肥満が「雇用に影響する」って本当?

相手を見た目で判断しすぎていませんか?

人気の記事

あなたは"太っている人"に対してどんなイメージを持っていますか? 意志が弱い? おおらか? だらしない? ネット上に流れる意見の中には、かなり辛辣なものもちらほら。

今回紹介する記事は、職場で太っている人々がどんな扱いを受けているかについての、コスモポリタン アメリカ版からのレポート。最新の研究によると、職場では、男女によって太めの人々に対する見方や処遇にちがいが出てくる可能性が高いのだとか。

ADの後に記事が続きます

イギリスのサリー大学とオックスフォード大学の共同心理学者チームは、男性・女性それぞれの面接官が、太めの求職者たちをどう評価したかを分析。その結果、女性面接官は太めの男性と女性の求職者たちを同等に低く評価したそう。一方で、男性面接官は同性求職者が太めであっても大した問題ではないと感じるのに対し、太めの女性求職者に対しては明らかな嫌悪感を表したのだとか。つまり、女性が体重に対する最も厳しい評価者であり、同時にその評価を受ける側にいるということに。

この研究だけで太めの人々が雇用されにくいとは言えないものの、肥満度指数の高い人は痩せている同僚に比べて昇進しにくいなどの結果も出ているそう。

食べるものに困った時代には、富の象徴だったふくよかな体。それが今ではマイナスイメージとされているわけですが、太っているかどうかを決める基準も、時代や個人によってちがうもの

また、見逃せないのは、近年肥満は貧困と切り離しては考えられなくなっているという問題。日本やアメリカを含む先進国では、貧困層の肥満率が上昇しているそう。安価で高カロリーなジャンクフードを食べるしかない貧困層と、ふんだんに野菜や果物を食べられる富裕層との格差が問題になっているとのこと。

となると、肥満はもはや「意志の弱さ」などでは言い表せないことに。もちろん、肥満にも様々なケースがあるわけですが、コスモポリタン アメリカ版のレポートはある研究結果を用いて、「他人に対して寛大になるほど、自分自身や自分の人生に対する評価が上がるそうです」と締めくくっています。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

 

More from Cosmopolitan Japan:
ウィメンズ・マーチ ウーマンズ・マーチ
社会
シェア
今週末開催!今年は「投票」を訴えるウィメンズ・マーチ
1月20日、21日にラスベガスや世界各国で開催されるデモ。そのテーマは?
運転が解禁に!サウジアラビアの女性に聞いた「女性の権利」
社会
シェア
運転が解禁に!サウジアラビア女性が語る「女性の権利」
伝統と現代化の狭間に立つサウジアラビア。知っておきたい「女性の権利」事情
ジャクリーン・ケネディトップ画像
社会
シェア
ジャクリーン・ケネディの知られざる17の真実
その激動の人生とファッションを振り返り!
社会
シェア
いじめを見た時、止められる…?米の動画が話題に
10月が「いじめ防止月間」となるアメリカで、バーガーキングが動画を公開。
社会
シェア
美しい!「多様性」を、使い古された人形のリメイクで表現
「いろいろな肌があるのに、世に出ている人形には再現されていないの」
13日の金曜日
社会
シェア
海外で、「13日の金曜日」が不吉と言われる理由は…?
映画のせいじゃないの?
世界中の少女がビヨンセの『フリーダム』
社会
シェア
かっこいい!世界中の少女が歌い踊るビヨンセの『フリーダム』
10月11日「国際ガールズ・デー」にアップされたのは、世界の女の子が直面する問題にフォーカスした動画。
政治家 ラスベガス乱射事件の被害者へメッセージ
社会
シェア
トランプ大統領、オバマ氏などが、ラスベガスの被害者を追悼
ヒラリー・クリントン氏は、銃規制についてもコメント。
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。