被害者は85%!?イギリスの「セクハラ問題」が超深刻

「セクハラはよくあること」で終わらせてはダメ!

人気の記事

日本だけでなく、世界中で社会問題となっているセクシャル・ハラスメント(性的嫌がらせ)。コスモポリタン イギリス版では、昔に比べて女性の社会進出がめざましくなった今も、セクハラを受ける被害者が多いことを示す衝撃的な数字を紹介。

イギリスの世論調査会社<YouGov>のリサーチによると、18歳から24歳までの女性の実に85%が、異性からの好奇の目にさらされたり、嫌がらせを受けた経験があるんだとか。

ADの後に記事が続きます

問題なのは、こうした嫌がらせを受けること(つまりセクハラ)が日常化している現実。男性の中には、女性を"もの"として見たり、扱ってもいいんだと思ったりしている人もいるということ。

このほか、<End Violence Against Women Coalition(女性への暴力撲滅を目指す団体)>の調査では同年代の女性グループの45%が、(痴漢など)自分が望まない性的な接触を経験していることも判明。これってかなり衝撃的な数字では?

他にも、女性の25%(4人に1人)が、16歳になるまでに性的な接触や嫌がらせを受けていることが明らかに。これもすごく恐ろしい結果。自分の娘が自分の知らないところでこんな経験をしていると知ったら、親だったらいてもたってもいられないはず。

現代に生きる私たち女性にとって、無礼で、ときに暴力的な異性の行動が"よくあるケース"になってしまっているのは危惧すべきこと。結果、女性へのセクハラを訴える行動を通じて、それがいかに"受け入れられないもの"なのかをアピールする必要が増えている。

ニューヨークでは街中を歩く女性がセクハラ発言やヤジを浴びるビデオを公開したり、イギリスでも公共の交通機関での性的嫌がらせを撲滅するキャンペーンが展開されているのだとか。

街中での口笛やヤジといったささいな行動であっても、このようにセクハラに対して自分たちが声をあげていかないと、私たちよりも若い世代の人たちは「性的嫌がらせは"よくあることだから仕方ない"」と思ってしまう危険性が。

女性へのセクハラは、昔からの価値観(または思いこみ)によることも多いらしく、学齢期の男女を対象にした教育をすることで、セクハラは良くないという認識ができ、被害に遭う女性(または男性)が減るかもしれないと期待されているのだそう。

上記の数字はあくまでもイギリスの結果だけど、日本の女性もひとごとではないはず。セクハラには毅然とした態度で対処することが大切です。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
ジャクリーン・ケネディトップ画像
社会
シェア
ジャクリーン・ケネディの知られざる17の真実
その激動の人生とファッションを振り返り!
社会
シェア
いじめを見た時、止められる…?米の動画が話題に
10月が「いじめ防止月間」となるアメリカで、バーガーキングが動画を公開。
社会
シェア
美しい!「多様性」を、使い古された人形のリメイクで表現
「いろいろな肌があるのに、世に出ている人形には再現されていないの」
13日の金曜日
社会
シェア
海外で、「13日の金曜日」が不吉と言われる理由は…?
映画のせいじゃないの?
世界中の少女がビヨンセの『フリーダム』
社会
シェア
かっこいい!世界中の少女が歌い踊るビヨンセの『フリーダム』
10月11日「国際ガールズ・デー」にアップされたのは、世界の女の子が直面する問題にフォーカスした動画。
政治家 ラスベガス乱射事件の被害者へメッセージ
社会
シェア
トランプ大統領、オバマ氏などが、ラスベガスの被害者を追悼
ヒラリー・クリントン氏は、銃規制についてもコメント。
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!