コンドームの正しい使い方を教えなければ、妊娠率が増加?

知ってるつもりになりがちな世代への性教育の大切さ。

高校生に避妊具大量のコンドームなどを無料で与えれば、通常、10代の妊娠率は下がるはず。ところが、新たな研究によれば、たとえ無料の避妊具を与えても、正しい使い方を教えないと10代の出産率はらないんだそうそんな記事をコスモポリタンアメリカ版から紹介します。

ノートルダム大学の研究者、ケイシー・バックルスとダニエル・ハンガーマン90年代に調査したデータを使用し、新たな分析を試みたそう2人は、コンドームが無料で配布された学校と、コンドームの使い方を強制的に学ばせた上で無料配布した学校を区別した。

ADの後に記事が続きます

使い方を強制的に学ばせた学校では、10代の出産率が変化しなかった、または「おそらく減少」した、と研究著者らは述べている。ところが、一方的にコンドームを与えただけの学校では10代の出産率が10%増加したという。

これはコンドームについての単純な情報や使用法が重要であることを意味し、10代に限らず、まず正しい使い方をきちんと教えなければ、必ずしも正しく使われるわけではないことを意味している。

一般的な男性用のコンドームをきちんと使えば、避妊効果は98%のぼ、この数字はきちんと使用した場合のピルの避妊効果に匹敵する。ところが、説明のないコンドームの使用では、効果は82%と大幅に減少する。この数字は高いと思われるかもしれないが、コンドームを使用した100人の内、18人が正しい使い方コンドームの先端の精液溜まりを押さえる、穴が開いていないかチェックするなど知らなかったばかりに妊娠したことを考えると、深刻だといえる

これは、10が「わかっているつもり」にならないよう、彼らに対しては包括的な性教育避妊についてもが必要である、という性教育の重要性が示される結果になったこと。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
ジャクリーン・ケネディトップ画像
社会
シェア
ジャクリーン・ケネディの知られざる17の真実
その激動の人生とファッションを振り返り!
社会
シェア
いじめを見た時、止められる…?米の動画が話題に
10月が「いじめ防止月間」となるアメリカで、バーガーキングが動画を公開。
社会
シェア
美しい!「多様性」を、使い古された人形のリメイクで表現
「いろいろな肌があるのに、世に出ている人形には再現されていないの」
13日の金曜日
社会
シェア
海外で、「13日の金曜日」が不吉と言われる理由は…?
映画のせいじゃないの?
世界中の少女がビヨンセの『フリーダム』
社会
シェア
かっこいい!世界中の少女が歌い踊るビヨンセの『フリーダム』
10月11日「国際ガールズ・デー」にアップされたのは、世界の女の子が直面する問題にフォーカスした動画。
政治家 ラスベガス乱射事件の被害者へメッセージ
社会
シェア
トランプ大統領、オバマ氏などが、ラスベガスの被害者を追悼
ヒラリー・クリントン氏は、銃規制についてもコメント。
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!