過去最大…「過労死」が賠償請求件数を記録

女性の比率が増えてきているという…

人気の記事

Mamiの気になりニュース番外編】

「バイリンガルニュース」のMCを務めるMamiが、ちょっと気になるニュースをピックアップ。ライターyokoが深掘りした記事をお届けします!

日本で、過労死の賠償請求件数が、史上最大を記録しました。2015年会計年度で過労死賠償が1456件も請求されており、1991年の計測開始以来、最も高い数字とのこと。政府が認定を拒否したものも含めると過労死した人はこの数の10倍はいるだろうと予測されています。

ADの後に記事が続きます

ロイター通信の取材で、1980年代から過労死の裁判を扱う川人博弁護士によれば、かつては95%が中年男性でしたが、現在は女性が20%占めているとのこと。労働省は、過労死は働き過ぎによる心血管系疾患と、仕事上の精神的ストレスからの自殺の2種類の原因がある、との認識を示しています。それにも関わらず、日本の法制度では労働時間の規定がないそう。

「正規雇用」と、女性か若年層が大半を占める「非正規雇用」(派遣社員、契約社員、パートタイムなどが含まれる)の2種類にはっきりと分かれている日本の雇用形態にも問題があると見られています。労働人口の38%は非正規雇用であり、その内68%を女性が占めています。

中には採用した後に、労働条件を変える悪質な雇い主もいるようで、就業時間が延びたり、残業代の出ない夜間勤務や週末出勤が強いられたりする場合もあるそうです。残業代の支払い拒否や、労働者に休み時間を与えない行為は、違法であるにも関わらず、不当であることに気付かない若い従業員や、出産後に仕事を再開し、他に働く場所がないと考え受け入れる女性が多いとのこと。

また労働省は、過労死が増加している状況についてコメントを求められましたが、応じなかったそう。状況を把握しながらも、法制度の見直しなどの対策がされないというのは、労働コストを下げるために従業員に不当な条件で労働を強いても仕方がない環境を作り出してしまいます。

サービス残業や有給未消化が当然とされる企業が多く、「ブラック企業」問題も深刻化している現代。日本の過労死は、海外からも独特なものとみられ「karoshi」が英語として認識されているほど。行政機関に対応を待つのではなく、ウェルビーイング(身体的・精神的・社会的に良好な状態)を意識して働く環境を自ら選択していくことが大切なのかもしれません。

コメントする

Read Next:
社会
シェア
外で満足に運動もできない!?米国の「セクハラ」の実情
ジョギングも「恐怖と隣合わせ」!
ベッドでうずくまる女性
社会
シェア
通報はわずか3割…レイプ被害者が「泣き寝入り」した理由
「#WhyWomenDontReport(女性たちが通報しない理由)」で明らかになった、被害者の心の内。
社会
シェア
男女の賃金が平等になるのは「170年後」!?
暦で言うと、2186年って…
国が消える!?温暖化で失われるかもしれないもの10
社会
シェア
収入が減る!?気候変動で私たちが失うかもしれないもの10
思っているより事態は深刻…。
セクハラ問題は万国共通?みんなのTwitterでの叫び!
社会
シェア
海外女性がTwitterに投稿した「私のセクハラ体験談」
「セクハラ男」はそこら中にいる!?
猫シェルター
社会
シェア
高額でネコを買う前に!ネコシェルターってどんなとこ?【Mamiの気になりニュース】
バイリンガルニュースMamiが、ネコシェルター「キャットガーディアン」代表にインタビュー。
woman's face and man's face
社会
シェア
聞くのはタブー?性転換について知りたい7つのこと
性の多様性が受け入れられている時代だからこそ、知っておきたいトリビアあれこれ
イギリスで"モラハラ男"を逮捕!その罪状とは?
社会
シェア
モラハラで逮捕!男が彼女に強要していたこととは?
​ 近い将来、日本でも起こりうるかも? ​
子どもに「ビキニボディ」は必要?小学校の授業が問題に
社会
シェア
え!?小学校の授業で「ビキニボディ」クラス開催?
​イギリスの学校に非難殺到! ​
OCD(強迫性障害)の男性が語る、"止まらぬ衝動"の実態
社会
シェア
止まらない衝動と向き合って生きる…「強迫性障害」とは?
​ 「自分は決して"異常者"ではなく、ただ形の違う不安症を患っているだけなんです」​