母親の5人に1人が赤ちゃんの名前に後悔!?

しかも産まれてすぐに後悔するケースが多いのだとか…。

Mamiの気になりニュース番外編】

「バイリンガルニュース」のMCを務めるMamiが、ちょっと気になるニュースをピックアップ。ライターyokoが深掘りした記事をお届けします!

5人に1人の母親が自分の赤ちゃんの名前を後悔していることがイギリスの<Mumsnet(マムズネット)>という子育て支援サイトのアンケートから判明しました。理由としては、一番多かった25%が回答した「普通過ぎて他の子とかぶる」、次いで20%が回答した「最初からしっくりきていなかった」、同じく20%が回答した「周りのプレッシャーでこの名前にしてしまった」でした。他には「発音または綴りが難しすぎた」「変なあだ名が付きやすい」「有名人とかぶってしまった」「元々気に入ってなかった」などの回答があったよう。

ADの後に記事が続きます

お母さんたちが名前について後悔するタイミングは意外と早く、36%が「最初の6週間以内に後悔した」と回答。次いで23%が「子供が学校に通い始めて気付いた」と回答したのだとか。

「親にとって最初の仕事の1つが赤ちゃんの名前を考えること、であるが故に間違えてしまうのは、よくあること。考えすぎたり、調べすぎたり、周りの人たちが満足する名前にしようとしたりして、最終的に間違えた選択をしてしまう」と、<Mumsnet>創設者のジャスティン・ロバーツさんはコメントしました。

日本でキラキラネームが流行る理由は、もしかしたら「普通過ぎて他の子とかぶる」ことを避けたい、独自性を求めているからなのかもしれませんね。スマホアプリ「赤ちゃん名づけ」を運営するリクルーティングサービスの調査によると、2016年度上半期のキラキラネームトップ3は「碧空」「星凛」「奏夢」なのだそう。読めない人も多そうですが…、それは日本のお母さんたちの懸念点にはなっていない様子。

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
【私の生き方】性犯罪から子どもを守る!
社会
シェア
5歳でレイプ被害に…。性犯罪の法律を変える!
PTAとPTSDを経て…。フランスで性犯罪の法律を改正するために闘う女性の道のり
フロリダの公共トイレで見つかったフック型隠しカメラにご用心
社会
シェア
こんな商品があるなんて…!?フック型隠しカメラにご用心
日本に入ってきていませんように…
アメリカ人女子が告白!男たちの「野次」に対する11の本音
社会
シェア
かなり深刻…男からの「野次」に対する女性たちの告白
街中で受けるセクハラ的野次、「キャットコール」に怯える女性たち…
「スマホの持ち方」で、ハッカーは個人情報を解読できる!?
社会
シェア
怖い…スマホの持ち方でパスワードがバレてるかも!?
個人情報を守るために、注意すべきことって?
harassment
社会
シェア
セクハラにNO!クリエイターたちが動画製作に賭けた思い
『フレンズ』のデヴィッド・シュワイマーとクリエイター仲間が、世のセクハラ問題に言及
ランニング記録が示す、レイプ犯との壮絶バトル
社会
シェア
ランニング記録が物語る、レイプ犯との壮絶バトル
他人事じゃない…ランニング途中に立ち寄ったトイレで女性に起こった事件。
女性姿のシンボルが記された信号機
社会
シェア
信号機に「女性」を導入!メルボルンの風景が変わる!?
賛否両論あるようだけど、新しい取り組み!
レイプを根本から無くすには?「レイプ予防5箇条」が話題
社会
シェア
レイプ撲滅に必要なのは?意識改革を呼びかける「5箇条」
悪いのはレイプ犯なのに、被害者を責めがちな風潮に喝!
危険かもしれない公共の場所での携帯充電
社会
シェア
怖い…公共の場所で、スマホの充電は危険!?
こっそりデータが盗まれていることも!?
子供を救った男性2人が、イケメンすぎて話題に♡
社会
シェア
心までハンサム!子供を救った2人のイケメンが素敵♡
ドラマみたい!