セクハラで失業!?被害者女性の体験談

会社は何もしてくれない…?セクハラ被害の悲しい現実。

人気の記事

アンジェラ・アガニスは、アメリカの携帯電話会社T-Mobileのカスタマーサービスに勤務していた。勤続8年、仕事が好きだった。20143月、上司がゲイリー・ロションに代わるまでは…。

彼女がニュースサイト<ThinkProgress>に語った内容によると、彼はアンジェラをある意味「特別扱い」し始めたらしい。業務中にボディータッチをしたり、股間をアンジェラの顔に当てるような行為をしたりしたそうだ。アンジェラはあまりの不快さに人事に相談したところ、助けてくれるどころか沈黙することを勧められたという。それが彼女の人生を危険に晒すような提案だとは想像もせずに…。

ADの後に記事が続きます

ある日アンジェラは上司と2人での打ち合わせ後、体を触られ、恐怖を感じた。そしてそのことを人事に告げると、人事は彼女の訴えに関して調査をすると提案。しかしその代わり、誓約書へのサインを求められた。その誓約書とは、セクハラやその調査について同僚や他に話した場合、懲戒解雇に処される、という内容のものだった。アンジェラはサインをせず、好きだった仕事を辞めた。

「この会社にとって、私は何の役にも立たない人間なんだ」

そう感じざるを得なかったという。

その後、彼女は会社を相手取り裁判を起こした。セクハラ被害を受けた従業員に沈黙を迫ったことは会社のポリシーに違反、またそれにより人生で最も屈辱的な時期を過ごさざるを得なかった、と訴えた。実は次の就職先がなかなか見つからなかったのだ。

「人生で初めてフードバンク(生活困窮者への配給活動)から食料の配布を受けたわ。なぜこんな目に遭うのか…とても悔しかった」

アンジェラが会社を辞めてから、上司のロションの過去の女性蔑視問題が明らかになった。

彼は以前開業医をしていたが、患者と不適切な関係を持ったため、ライセンスを剥奪されていた。またここ数年の間にもセクハラ問題を起こして会社をクビになっていた。彼女が訴えを起こした後すぐに、元上司は会社から退職を迫られたそうだ(実際に辞めたかどうかは定かではないが…)。

「それを知って、納得でした。でも、もっと早くわかっていれば…」

彼女にとってそれは、後の祭りでしかなかったのだ。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!
あるレイプ被害者の人生を救った、感動の「音楽フェス」
社会
シェア
音楽フェスに秘められた、あるレイプ被害者の再起のドラマ
レイプ被害者の女性がグラストンベリーのスタッフに助けられ、人間不信を克服するまでの道のり。
バレエに人生をささげる、シリア人バレエダンサー
社会
シェア
シリアの難民キャンプから、オランダ国立バレエ団へ
内戦、イスラム国(IS)の侵略の中で育ち…「バレエ」を通して戦うダンサーにインタビュー。
見る人の心を打つ...アルビノの人々をとらえた写真が美しい
社会
シェア
見る人の心を打つ…アルビノの人々をとらえた美しい写真
画像の編集はしていないそう。
【私の生き方】性犯罪から子どもを守る!
社会
シェア
5歳でレイプ被害に…。性犯罪の法律を変える!
PTAとPTSDを経て…。フランスで性犯罪の法律を改正するために闘う女性の道のり
フロリダの公共トイレで見つかったフック型隠しカメラにご用心
社会
シェア
こんな商品があるなんて…!?フック型隠しカメラにご用心
日本に入ってきていませんように…
アメリカ人女子が告白!男たちの「野次」に対する11の本音
社会
シェア
かなり深刻…男からの「野次」に対する女性たちの告白
街中で受けるセクハラ的野次、「キャットコール」に怯える女性たち…