コンドームの正しい使い方を教えなければ、妊娠率が増加?

知ってるつもりになりがちな世代への性教育の大切さ。

高校生に避妊具大量のコンドームなどを無料で与えれば、通常、10代の妊娠率は下がるはず。ところが、新たな研究によれば、たとえ無料の避妊具を与えても、正しい使い方を教えないと10代の出産率はらないんだそうそんな記事をコスモポリタンアメリカ版から紹介します。

ノートルダム大学の研究者、ケイシー・バックルスとダニエル・ハンガーマン90年代に調査したデータを使用し、新たな分析を試みたそう2人は、コンドームが無料で配布された学校と、コンドームの使い方を強制的に学ばせた上で無料配布した学校を区別した。

ADの後に記事が続きます

使い方を強制的に学ばせた学校では、10代の出産率が変化しなかった、または「おそらく減少」した、と研究著者らは述べている。ところが、一方的にコンドームを与えただけの学校では10代の出産率が10%増加したという。

これはコンドームについての単純な情報や使用法が重要であることを意味し、10代に限らず、まず正しい使い方をきちんと教えなければ、必ずしも正しく使われるわけではないことを意味している。

一般的な男性用のコンドームをきちんと使えば、避妊効果は98%のぼ、この数字はきちんと使用した場合のピルの避妊効果に匹敵する。ところが、説明のないコンドームの使用では、効果は82%と大幅に減少する。この数字は高いと思われるかもしれないが、コンドームを使用した100人の内、18人が正しい使い方コンドームの先端の精液溜まりを押さえる、穴が開いていないかチェックするなど知らなかったばかりに妊娠したことを考えると、深刻だといえる

これは、10が「わかっているつもり」にならないよう、彼らに対しては包括的な性教育避妊についてもが必要である、という性教育の重要性が示される結果になったこと。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
社会
シェア
歌手エド・シーラン、アフリカに暮らす子供たちを救う
「問題は支援にいくらかかるかじゃない」と彼らを助ける決意をしたエド!
社会
シェア
ロンドン襲撃テロ事件に多くの著名人がコメント
3月22日、ロンドンの中心部ウェストミンスター橋で発生したテロ事件を受け、セレブたちが哀悼の意を表した。
英国ロイヤルファミリーの1日を、ちょっと覗き見!
社会
シェア
英国ロイヤルファミリーの1日を、ちょっと覗き見!
みなさん、毎日公務に大忙し!
LGBTの象徴レインボーの旗を笑顔で広げる女性
社会
シェア
アメリカ初!インターセックスの出生証明書が発行された!?
誰もが安心して暮らせる社会が近づきつつある!?
社会
シェア
セクハラの過去が背景に…プレゼンターの女優が拍手を拒む
セクシャル・ハラスメントで訴えられた過去がある俳優ケイシー・アフレック。
磨け、スルー力!相手にしなくていい男の戯言8
社会
シェア
スルーが一番!気にするのをやめるべき男の戯言8
もう、こういう男は相手にしないぞ!
出産の歴史100年
社会
シェア
こんなに変わった!アメリカの「出産の歴史」100年
医療技術の進歩に感謝
性暴行被害女性が、犯人に「公開レター」を書いた理由
社会
シェア
性暴行被害女性が、犯人に「公開レター」を書いた理由
「レイプ被害者に対する偏見をなくしたい」
専門家が教える、大人社会の「いじめ」対処法8
社会
シェア
専門家が伝授!大人社会の「いじめ」に対処する8つの方法
大人のいじめには大人の対応で
人気ティーンモデルが、ファッション界にモノ申す!?
社会
シェア
人気プラスサイズモデルが、ファッション界の裏側を暴露!
世間が設ける基準に振り回されないことが大切!