【悶々45】キレイになりたいのは、男の気を引きたいからじゃない。

そういう気持ちを完全否定はしませんが、基本的には自分のため。

人気の記事

自分からは何もせずに、夢見ていたことが次々と実現したシンデレラは…

ガラスの靴とかカボチャの馬車とか、着てたボロ服が魔法によって一瞬にしてゴージャスドレスに!みたいなキラキラ満載の『シンデレラ』は、ディズニーのスイートな映像化も手伝って、「女子の幸せな上がり方」の象徴として長らく多くの女子たちの憧れの存在だったと思います。もちろん今もそうであることに変わりはありません。

ADの後に記事が続きます

だって、お手入れにもメイクにもドレスにも金をかけることなく魔法で美しくなり、王国を支配する大金持ちでイケメンの王子様のところまで送り届けてもらい、相手が自分に一目ぼれしてくれた上に、行方不明の自分を国中を血眼になって探し出してくれて、小汚い彼女に「舞踏会の夜はキレイに見えたけど…」なんて言わずにすんなりプロポーズしてくれるとか、これほど楽ちんなことはありません。全女子がウェルカムなシチュエーションだと思います。いや、ちょっとストーカーっぽいか。怖いか。

こうした『シンデレラ』を含む多くの童話の、本当の本当の元祖と言われているのが17世紀のイタリアで生まれた「五日物語」。枠組みとなる大きなお話と、その登場人物が語る50の物語を合わせた51話からなるのですが、このなかの3つのお話を映像化した作品が映画『五日物語―3つの王国と3人の女―』です。主人公3人はそれぞれ「子供が欲しい王妃」と「結婚に憧れる王女」と「若さを欲する老婆」なのですが、驚かされるのはそれを手に入れんとする彼女たちの執念の、恐ろしいまでの一直線ぶりです。

今よりもずっと「不思議」に支配されていた時代、欲望をかなえるためのスタンダードな手段といえば――前回も書きましたが、今の時代も女子が愛してやまない「おまじない」です。これがまさに「効果絶大なので軽い気持ちでやらないように!」な感じである上に、お願いする側が背負わなければならない代価もハンパなく、例えば「子供が欲しかったら、モンスターの心臓を…」みたいな、ちょっとそれマジですか的な展開になるわけで、物語はなかなかに壮絶です。

実はワイドショーネタみたいな、"継母を××した女"だった

童話にはそもそも残酷な話が多いというのはここ1020年くらいの定説で、この『五日物語』はまさにその典型だと思うのですが、その中に冒頭で書いた「女子の幸せな上がり方」の象徴ともいえる『シンデレラ』の原型があるというのはすごく興味深い事実です。

それがもともとはどんな話だったか知りたくなった私が調べたところ、いわゆるシンデレラをいじめる継母は2番目の継母で、物語は彼女がその後々妻となった女と共謀して自分と不仲だった最初の継母を殺害するところから始まるとか。さらに言えば、そんなことをした彼女が、結末は世の中に知られる通り、幸せになってしまいます。

"継母殺しの女"って・・・ワイドショーネタか。あまりの事態に、私は思わず突っ込みを入れました。それはなんというか、幼いころから大切にしまっておいたキラキラな宝石箱を20年ぶりに開けてみたら呪いの言葉と一緒にトカゲの黒焼きが入っていたとか、うわーきれいな海!と思って飛び込んだら水底は真っ黒いナマコだらけだったとか、そんな衝撃です。

これを後世の作家たちが「殺人者が王妃になり幸せに暮らしましたとさ、ってのは道徳的によろしくないんでないの?」と考え、微妙に変えていったのは当然と言えば当然かもしれませんが、引き換えにシンデレラはメチャメチャ受動的なキャラクターになってしまったワケで、もちろん人殺しはいけませんが、何やらちょっと残念な気持ちがしなくもありません。

いずれにしろ「何かを欲せば(もしそれが失敗に終わるとしても)、その代価を支払ってもかまわない」というエネルギーが、この作品の女子たちにはあふれています。彼女たちの望みが「子供」「結婚」「若さ」という点を「400年変わってない」と考える男性もいるかもしれませんが、その先にあってもおかしくない真の目的「男の気を引くため」がないことも特筆しておきます。彼女たちの欲望は純粋に自分が満足したいから。まあそれも男がそう思い込んでいるだけで、400年変わってないかもしれませんが。

♥【女子の悶々】記事一覧はこちらでチェック

(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L. – LE PACTE SAS

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
映画
シェア
SNSで私生活をさらけ出す!?エマ・ワトソンの新作映画
トム・ハンクスと共演する話題のサスペンス。日本公開が11月に決定!
映画
シェア
「女子には無理」は、単なる「思い込まされ」
管理職とか経営者とかすし職人とか映画監督とか。女は編集長にはしない、という出版社もいまだにあるようです、はい。
映画
シェア
押さえておくべき!新旧の名作ミュージカル映画7選
鳥肌モノの歌とダンスを味わって!
映画
シェア
ファッションにも注目!暑さを吹き飛ばすホラー映画7選
スタイルの参考にもなる、オシャレな名作ホラー映画をご紹介!
お休みのときにじっくり見たい「歴史大作映画」7
映画
シェア
見るだけで世界史の勉強!偉人を描いた「歴史映画」7作品
教科書よりも分かりやすい!
勉強を兼ねてぜひみたい「世界名作文学の映画化作品」
映画
シェア
勉強を兼ねてぜひみたい「世界名作文学の映画化作品」
読むのは大変、でも映画でなら…!
ハリウッドのセックスシーンの10の真実/バスローブを着る女性を眺める男性
映画
シェア
関係者に直撃!ハリウッド「セックスシーン」10の真実
どんなにロマンティックに見えても…
映画
シェア
トランプ率いるホワイトハウス、映画化するならキャストは!?
忠実にキャスティングされたハリウッド版トランプ政権に注目!
映画
シェア
COVER GIRLラブリに聞いた、エンタメとは?
「絵を描くことも、言葉を書くことも全部、自分にとって楽しいことはすべてエンタメなんです。」
COSMO的「8月に観るべき映画」5選
映画
シェア
ついに公開!『ワンダーウーマン』など、8月オススメ映画5選
美しすぎるヒロインに夢中!話題の『ワンダーウーマン』など、夏に観るべきはこれ!