肥満が「雇用に影響する」って本当?

相手を見た目で判断しすぎていませんか?

人気の記事

あなたは"太っている人"に対してどんなイメージを持っていますか? 意志が弱い? おおらか? だらしない? ネット上に流れる意見の中には、かなり辛辣なものもちらほら。

今回紹介する記事は、職場で太っている人々がどんな扱いを受けているかについての、コスモポリタン アメリカ版からのレポート。最新の研究によると、職場では、男女によって太めの人々に対する見方や処遇にちがいが出てくる可能性が高いのだとか。

ADの後に記事が続きます

イギリスのサリー大学とオックスフォード大学の共同心理学者チームは、男性・女性それぞれの面接官が、太めの求職者たちをどう評価したかを分析。その結果、女性面接官は太めの男性と女性の求職者たちを同等に低く評価したそう。一方で、男性面接官は同性求職者が太めであっても大した問題ではないと感じるのに対し、太めの女性求職者に対しては明らかな嫌悪感を表したのだとか。つまり、女性が体重に対する最も厳しい評価者であり、同時にその評価を受ける側にいるということに。

この研究だけで太めの人々が雇用されにくいとは言えないものの、肥満度指数の高い人は痩せている同僚に比べて昇進しにくいなどの結果も出ているそう。

食べるものに困った時代には、富の象徴だったふくよかな体。それが今ではマイナスイメージとされているわけですが、太っているかどうかを決める基準も、時代や個人によってちがうもの

また、見逃せないのは、近年肥満は貧困と切り離しては考えられなくなっているという問題。日本やアメリカを含む先進国では、貧困層の肥満率が上昇しているそう。安価で高カロリーなジャンクフードを食べるしかない貧困層と、ふんだんに野菜や果物を食べられる富裕層との格差が問題になっているとのこと。

となると、肥満はもはや「意志の弱さ」などでは言い表せないことに。もちろん、肥満にも様々なケースがあるわけですが、コスモポリタン アメリカ版のレポートはある研究結果を用いて、「他人に対して寛大になるほど、自分自身や自分の人生に対する評価が上がるそうです」と締めくくっています。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

 

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ランニング記録が示す、レイプ犯との壮絶バトル
社会
シェア
ランニング記録が物語る、レイプ犯との壮絶バトル
他人事じゃない…ランニング途中に立ち寄ったトイレで女性に起こった事件。
女性姿のシンボルが記された信号機
社会
シェア
信号機に「女性」を導入!メルボルンの風景が変わる!?
賛否両論あるようだけど、新しい取り組み!
レイプを根本から無くすには?「レイプ予防5箇条」が話題
社会
シェア
レイプ撲滅に必要なのは?意識改革を呼びかける「5箇条」
悪いのはレイプ犯なのに、被害者を責めがちな風潮に喝!
危険かもしれない公共の場所での携帯充電
社会
シェア
怖い…公共の場所で、スマホの充電は危険!?
こっそりデータが盗まれていることも!?
子供を救った男性2人が、イケメンすぎて話題に♡
社会
シェア
心までハンサム!子供を救った2人のイケメンが素敵♡
ドラマみたい!
海外で今年ブレイクしそうな「赤ちゃんの名前」ランキング
社会
シェア
海外版!今年人気が出そうな「赤ちゃんの名前」ランキング
海外では今、どんな名前がトレンド?
ヒールじゃないと勤務不可!?英で話題を呼んだ「服装問題」
社会
シェア
イギリス発:ヒール着用を拒否した女性に「帰宅命令」!?
"女性らしい服装"って何?
社会
シェア
曖昧な境界線を映像に…米俳優がセクハラ撲滅を呼びかけ
『フレンズ』のデヴィッド・シュワイマーが製作した「#ThatsHarassment(それ、ハラスメントです)」
お見事!少女を人身売買から救ったCAがカッコいい
社会
シェア
お見事!少女を「人身売買」から救ったCA
ベテランCAの機転が少女を救った!
社会
シェア
歌手エド・シーラン、アフリカに暮らす子供たちを救う
「問題は支援にいくらかかるかじゃない」と彼らを助ける決意をしたエド!