トランスジェンダーの人が直面する「職場での現実」とは?

イギリスの調査で、驚きのデータが

コスモポリタン アメリカ版によると、イギリスの新しい研究で、トランスジェンダーを自認する人々435人に職場で差別をされたことがあるかと聞いたところ、実に60%が「ある」と答えたのだとか。

回答者は、差別の38%が同僚からで、25%が管理者側、そして29%が面接のときだったと述べているそう。(なお、この場合「トランスジェンダー」というのは出生時に授かった性別が自分自身と合わないと感じている人々を指すので、いわゆる"Xジェンダー"=男性、女性以外に両性、無性など、性自認が様々な立場の人々も潜在的には回答者の中に含まれうる、と研究者側は指摘)

ADの後に記事が続きます

さらに驚くのは、被調査者の36%が職場であまりに疎外感を覚えため、仕事を辞めざるをえなかったこと21%がその間に人事部から何もサポートを受けられなかったと感じていること、そして53%が、自分がトランスジェンダーであることを同僚に隠す必要性を感じていたという事実。

トランスジェンダー活動家のフォックス・フィッシャーは、LGBT向けニュースサイト<ピンクニュース>に対してこう語っています。「トランスジェンダーの人々にとって、職場にとどまるのも職を探すのも、悪夢になりうることなんだ。多くの雇用者は僕らの権利について無知だし、僕らは不安定な立場に立たされることが多い。皮肉なのは、トランスジェンダーの人々にはものすごく賢くて働く意欲のある人がとても多いってこと」

どんな状況の人々も受け入れられる社会になれば、誰にとってもこの世界は生きやすいものになるはず。上記のレポートはイギリスからですが、私たちもお互いを受け入れることのできるやさしい社会をつくりたいものですね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
社会
シェア
ロンドン襲撃テロ事件に多くの著名人がコメント
3月22日、ロンドンの中心部ウェストミンスター橋で発生したテロ事件を受け、セレブたちが哀悼の意を表した。
英国ロイヤルファミリーの1日を、ちょっと覗き見!
社会
シェア
英国ロイヤルファミリーの1日を、ちょっと覗き見!
みなさん、毎日公務に大忙し!
LGBTの象徴レインボーの旗を笑顔で広げる女性
社会
シェア
アメリカ初!インターセックスの出生証明書が発行された!?
誰もが安心して暮らせる社会が近づきつつある!?
社会
シェア
セクハラの過去が背景に…プレゼンターの女優が拍手を拒む
セクシャル・ハラスメントで訴えられた過去がある俳優ケイシー・アフレック。
磨け、スルー力!相手にしなくていい男の戯言8
社会
シェア
スルーが一番!気にするのをやめるべき男の戯言8
もう、こういう男は相手にしないぞ!
出産の歴史100年
社会
シェア
こんなに変わった!アメリカの「出産の歴史」100年
医療技術の進歩に感謝
性暴行被害女性が、犯人に「公開レター」を書いた理由
社会
シェア
性暴行被害女性が、犯人に「公開レター」を書いた理由
「レイプ被害者に対する偏見をなくしたい」
専門家が教える、大人社会の「いじめ」対処法8
社会
シェア
専門家が伝授!大人社会の「いじめ」に対処する8つの方法
大人のいじめには大人の対応で
人気ティーンモデルが、ファッション界にモノ申す!?
社会
シェア
人気プラスサイズモデルが、ファッション界の裏側を暴露!
世間が設ける基準に振り回されないことが大切!
酷い…「ネットいじめ」は被害者が死んでも終わらない?
社会
シェア
被害者が死んでも続く…壮絶な「ネットいじめ」のリアル
世界にはびこる「サイバーブリー」の現実とは?