過去最大…「過労死」が賠償請求件数を記録

女性の比率が増えてきているという…

人気の記事

Mamiの気になりニュース番外編】

「バイリンガルニュース」のMCを務めるMamiが、ちょっと気になるニュースをピックアップ。ライターyokoが深掘りした記事をお届けします!

日本で、過労死の賠償請求件数が、史上最大を記録しました。2015年会計年度で過労死賠償が1456件も請求されており、1991年の計測開始以来、最も高い数字とのこと。政府が認定を拒否したものも含めると過労死した人はこの数の10倍はいるだろうと予測されています。

ADの後に記事が続きます

ロイター通信の取材で、1980年代から過労死の裁判を扱う川人博弁護士によれば、かつては95%が中年男性でしたが、現在は女性が20%占めているとのこと。労働省は、過労死は働き過ぎによる心血管系疾患と、仕事上の精神的ストレスからの自殺の2種類の原因がある、との認識を示しています。それにも関わらず、日本の法制度では労働時間の規定がないそう。

「正規雇用」と、女性か若年層が大半を占める「非正規雇用」(派遣社員、契約社員、パートタイムなどが含まれる)の2種類にはっきりと分かれている日本の雇用形態にも問題があると見られています。労働人口の38%は非正規雇用であり、その内68%を女性が占めています。

中には採用した後に、労働条件を変える悪質な雇い主もいるようで、就業時間が延びたり、残業代の出ない夜間勤務や週末出勤が強いられたりする場合もあるそうです。残業代の支払い拒否や、労働者に休み時間を与えない行為は、違法であるにも関わらず、不当であることに気付かない若い従業員や、出産後に仕事を再開し、他に働く場所がないと考え受け入れる女性が多いとのこと。

また労働省は、過労死が増加している状況についてコメントを求められましたが、応じなかったそう。状況を把握しながらも、法制度の見直しなどの対策がされないというのは、労働コストを下げるために従業員に不当な条件で労働を強いても仕方がない環境を作り出してしまいます。

サービス残業や有給未消化が当然とされる企業が多く、「ブラック企業」問題も深刻化している現代。日本の過労死は、海外からも独特なものとみられ「karoshi」が英語として認識されているほど。行政機関に対応を待つのではなく、ウェルビーイング(身体的・精神的・社会的に良好な状態)を意識して働く環境を自ら選択していくことが大切なのかもしれません。

More from Cosmopolitan Japan:
あるレイプ被害者の人生を救った、感動の「音楽フェス」
社会
シェア
音楽フェスに秘められた、あるレイプ被害者の再起のドラマ
レイプ被害者の女性がグラストンベリーのスタッフに助けられ、人間不信を克服するまでの道のり。
バレエに人生をささげる、シリア人バレエダンサー
社会
シェア
シリアの難民キャンプから、オランダ国立バレエ団へ
内戦、イスラム国(IS)の侵略の中で育ち…「バレエ」を通して戦うダンサーにインタビュー。
見る人の心を打つ...アルビノの人々をとらえた写真が美しい
社会
シェア
見る人の心を打つ…アルビノの人々をとらえた美しい写真
画像の編集はしていないそう。
【私の生き方】性犯罪から子どもを守る!
社会
シェア
5歳でレイプ被害に…。性犯罪の法律を変える!
PTAとPTSDを経て…。フランスで性犯罪の法律を改正するために闘う女性の道のり
フロリダの公共トイレで見つかったフック型隠しカメラにご用心
社会
シェア
こんな商品があるなんて…!?フック型隠しカメラにご用心
日本に入ってきていませんように…
アメリカ人女子が告白!男たちの「野次」に対する11の本音
社会
シェア
かなり深刻…男からの「野次」に対する女性たちの告白
街中で受けるセクハラ的野次、「キャットコール」に怯える女性たち…
「スマホの持ち方」で、ハッカーは個人情報を解読できる!?
社会
シェア
怖い…スマホの持ち方でパスワードがバレてるかも!?
個人情報を守るために、注意すべきことって?
harassment
社会
シェア
セクハラにNO!クリエイターたちが動画製作に賭けた思い
『フレンズ』のデヴィッド・シュワイマーとクリエイター仲間が、世のセクハラ問題に言及
ランニング記録が示す、レイプ犯との壮絶バトル
社会
シェア
ランニング記録が物語る、レイプ犯との壮絶バトル
他人事じゃない…ランニング途中に立ち寄ったトイレで女性に起こった事件。
女性姿のシンボルが記された信号機
社会
シェア
信号機に「女性」を導入!メルボルンの風景が変わる!?
賛否両論あるようだけど、新しい取り組み!