肥満が「雇用に影響する」って本当?

相手を見た目で判断しすぎていませんか?

人気の記事

あなたは"太っている人"に対してどんなイメージを持っていますか? 意志が弱い? おおらか? だらしない? ネット上に流れる意見の中には、かなり辛辣なものもちらほら。

今回紹介する記事は、職場で太っている人々がどんな扱いを受けているかについての、コスモポリタン アメリカ版からのレポート。最新の研究によると、職場では、男女によって太めの人々に対する見方や処遇にちがいが出てくる可能性が高いのだとか。

ADの後に記事が続きます

イギリスのサリー大学とオックスフォード大学の共同心理学者チームは、男性・女性それぞれの面接官が、太めの求職者たちをどう評価したかを分析。その結果、女性面接官は太めの男性と女性の求職者たちを同等に低く評価したそう。一方で、男性面接官は同性求職者が太めであっても大した問題ではないと感じるのに対し、太めの女性求職者に対しては明らかな嫌悪感を表したのだとか。つまり、女性が体重に対する最も厳しい評価者であり、同時にその評価を受ける側にいるということに。

この研究だけで太めの人々が雇用されにくいとは言えないものの、肥満度指数の高い人は痩せている同僚に比べて昇進しにくいなどの結果も出ているそう。

食べるものに困った時代には、富の象徴だったふくよかな体。それが今ではマイナスイメージとされているわけですが、太っているかどうかを決める基準も、時代や個人によってちがうもの

また、見逃せないのは、近年肥満は貧困と切り離しては考えられなくなっているという問題。日本やアメリカを含む先進国では、貧困層の肥満率が上昇しているそう。安価で高カロリーなジャンクフードを食べるしかない貧困層と、ふんだんに野菜や果物を食べられる富裕層との格差が問題になっているとのこと。

となると、肥満はもはや「意志の弱さ」などでは言い表せないことに。もちろん、肥満にも様々なケースがあるわけですが、コスモポリタン アメリカ版のレポートはある研究結果を用いて、「他人に対して寛大になるほど、自分自身や自分の人生に対する評価が上がるそうです」と締めくくっています。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

 

More from Cosmopolitan Japan:
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!
あるレイプ被害者の人生を救った、感動の「音楽フェス」
社会
シェア
音楽フェスに秘められた、あるレイプ被害者の再起のドラマ
レイプ被害者の女性がグラストンベリーのスタッフに助けられ、人間不信を克服するまでの道のり。
バレエに人生をささげる、シリア人バレエダンサー
社会
シェア
シリアの難民キャンプから、オランダ国立バレエ団へ
内戦、イスラム国(IS)の侵略の中で育ち…「バレエ」を通して戦うダンサーにインタビュー。
見る人の心を打つ...アルビノの人々をとらえた写真が美しい
社会
シェア
見る人の心を打つ…アルビノの人々をとらえた美しい写真
画像の編集はしていないそう。
【私の生き方】性犯罪から子どもを守る!
社会
シェア
5歳でレイプ被害に…。性犯罪の法律を変える!
PTAとPTSDを経て…。フランスで性犯罪の法律を改正するために闘う女性の道のり
フロリダの公共トイレで見つかったフック型隠しカメラにご用心
社会
シェア
こんな商品があるなんて…!?フック型隠しカメラにご用心
日本に入ってきていませんように…
アメリカ人女子が告白!男たちの「野次」に対する11の本音
社会
シェア
かなり深刻…男からの「野次」に対する女性たちの告白
街中で受けるセクハラ的野次、「キャットコール」に怯える女性たち…