トランスジェンダーの人が直面する「職場での現実」とは?

イギリスの調査で、驚きのデータが

コスモポリタン アメリカ版によると、イギリスの新しい研究で、トランスジェンダーを自認する人々435人に職場で差別をされたことがあるかと聞いたところ、実に60%が「ある」と答えたのだとか。

回答者は、差別の38%が同僚からで、25%が管理者側、そして29%が面接のときだったと述べているそう。(なお、この場合「トランスジェンダー」というのは出生時に授かった性別が自分自身と合わないと感じている人々を指すので、いわゆる"Xジェンダー"=男性、女性以外に両性、無性など、性自認が様々な立場の人々も潜在的には回答者の中に含まれうる、と研究者側は指摘)

ADの後に記事が続きます

さらに驚くのは、被調査者の36%が職場であまりに疎外感を覚えため、仕事を辞めざるをえなかったこと21%がその間に人事部から何もサポートを受けられなかったと感じていること、そして53%が、自分がトランスジェンダーであることを同僚に隠す必要性を感じていたという事実。

トランスジェンダー活動家のフォックス・フィッシャーは、LGBT向けニュースサイト<ピンクニュース>に対してこう語っています。「トランスジェンダーの人々にとって、職場にとどまるのも職を探すのも、悪夢になりうることなんだ。多くの雇用者は僕らの権利について無知だし、僕らは不安定な立場に立たされることが多い。皮肉なのは、トランスジェンダーの人々にはものすごく賢くて働く意欲のある人がとても多いってこと」

どんな状況の人々も受け入れられる社会になれば、誰にとってもこの世界は生きやすいものになるはず。上記のレポートはイギリスからですが、私たちもお互いを受け入れることのできるやさしい社会をつくりたいものですね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ランニング記録が示す、レイプ犯との壮絶バトル
社会
シェア
ランニング記録が物語る、レイプ犯との壮絶バトル
他人事じゃない…ランニング途中に立ち寄ったトイレで女性に起こった事件。
女性姿のシンボルが記された信号機
社会
シェア
信号機に「女性」を導入!メルボルンの風景が変わる!?
賛否両論あるようだけど、新しい取り組み!
レイプを根本から無くすには?「レイプ予防5箇条」が話題
社会
シェア
レイプ撲滅に必要なのは?意識改革を呼びかける「5箇条」
悪いのはレイプ犯なのに、被害者を責めがちな風潮に喝!
危険かもしれない公共の場所での携帯充電
社会
シェア
怖い…公共の場所で、スマホの充電は危険!?
こっそりデータが盗まれていることも!?
子供を救った男性2人が、イケメンすぎて話題に♡
社会
シェア
心までハンサム!子供を救った2人のイケメンが素敵♡
ドラマみたい!
海外で今年ブレイクしそうな「赤ちゃんの名前」ランキング
社会
シェア
海外版!今年人気が出そうな「赤ちゃんの名前」ランキング
海外では今、どんな名前がトレンド?
ヒールじゃないと勤務不可!?英で話題を呼んだ「服装問題」
社会
シェア
イギリス発:ヒール着用を拒否した女性に「帰宅命令」!?
"女性らしい服装"って何?
社会
シェア
曖昧な境界線を映像に…米俳優がセクハラ撲滅を呼びかけ
『フレンズ』のデヴィッド・シュワイマーが製作した「#ThatsHarassment(それ、ハラスメントです)」
お見事!少女を人身売買から救ったCAがカッコいい
社会
シェア
お見事!少女を「人身売買」から救ったCA
ベテランCAの機転が少女を救った!
社会
シェア
歌手エド・シーラン、アフリカに暮らす子供たちを救う
「問題は支援にいくらかかるかじゃない」と彼らを助ける決意をしたエド!