コンドームの正しい使い方を教えなければ、妊娠率が増加?

知ってるつもりになりがちな世代への性教育の大切さ。

高校生に避妊具大量のコンドームなどを無料で与えれば、通常、10代の妊娠率は下がるはず。ところが、新たな研究によれば、たとえ無料の避妊具を与えても、正しい使い方を教えないと10代の出産率はらないんだそうそんな記事をコスモポリタンアメリカ版から紹介します。

ノートルダム大学の研究者、ケイシー・バックルスとダニエル・ハンガーマン90年代に調査したデータを使用し、新たな分析を試みたそう2人は、コンドームが無料で配布された学校と、コンドームの使い方を強制的に学ばせた上で無料配布した学校を区別した。

ADの後に記事が続きます

使い方を強制的に学ばせた学校では、10代の出産率が変化しなかった、または「おそらく減少」した、と研究著者らは述べている。ところが、一方的にコンドームを与えただけの学校では10代の出産率が10%増加したという。

これはコンドームについての単純な情報や使用法が重要であることを意味し、10代に限らず、まず正しい使い方をきちんと教えなければ、必ずしも正しく使われるわけではないことを意味している。

一般的な男性用のコンドームをきちんと使えば、避妊効果は98%のぼ、この数字はきちんと使用した場合のピルの避妊効果に匹敵する。ところが、説明のないコンドームの使用では、効果は82%と大幅に減少する。この数字は高いと思われるかもしれないが、コンドームを使用した100人の内、18人が正しい使い方コンドームの先端の精液溜まりを押さえる、穴が開いていないかチェックするなど知らなかったばかりに妊娠したことを考えると、深刻だといえる

これは、10が「わかっているつもり」にならないよう、彼らに対しては包括的な性教育避妊についてもが必要である、という性教育の重要性が示される結果になったこと。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ランニング記録が示す、レイプ犯との壮絶バトル
社会
シェア
ランニング記録が物語る、レイプ犯との壮絶バトル
他人事じゃない…ランニング途中に立ち寄ったトイレで女性に起こった事件。
女性姿のシンボルが記された信号機
社会
シェア
信号機に「女性」を導入!メルボルンの風景が変わる!?
賛否両論あるようだけど、新しい取り組み!
レイプを根本から無くすには?「レイプ予防5箇条」が話題
社会
シェア
レイプ撲滅に必要なのは?意識改革を呼びかける「5箇条」
悪いのはレイプ犯なのに、被害者を責めがちな風潮に喝!
危険かもしれない公共の場所での携帯充電
社会
シェア
怖い…公共の場所で、スマホの充電は危険!?
こっそりデータが盗まれていることも!?
子供を救った男性2人が、イケメンすぎて話題に♡
社会
シェア
心までハンサム!子供を救った2人のイケメンが素敵♡
ドラマみたい!
海外で今年ブレイクしそうな「赤ちゃんの名前」ランキング
社会
シェア
海外版!今年人気が出そうな「赤ちゃんの名前」ランキング
海外では今、どんな名前がトレンド?
ヒールじゃないと勤務不可!?英で話題を呼んだ「服装問題」
社会
シェア
イギリス発:ヒール着用を拒否した女性に「帰宅命令」!?
"女性らしい服装"って何?
社会
シェア
曖昧な境界線を映像に…米俳優がセクハラ撲滅を呼びかけ
『フレンズ』のデヴィッド・シュワイマーが製作した「#ThatsHarassment(それ、ハラスメントです)」
お見事!少女を人身売買から救ったCAがカッコいい
社会
シェア
お見事!少女を「人身売買」から救ったCA
ベテランCAの機転が少女を救った!
社会
シェア
歌手エド・シーラン、アフリカに暮らす子供たちを救う
「問題は支援にいくらかかるかじゃない」と彼らを助ける決意をしたエド!