米バージニア州では「12歳の結婚」が認められていた!?

​バージニア州は法律を廃止に。他の州でも同様の法改正に向け動いているもよう。

人気の記事

「12歳の女の子が大人の男性と結婚」と聞くと、途上国における出来事を想像しがちだけど、実は先進国といわれるアメリカで、つい最近まで12歳からの結婚を認める法律が存在していたらしい。

コスモポリタン イギリス版によると、米バージニア州には2016年7月1日まで、18歳以下の"子供"が結婚できる法律があったという。つまり、たとえ12歳や13歳の女の子でも、妊娠していたり、親の同意があったりすれば結婚できたということ。

ADの後に記事が続きます

さらにショッキングなのは、この法律が実際に施行されていたという事実。なんと2004年から2013年にかけて18歳以下の4,500人が結婚し、そのうち200人は15歳かそれ未満。さらに結婚した4,500人の9割は女の子で、ほとんどの場合、夫は21歳かそれ以上の男性だったというのだ。

米バージニア州ではようやくこの旧態依然の法律が廃止され、現在は結婚が認められるのは18歳(親の同意がある場合は16歳)からとなった。

活動家たちは常々、この法律が強制的な結婚やレイプ、そして人身売買を促すことにつながると訴えていたという。また、新たな法律の制定には、アメリカにおける強制結婚の撲滅を目的とした、同州のタヒリ司法センターの尽力もあったもよう。センターの関係者は「バージニア州でのこういった動きが、法律がいかに子供たちの強制的な結婚を促しているかを気づかせるきっかけになるのを願っている」と話している。

児童婚を廃止する法案を可決したのは、バージニア州のジル・ホルツマン・ボーゲル氏(共和党)とジェニファー・マクレラン氏(民主党)。<ワシントン・ポスト紙>によると、この法律を一刻も早く廃止すべきという危機感は、「50歳を超えた男性が高校生と性的関係を持っているのではないか」という、ヴォーゲル氏の選挙区民からの相談から生まれたのだとか。ボーゲル氏いわく、「彼らは結婚したので、罪にはあたりません。(ですが)彼女は高校を中退し、人生を台無しにしたんです」。

アメリカでは今回のバージニア州のほか、ニューヨーク州やニュージャージー州、カリフォルニア州、そしてメリーランド州など複数の州が、現在も存在する同様の法律廃止に向けて手続きを進めているという。犯罪の隠れ蓑となりかねない児童婚が、早く廃止されることを期待したい。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
「お堅い役」が多い理由は?ナタリー・ポートマンが語った真実
社会
シェア
自分を守るために…ナタリーが「お堅い女優」に徹した理由
すべてはセクハラから自分を守るためだった!?ナタリー・ポートマンが「ウィメンズ・マーチ」で明かした切実な告白
サウジアラビアで女性が初めてスポーツ観戦
社会
シェア
サウジアラビア史上初!「女性のスタジアム観戦」が解禁に
初めて地元のサッカーチームを生で応援できた女性のコメントが感動的!
ウィメンズ・マーチ ウーマンズ・マーチ
社会
シェア
今週末開催!今年は「投票」を訴えるウィメンズ・マーチ
1月20日、21日にラスベガスや世界各国で開催されるデモ。そのテーマは?
運転が解禁に!サウジアラビアの女性に聞いた「女性の権利」
社会
シェア
運転が解禁に!サウジアラビア女性が語る「女性の権利」
伝統と現代化の狭間に立つサウジアラビア。知っておきたい「女性の権利」事情
ジャクリーン・ケネディトップ画像
社会
シェア
ジャクリーン・ケネディの知られざる17の真実
その激動の人生とファッションを振り返り!
社会
シェア
いじめを見た時、止められる…?米の動画が話題に
10月が「いじめ防止月間」となるアメリカで、バーガーキングが動画を公開。
社会
シェア
美しい!「多様性」を、使い古された人形のリメイクで表現
「いろいろな肌があるのに、世に出ている人形には再現されていないの」
13日の金曜日
社会
シェア
海外で、「13日の金曜日」が不吉と言われる理由は…?
映画のせいじゃないの?
世界中の少女がビヨンセの『フリーダム』
社会
シェア
かっこいい!世界中の少女が歌い踊るビヨンセの『フリーダム』
10月11日「国際ガールズ・デー」にアップされたのは、世界の女の子が直面する問題にフォーカスした動画。
政治家 ラスベガス乱射事件の被害者へメッセージ
社会
シェア
トランプ大統領、オバマ氏などが、ラスベガスの被害者を追悼
ヒラリー・クリントン氏は、銃規制についてもコメント。