「幸せな人」はメダルの総数を評価する…?

五輪のメダルをどう評価するかで、その人の幸福度が分かる?!

人気の記事

Mamiの気になりニュース番外編】

「バイリンガルニュース」のMCを務めるMamiが、ちょっと気になるニュースをピックアップ。ライターyokoが深掘りした記事をお届けします!

821日に閉会式を終えたリオ五輪で日本は41個のメダルを獲得し、日本のメダル獲得数としては史上最多という好記録を残しました。安部総理のマリオパフォーマンスは海外メディアでもポジティブな反応が多かったようで、今から東京オリンピックが楽しみですね。

ADの後に記事が続きます

五輪のメダルをどのように評価するかで、その人の幸福度を測れる、というユニークな研究結果が『Journal of Experimental Social Psychology』という学会誌で発表されました。

実験の1つは韓国の大学生106人を対象に行われ、まずは基本的なアンケートでいくつかの質問に答えてもらい生徒たちの幸福度を測り、その後でメダルに関わる質問をしました。

五輪の結果はメダルの総数で評価しますか、それとも金メダルの総数で評価しますか?という質問に対して、より幸福な学生は『メダルの総数』と答え幸福度の低い学生は『金メダルの総数』と答えたそう。

別の実験ではオンラインで集められたアメリカ人230人に、まずは幸福度を測るアンケートに答えてもらい、それからオリンピックに関する3つの質問をした。

①銀メダル何個で金メダル1個と同等の価値があると思いますか?

②銅メダル何個で金メダル1個と同等の価値があると思いますか?

③銅メダル何個で銀メダル1個と同等の価値があると思いますか?

結果は、韓国人学生の実験と同様にハッピーな人ほど、銀・銅メダルを金メダルと同じくらい高く評価しました。幸せな人は平均して銀メダル2.68個で金メダルと同じくらいの価値がある、と答えた一方で不幸せな人は銀メダル4.14個で金メダルと同じくらいの価値がある、と答えたよう。

日頃から小さな幸せを見つけて喜ぶ人は、自分は幸せだと感じている傾向にあり、素晴らしい大きな出来事がないと喜べない人は、自分はあまり幸せではないと感じている傾向にある、とよく言われますが、この実験でそれが裏付けられたようです。

今回のリオ五輪で日本は金メダルを12個獲得し金メダルの獲得数では世界6位、メダルの総数では41個で世界7位。ハッピーな人(金メダルを重視するタイプ)にとっても、そうでない人(メダルの総数を重視するタイプ)にとっても、良い結果だったと言えそうですね。

More from Cosmopolitan Japan:
世界中の少女がビヨンセの『フリーダム』
社会
シェア
かっこいい!世界中の少女が歌い踊るビヨンセの『フリーダム』
10月11日「国際ガールズ・デー」にアップされたのは、世界の女の子が直面する問題にフォーカスした動画。
政治家 ラスベガス乱射事件の被害者へメッセージ
社会
シェア
トランプ大統領、オバマ氏などが、ラスベガスの被害者を追悼
ヒラリー・クリントン氏は、銃規制についてもコメント。
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!
あるレイプ被害者の人生を救った、感動の「音楽フェス」
社会
シェア
音楽フェスに秘められた、あるレイプ被害者の再起のドラマ
レイプ被害者の女性がグラストンベリーのスタッフに助けられ、人間不信を克服するまでの道のり。
バレエに人生をささげる、シリア人バレエダンサー
社会
シェア
シリアの難民キャンプから、オランダ国立バレエ団へ
内戦、イスラム国(IS)の侵略の中で育ち…「バレエ」を通して戦うダンサーにインタビュー。
見る人の心を打つ...アルビノの人々をとらえた写真が美しい
社会
シェア
見る人の心を打つ…アルビノの人々をとらえた美しい写真
画像の編集はしていないそう。
【私の生き方】性犯罪から子どもを守る!
社会
シェア
5歳でレイプ被害に…。性犯罪の法律を変える!
PTAとPTSDを経て…。フランスで性犯罪の法律を改正するために闘う女性の道のり