コンドームの正しい使い方を教えなければ、妊娠率が増加?

知ってるつもりになりがちな世代への性教育の大切さ。

高校生に避妊具大量のコンドームなどを無料で与えれば、通常、10代の妊娠率は下がるはず。ところが、新たな研究によれば、たとえ無料の避妊具を与えても、正しい使い方を教えないと10代の出産率はらないんだそうそんな記事をコスモポリタンアメリカ版から紹介します。

ノートルダム大学の研究者、ケイシー・バックルスとダニエル・ハンガーマン90年代に調査したデータを使用し、新たな分析を試みたそう2人は、コンドームが無料で配布された学校と、コンドームの使い方を強制的に学ばせた上で無料配布した学校を区別した。

ADの後に記事が続きます

使い方を強制的に学ばせた学校では、10代の出産率が変化しなかった、または「おそらく減少」した、と研究著者らは述べている。ところが、一方的にコンドームを与えただけの学校では10代の出産率が10%増加したという。

これはコンドームについての単純な情報や使用法が重要であることを意味し、10代に限らず、まず正しい使い方をきちんと教えなければ、必ずしも正しく使われるわけではないことを意味している。

一般的な男性用のコンドームをきちんと使えば、避妊効果は98%のぼ、この数字はきちんと使用した場合のピルの避妊効果に匹敵する。ところが、説明のないコンドームの使用では、効果は82%と大幅に減少する。この数字は高いと思われるかもしれないが、コンドームを使用した100人の内、18人が正しい使い方コンドームの先端の精液溜まりを押さえる、穴が開いていないかチェックするなど知らなかったばかりに妊娠したことを考えると、深刻だといえる

これは、10が「わかっているつもり」にならないよう、彼らに対しては包括的な性教育避妊についてもが必要である、という性教育の重要性が示される結果になったこと。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
性暴行被害女性が、犯人に「公開レター」を書いた理由
社会
シェア
性暴行被害女性が、犯人に「公開レター」を書いた理由
「レイプ被害者に対する偏見をなくしたい」
専門家が教える、大人社会の「いじめ」対処法8
社会
シェア
専門家が伝授!大人社会の「いじめ」に対処する8つの方法
大人のいじめには大人の対応で
酷い…「ネットいじめ」は被害者が死んでも終わらない?
社会
シェア
被害者が死んでも続く…壮絶な「ネットいじめ」のリアル
世界にはびこる「サイバーブリー」の現実とは?
銃犯罪が頻発するアメリカの学校、教室、机落書き
社会
シェア
鳥肌…爽やかな恋物語に隠された、社会への警告とは?
衝撃のラストが…。
無いなら作る!黒人女性が娘のために人形を発売
社会
シェア
娘に似た人形を!黒人女性が子供のために人形を発売
「自分を愛する人間」になれるように…母が込めた願い
社会
シェア
女性たちが凛々しい!「#DressLikeAWoman」が話題
トランプ大統領の発言に対し作られた「#DressLikeAWoman(女性らしい服装)」。現代の女性が表現すると…?
人気モデルが告白!黒人モデルから見た「業界のリアル」
社会
シェア
苦悩を告白!黒人モデルが直面した「業界のリアル」
そして彼女が気づいた、「本当に大切なこと」とは?
アシュトン・カッチャー
社会
シェア
妻を思い…アシュトン・カッチャーが「入国禁止令」に激怒
「僕の妻は、難民ビザでこの国に来たんだ」
史上最大!世界の「ウーマンズ・マーチ」フォトギャラリー
社会
シェア
パワフル!世界中の「ウーマンズ・マーチ」40の瞬間
女性の権利や男女平等を訴え、世界各地で行われた歴史的大行進の写真。
社会
シェア
ウーマンズ・マーチ集会で、マドンナ「愛を選んで」と訴える
スカーレット・ヨハンソン、エマ・ワトソンら、豪華セレブも参加!