう対処してる?
大きなハンバーガーとダイエット中に食べる小さなハンバーガー
健康
シェア
研究で発覚!ダイエットは「休憩」を挟んだ方が効果的!?
ストイックになりすぎないのがコツなのかも
栄養士8人が回答!「二日酔い」のとき何食べてる?
健康
シェア
栄養士8人が回答!「二日酔いの朝」に食べるのは?
大きく分けると3つ!
見た目では判断できない!女性が語る「摂食障害の真実」
健康
シェア
見た目で判断しないで!女性が伝える「摂食障害の真実」
「内面が回復しない限り、どうやっても自分の外見を愛せるようにはならないんです」
ママと赤ちゃん/病院で、体重計に貼られていたメモ「体重計は数字を測るだけで、あなたの美しさを測るものではありません」
健康
シェア
診療所の体重計に貼られていたメモに、産後ママが感動♡
産後太りを気にするママを癒やしたのは?
バーに並べられたお酒
健康
シェア
研究が指摘!お酒の飲み過ぎが脳に与える悪影響
お酒をよく飲む学生の脳に現れた変化とは…?
ダイエット中に最適♡専門家が教えるヘルシーおやつ10
健康
シェア
ダイエット中もOK♡専門家が教えるヘルシーおやつ10
おいしく食べて健康にダイエット!
深刻な事態になる前に!要注意な「ストレスのサイン」10
健康
シェア
ただのストレスじゃない!?専門家による「要注意の症状」10
忙しさのせいにして見過ごしがちな不眠や頭痛、イライラが、実は疾患のサインであることも!?