トランスジェンダーの人が直面する「職場での現実」とは?

イギリスの調査で、驚きのデータが

コスモポリタン アメリカ版によると、イギリスの新しい研究で、トランスジェンダーを自認する人々435人に職場で差別をされたことがあるかと聞いたところ、実に60%が「ある」と答えたのだとか。

回答者は、差別の38%が同僚からで、25%が管理者側、そして29%が面接のときだったと述べているそう。(なお、この場合「トランスジェンダー」というのは出生時に授かった性別が自分自身と合わないと感じている人々を指すので、いわゆる"Xジェンダー"=男性、女性以外に両性、無性など、性自認が様々な立場の人々も潜在的には回答者の中に含まれうる、と研究者側は指摘)

ADの後に記事が続きます

さらに驚くのは、被調査者の36%が職場であまりに疎外感を覚えため、仕事を辞めざるをえなかったこと21%がその間に人事部から何もサポートを受けられなかったと感じていること、そして53%が、自分がトランスジェンダーであることを同僚に隠す必要性を感じていたという事実。

トランスジェンダー活動家のフォックス・フィッシャーは、LGBT向けニュースサイト<ピンクニュース>に対してこう語っています。「トランスジェンダーの人々にとって、職場にとどまるのも職を探すのも、悪夢になりうることなんだ。多くの雇用者は僕らの権利について無知だし、僕らは不安定な立場に立たされることが多い。皮肉なのは、トランスジェンダーの人々にはものすごく賢くて働く意欲のある人がとても多いってこと」

どんな状況の人々も受け入れられる社会になれば、誰にとってもこの世界は生きやすいものになるはず。上記のレポートはイギリスからですが、私たちもお互いを受け入れることのできるやさしい社会をつくりたいものですね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
ジャクリーン・ケネディトップ画像
社会
シェア
ジャクリーン・ケネディの知られざる17の真実
その激動の人生とファッションを振り返り!
社会
シェア
いじめを見た時、止められる…?米の動画が話題に
10月が「いじめ防止月間」となるアメリカで、バーガーキングが動画を公開。
社会
シェア
美しい!「多様性」を、使い古された人形のリメイクで表現
「いろいろな肌があるのに、世に出ている人形には再現されていないの」
13日の金曜日
社会
シェア
海外で、「13日の金曜日」が不吉と言われる理由は…?
映画のせいじゃないの?
世界中の少女がビヨンセの『フリーダム』
社会
シェア
かっこいい!世界中の少女が歌い踊るビヨンセの『フリーダム』
10月11日「国際ガールズ・デー」にアップされたのは、世界の女の子が直面する問題にフォーカスした動画。
政治家 ラスベガス乱射事件の被害者へメッセージ
社会
シェア
トランプ大統領、オバマ氏などが、ラスベガスの被害者を追悼
ヒラリー・クリントン氏は、銃規制についてもコメント。
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!