リハビリ中の夫が妻にキス…悲劇で強まった夫婦の絆に感動

病める時も、健やかなる時も、愛し合うということ。

人気の記事

ノースカロライナ州でピラティスを教えるローラ・ブラウニングさん(32)が投稿したビデオは、公開後1週間で300万回以上再生され、大きな反響を呼んでいるそう。そのビデオの内容は、夫であるジョナサン・グラントさん(当時35歳)が交通事故から数カ月経過した後、立ち上がって妻にキスした様子をとらえたもの。

ADの後に記事が続きます

Too special not to share... #staystrongjonnygrant

A post shared by Laura Browning Grant (@laurabpilates) on

シェアせずにはいられないほどスペシャルな瞬間。

「事故以来、立ってハグすることなんて不可能なことでした。でもこのとき、わたしが彼を支えると、すぐに首にキスしてくれたの」と、コスモポリタン アメリカ版のインタビューで答えてくれたローラさん。

「震えるほどうれしかった……彼がキスを返してくれることがどんなに意味のあることか、もう一生無理かもと思ったときに初めて気づくものね」。

悪夢が起きたのは3月、ふたりの5回目の結婚記念日まであと1カ月足らずという日のこと。救急救命室の看護師からローラさんのもとに電話が。海軍特殊部隊の隊員として3度の海外派遣後、衛生兵のインストラクターをしていた夫のジョナサン(愛称ジョン)が交通事故に遭い、無反応状態だと言われたそう。

脳内出血があり、脳の「びまん性軸索損傷」により昏睡に陥ってしまったジョンさん。顔や手足にも傷や打ち身があり、内臓にも損傷が。ジョンさんの脳は頭蓋骨内で激しい鞭打ち症になったような状態で、頭蓋内の出血のためにダメージが大きく、事故直後には生存もあやぶまれ、回復は絶望視されていたのだとか。「もうショックがすごすぎて、『明日になったら彼は起きて、また歩けるようになるわ』なんて考えていました」。

さすがに翌日に起きることはできなかったものの、降参もしなかったジョンさん。17日後には、まだ意識がない状態の中、ローラさんの手を握り返す瞬間が。「わたしの話が聞こえているんだとわかったの」。それでも医師によると、脳の損傷が激しいため、また歩いたり話したりできるようになるかは保証できないと言われたそう。

4月初めには、昏睡状態は続いていたものの、容態が安定。ジョンさんは退院し、意識を取り戻すための90日間のリハビリプログラムに移ることに。

ハッピーイースター! みんな、応援してくれてありがとう。リハビリ施設に移って1週間、ゆっくりだけど毎日進歩しています。

ローラさんは自宅とピラティス・スタジオのあるノースカロライナ州を離れ、ヴァージニア州リッチモンドにあるジョンさんのリハビリ・センター近くのホテルに移ることを決意。

誰かを愛するのは、相手の顔や服装や立派な車のためではない。その人があなただけに聞こえる歌を歌ってくれるからだ。by オスカー・ワイルド

ADの後に記事が続きます

そして事故から2カ月経った5月16日、とうとう完全に昏睡から脱したジョンさん。その後日々、たゆまず前進してはいるけれど、どこまで回復できるかは、まだわからないそう。今は器具の助けなしに自力で呼吸でき、チューブによる栄養補給ではなく、ピューレ状の食事なら食べられる――これは大きな進歩であり、2人にとって大きな意味を持つこと。というのも、ジョンさんの生前遺言に、こうしたことができない状態になったら延命しないでほしいと書いてあったから。

けれどもまだ生活を人に頼らなければならず、着替えや歯磨きなども一から学びなおさねばならないジョンさん。ローラさんは、リハビリ施設で9~10時間いっしょに過ごしているものの、ジョンさんは脳損傷が原因で怒りの感情が出やすくなり、意識せずに彼女に攻撃的な態度をとってしまうこともあるそう。

「まだわたしのことを愛しているのか、疑うのは感情的にきついことです」というローラさん。一番大きな問題は、ジョンさんの言語がまだ十分に戻らないこと。

「話し合うことができないんです。時々、1日が終わって病院から帰りながら、(昔の)彼に会いたい!と思うことがあります」

114日目。ジョンはコミュニケーションをとろうと日々がんばってます。

世界に拡散したキスのビデオが撮られた夜は、少し昔のジョンさんが戻ったのを感じたそう。理学療法のセッションに立ちあっていると、療法士がジョンさんを車椅子から立たせるのに手を貸すよう、ローラさんを誘ってくれたのだとか。

この投稿への反響に驚いているというローラさん。

「多くの(似たような立場にいる)人たちが、このビデオでどんなに希望が持てたかとコメントをくれました」

しかし、現実的な問題も。この体調では今までの仕事を続けることは難しく、ジョンさんの除隊の手続きはすでに少しずつ始まっているそう。

一方で、ジョンさんの世話にかかりきりのローラさんも、ピラティス教室の仕事はできない状況。ジョンさんの家族は、退役軍人への給付金を上回るであろう、将来必要となるお金をまかなうため、募金ページ<GoFundMe>を立ち上げることに。目標額は10万ドル(約1,100万円)だったものの、募金は目標を大きく上回る14万7,000ドル(約1600万円/9月1日現在)に到達。

経済的なことの他にも将来の不安は多く、たとえば、2人が望んでいた子供を持つことができるかどうかという問題も。

「ジョンがどのくらい回復するか、わたしのケアが1日中必要かどうかによると思いますが…子供と両立できるかわからないから、諦めなければならないかも」

次のステップは、家に近い、長期回復リハビリ施設に移ること。現在は、保険会社からの承認待ちとのこと。その日を目標に、家族やジョンさんの友人、ピラティス仲間からのサポートや励ましに感謝しつつ、ローラさんは毎日できることを少しずつしながら過ごしているそうです。

「一番つらいのは現実的な問題。昔の彼と昔の生活を失ったのはとても悲しい。でも、これからの人生も以前と同じくらい美しい、と気づいたんです」と気丈に語るローラさん。ジョンさんの回復と2人の幸せを祈らずにはいられません。

世界中から届く愛のこもった言葉に感動しています。みなさん1人1人に、ありがとう。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Noriko Sasaki(Office Miyazaki Inc.)

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
恋活英会話
恋愛
シェア
英語が話せなくても!外国人男性と親しくなれる英会話
必要なのは、英語力より…?
恋愛
シェア
現在帰国中!祐真キキのホリデーの過ごし方
ハリウッドはすでにホリデーシーズン中という祐真キキさん、今年は日本でどう過ごすの?
時間を巻き戻せる特殊能力を持つ内気な主人公が、好きになった女の子へのアプローチが成功するまで時間を戻して何度もチャレンジ。その不器用な一生懸命さにドキキュン。愛する人と大事な家族と時間を共にすることの大切さを教えてくれる温かい作品。予告編はこちらから
恋愛
シェア
甦れ、恋心!女子の甘酸っぱすぎる「ドキドキ」エピソード
恋愛をお休みしてるあなた…こんな恋、またしたくない?
恋愛
シェア
国際恋愛♡外国人男性との「デートで使える」英会話術
成功させる秘訣は「遠慮しすぎず、明るいムード作り」♡
コスモポリタンUS版男性コラムニストの悩み相談「私の「過去」にこだわる彼」
恋愛
シェア
私の「過去」にこだわる彼。この状況を打破するには?
気に入らない過去も受け入れて欲しい…
男子11人が明かす、彼女を「もっと好きになった瞬間」
恋愛
シェア
男子11人が明かす、彼女を「もっと好きになった瞬間」
彼の胸キュンポイントが分かるかも!?
ワインを片手に椅子にまたがるセクシーな白人女性
恋愛
シェア
ドキドキ♡外国人男性とのデートで使える「お色気フレーズ」
あなたはお泊まり派?純粋デート派?それともキスだけ許す…?
夫は今も私に恋してる?チェックしたい9つのサイン
恋愛
シェア
あなたの夫が「今もあなたに恋をしている」9つのサイン
パートナーの気持ちを知るためのチェックポイントを、専門家が解説
恋活英会話 復縁 失恋
恋愛
シェア
やっぱり好き!外国人の彼と「復縁したい」時に使える英会話
「もう一度やり直したい!」気持ちを英語でどう表現するの?
恋愛
シェア
外国人の彼と♡遠距離恋愛で使える「英語メッセージ」術
連絡に必要不可欠な「LINE」など、メッセージをうまくやりとりするには?