【招待券プレゼント】マリー・アントワネットに迫る♡

​ 六本木にいながらヴェルサイユ宮殿にいるみたい!?

人気の記事

ファッションアイコンであったり、映画の主人公になったりと、今なお女性の憧れであり続ける"マリー・アントワネット"。いわゆるお姫様なイメージが強いけれど、本当の彼女ってどんな人だったの…? そこでおすすめの展覧会が、20161025日(火)〜2017226日(日)までの期間、森アーツセンターギャラリーで開催される「ヴェルサイユ宮殿≪監修≫ マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実」。

ADの後に記事が続きます

なんと彼女が暮らしたヴェルサイユ宮殿の企画・監修という展覧会なだけに期待も高まる…。オーストリアに生まれ、たった14歳の若さでフランスに嫁ぎ、37歳の若さで断頭台の露と消えて行った儚いフランス王妃、マリー・アントワネット。肖像画をはじめ、愛用した食器や漆器、家具、衣服、また革命期の資料にいたるまで、約200点もの展示よって、彼女の生涯を追うことができるなんて、とっても貴重な機会。

さらに、この展覧会ならではの贅沢なポイントが、ヴェルサイユ宮殿内にある王妃のプライベート空間「プチ・アパルトマン」の浴室、図書室、居室を当時の装飾や実際に使われた家具などとともに原寸大で再現していること! すでに消失してしまった図書室は、設計図をもとに最新デジタル技術で再現しているという力の入れよう。これは、マリー・アントワネットファンだけでなく、歴史、美術好きもチェックして損はないはず。

今まで見えてこなかった彼女の歴史を、六本木でぜひ堪能してみて。意外な一面を知ることができるかも!?

ヴェルサイユ宮殿≪監修≫ マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実

会場/森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52F

開催期間/20161025日(火)〜2017226日(日)

休館日/会期中無休

開館時間/10:0020:00(ただし、火および1027日は17:00まで) ※入館は閉館の30分前まで

観覧料/一般1800円、高校・大学生1200円、小・中学生600

【招待券プレゼント】

こちらの展覧会の招待券を、5組10名様にプレゼント!

応募フォームはこちら

ご応募お待ちしています!

■応募締め切り

2016年9月19日(金)

※ご応募いただいた個人情報は、プレゼント発送以外の目的には使用いたしません

※当選者の発表は、プレゼントの発送をもって、代えさせていただきます

More from Cosmopolitan Japan:
楽しそう♡「ぽっちゃり女子専用の旅アカウント」に注目
トレンドニュース
シェア
「ぽっちゃり女子専用の旅アカウント」が伝えたい想い
「太い=美しくないということではありません」
トレンドニュース
シェア
豪華さにうっとり♡世界のクリスマスツリー12選
世界のラグジュアリーホテルで飾られるツリーのゴージャスさは必見!
誰もが心躍る年に1度の大イベント"クリスマス"の訪れとともに、東京ミッドタウンのコートヤードでは、煌めきに満ちた「モエ クリスマス マルシェ 2017」が開催中! キラキラと輝くゴージャスなメリーゴーランドに、シャンパンとのマリアージュを堪能できるフード、特設ラウンジやスペシャルショップが並ぶなど、そこはまるで夢のような空間♡ そんな煌めく会場を、「ミニ モエ」片手に、ほろ酔い気分で楽しんだコスモガールたちの夜に密着しました!
トレンドニュース
シェア
聖なる夜のデートに♡都心のItスポットに人気モデルが集結
コスモガールが迷い込んだのは、シャンパンゴールドに輝く"モエ クリスマス マルシェ"♡
日常に潜むセクハラにNO!女性たちによるSNSプロジェクト
トレンドニュース
シェア
力強い!セクハラ被害を告白する女性たちのプロジェクト
セクハラの実態を知って欲しいという願いを込めた、あるフォトジャーナリストの取り組みに注目!
パリのディズニーランド、男の子のプリンセス体験を拒否!?
トレンドニュース
シェア
なぜ!?パリのディズニーランドが3歳の男の子に謝罪した理由
「男の子だってプリンセスになりたい!」
トレンドニュース
シェア
【12月のテーマ】「欲」に素直な人こそ、人生楽しい
自分の「欲」を無視しないで。
ネットで話題!ハリー・ポッター&ゼイン・マリク似のイケメン
トレンドニュース
シェア
ハリポタ×ゼイン!?ネットで話題のイケメンに注目
2人のいいとこどり♡
トレンドニュース
シェア
ロマンチック♡彼と行きたい都会の「クリスマス マルシェ」
実際に乗れちゃうメリーゴーラウンドも出現! ホリデーデートはここで決まり♡
娘のピンクの髪に秘められた「母の思いと子育て観」
トレンドニュース
シェア
娘のピンクの髪に秘められた「母の思いと子育て観」
「NO(ダメ)」と言うには、人生は短すぎる
なぜ?女性にとって「赤」が勝負カラーである理由
トレンドニュース
シェア
専門家が解説!勝負の時こそ「赤」を着るべき理由
ここぞという時は、どんどん赤を着ていこう♡