母親の5人に1人が赤ちゃんの名前に後悔!?

しかも産まれてすぐに後悔するケースが多いのだとか…。

Mamiの気になりニュース番外編】

「バイリンガルニュース」のMCを務めるMamiが、ちょっと気になるニュースをピックアップ。ライターyokoが深掘りした記事をお届けします!

5人に1人の母親が自分の赤ちゃんの名前を後悔していることがイギリスの<Mumsnet(マムズネット)>という子育て支援サイトのアンケートから判明しました。理由としては、一番多かった25%が回答した「普通過ぎて他の子とかぶる」、次いで20%が回答した「最初からしっくりきていなかった」、同じく20%が回答した「周りのプレッシャーでこの名前にしてしまった」でした。他には「発音または綴りが難しすぎた」「変なあだ名が付きやすい」「有名人とかぶってしまった」「元々気に入ってなかった」などの回答があったよう。

ADの後に記事が続きます

お母さんたちが名前について後悔するタイミングは意外と早く、36%が「最初の6週間以内に後悔した」と回答。次いで23%が「子供が学校に通い始めて気付いた」と回答したのだとか。

「親にとって最初の仕事の1つが赤ちゃんの名前を考えること、であるが故に間違えてしまうのは、よくあること。考えすぎたり、調べすぎたり、周りの人たちが満足する名前にしようとしたりして、最終的に間違えた選択をしてしまう」と、<Mumsnet>創設者のジャスティン・ロバーツさんはコメントしました。

日本でキラキラネームが流行る理由は、もしかしたら「普通過ぎて他の子とかぶる」ことを避けたい、独自性を求めているからなのかもしれませんね。スマホアプリ「赤ちゃん名づけ」を運営するリクルーティングサービスの調査によると、2016年度上半期のキラキラネームトップ3は「碧空」「星凛」「奏夢」なのだそう。読めない人も多そうですが…、それは日本のお母さんたちの懸念点にはなっていない様子。

More from Cosmopolitan Japan:
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!
あるレイプ被害者の人生を救った、感動の「音楽フェス」
社会
シェア
音楽フェスに秘められた、あるレイプ被害者の再起のドラマ
レイプ被害者の女性がグラストンベリーのスタッフに助けられ、人間不信を克服するまでの道のり。
バレエに人生をささげる、シリア人バレエダンサー
社会
シェア
シリアの難民キャンプから、オランダ国立バレエ団へ
内戦、イスラム国(IS)の侵略の中で育ち…「バレエ」を通して戦うダンサーにインタビュー。
見る人の心を打つ...アルビノの人々をとらえた写真が美しい
社会
シェア
見る人の心を打つ…アルビノの人々をとらえた美しい写真
画像の編集はしていないそう。
【私の生き方】性犯罪から子どもを守る!
社会
シェア
5歳でレイプ被害に…。性犯罪の法律を変える!
PTAとPTSDを経て…。フランスで性犯罪の法律を改正するために闘う女性の道のり
フロリダの公共トイレで見つかったフック型隠しカメラにご用心
社会
シェア
こんな商品があるなんて…!?フック型隠しカメラにご用心
日本に入ってきていませんように…
アメリカ人女子が告白!男たちの「野次」に対する11の本音
社会
シェア
かなり深刻…男からの「野次」に対する女性たちの告白
街中で受けるセクハラ的野次、「キャットコール」に怯える女性たち…
「スマホの持ち方」で、ハッカーは個人情報を解読できる!?
社会
シェア
怖い…スマホの持ち方でパスワードがバレてるかも!?
個人情報を守るために、注意すべきことって?