「心の病気は誰でもなりうる」女性ライターがSNSで訴え

ある「心の病気」に対する記事に反論するため、女性ライターがとった行動とは?

人気の記事

日本でも世界でも、職場での「心の病気」への取り組みはまだはじまったばかり。

コスモポリタン アメリカ版では、ある記事に端を発したオーストラリア人女性ライターの「心の病気」に関する告白を紹介しています。

ある人材コンサルタントが執筆した「心の病:病気のフリをしているのは誰?」という記事が<Sydney Morning Herald>に掲載されたとき、オーストラリア人のライター、アナ・スパルゴ=ライアンさんはすぐにセルフィーつきのコメントをFacebookに投稿しました。

ADの後に記事が続きます

「この2枚の写真は3日しか間隔をあけずに撮影されています」、「1枚目の泣いている写真は、心の病気を抱えている私。そして2枚目の笑っている私も、心の病を抱えている私です」とアナさんはつづり、<Sydney Morning Herald>が掲載した記事がどれだけ心の病を抱えた人を傷つけるのかを訴えました。

「心の病気なんてただの仮病」という考えを支持している心ない"人材コンサルタント"が、どれだけ社会にダメージを与えていることか…。誰だって心の病になる可能性はあるのです。「ただの仮病だよ」、「心の病なんて病気に入らない」、「病気を理由に休みを取って治療を受けるなんて、いいご身分」―― そんな風に非難するのではなく、まずは手を差しのべ、励ますべきではないでしょうか? それが職場でも家庭でも学校でも、どこであっても、です。

アナさんは「全般性不安障害」、「パニック障害」、「大うつ病性障害」、「心的外傷後ストレス障害」と診断されていることを<BuzzFeed>に告白しており、記事の著者に対しきちんと意見しなければと感じたそうです。「心の病を抱える人たちに対する、職場でのサポート方法を考える動きがやっと始まったばかりだというのに、『仮病だと見破るにはどうしたらよいか?』などという考えは時代に逆行するものです

<Sydney Morning Herald>は掲載の4日後に記事を更新。「SNSを通じ、記事へのご意見を多数いただきました。すべては私の未熟かつ無神経な記事に起因しています」、「(記事の内容は)心の病気に苦しむ方々とそのご家族への配慮に欠けるものでした。これは意図したことではなく、むしろ私の意志とは真逆です。真摯にお詫び申し上げます」と書かれた著者コメントを冒頭に追記しています。

※この翻訳は、抄訳です。

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
史上最大!世界の「ウーマンズ・マーチ」フォトギャラリー
社会
シェア
パワフル!世界中の「ウーマンズ・マーチ」40の瞬間
女性の権利や男女平等を訴え、世界各地で行われた歴史的大行進の写真。
社会
シェア
ウーマンズ・マーチ集会で、マドンナ「愛を選んで」と訴える
スカーレット・ヨハンソン、エマ・ワトソンら、豪華セレブも参加!
意義あり!辞書の「女らしさ」の例文に女性が抗議
社会
シェア
女性がSNSで抗議!辞書の「女らしさ」の例文がおかしい!?
"女性たちの声"が辞書を変えた!
米国の議題:AV男優はコンドーム使用を義務化すべき?
社会
シェア
アメリカで投票!AV男優はコンドームを義務にすべき?
あなたはどう考える?
おしゃれフレッシュアボカド
社会
シェア
アボカドが売れすぎて、メキシコで「自然破壊」の危機!?
当たり前のようにある食材だけど…。
デートレイプ
社会
シェア
「デートレイプ」被害を減らすには?アメリカの今を追う!
「レイプ」の定義は90年代からどう変わった?
社会
シェア
外で満足に運動もできない!?米国の「セクハラ」の実情
ジョギングも「恐怖と隣合わせ」!
ベッドでうずくまる女性
社会
シェア
通報はわずか3割…レイプ被害者が「泣き寝入り」した理由
「#WhyWomenDontReport(女性たちが通報しない理由)」で明らかになった、被害者の心の内。
社会
シェア
男女の賃金が平等になるのは「170年後」!?
暦で言うと、2186年って…
国が消える!?温暖化で失われるかもしれないもの10
社会
シェア
収入が減る!?気候変動で私たちが失うかもしれないもの10
思っているより事態は深刻…。