「心の病気は誰でもなりうる」女性ライターがSNSで訴え

ある「心の病気」に対する記事に反論するため、女性ライターがとった行動とは?

人気の記事

日本でも世界でも、職場での「心の病気」への取り組みはまだはじまったばかり。

コスモポリタン アメリカ版では、ある記事に端を発したオーストラリア人女性ライターの「心の病気」に関する告白を紹介しています。

ある人材コンサルタントが執筆した「心の病:病気のフリをしているのは誰?」という記事が<Sydney Morning Herald>に掲載されたとき、オーストラリア人のライター、アナ・スパルゴ=ライアンさんはすぐにセルフィーつきのコメントをFacebookに投稿しました。

ADの後に記事が続きます

「この2枚の写真は3日しか間隔をあけずに撮影されています」、「1枚目の泣いている写真は、心の病気を抱えている私。そして2枚目の笑っている私も、心の病を抱えている私です」とアナさんはつづり、<Sydney Morning Herald>が掲載した記事がどれだけ心の病を抱えた人を傷つけるのかを訴えました。

「心の病気なんてただの仮病」という考えを支持している心ない"人材コンサルタント"が、どれだけ社会にダメージを与えていることか…。誰だって心の病になる可能性はあるのです。「ただの仮病だよ」、「心の病なんて病気に入らない」、「病気を理由に休みを取って治療を受けるなんて、いいご身分」―― そんな風に非難するのではなく、まずは手を差しのべ、励ますべきではないでしょうか? それが職場でも家庭でも学校でも、どこであっても、です。

アナさんは「全般性不安障害」、「パニック障害」、「大うつ病性障害」、「心的外傷後ストレス障害」と診断されていることを<BuzzFeed>に告白しており、記事の著者に対しきちんと意見しなければと感じたそうです。「心の病を抱える人たちに対する、職場でのサポート方法を考える動きがやっと始まったばかりだというのに、『仮病だと見破るにはどうしたらよいか?』などという考えは時代に逆行するものです

<Sydney Morning Herald>は掲載の4日後に記事を更新。「SNSを通じ、記事へのご意見を多数いただきました。すべては私の未熟かつ無神経な記事に起因しています」、「(記事の内容は)心の病気に苦しむ方々とそのご家族への配慮に欠けるものでした。これは意図したことではなく、むしろ私の意志とは真逆です。真摯にお詫び申し上げます」と書かれた著者コメントを冒頭に追記しています。

※この翻訳は、抄訳です。

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
LGBTの象徴レインボーの旗を笑顔で広げる女性
社会
シェア
アメリカ初!インターセックスの出生証明書が発行された!?
誰もが安心して暮らせる社会が近づきつつある!?
社会
シェア
セクハラの過去が背景に…プレゼンターの女優が拍手を拒む
セクシャル・ハラスメントで訴えられた過去がある俳優ケイシー・アフレック。
磨け、スルー力!相手にしなくていい男の戯言8
社会
シェア
スルーが一番!気にするのをやめるべき男の戯言8
もう、こういう男は相手にしないぞ!
出産の歴史100年
社会
シェア
こんなに変わった!アメリカの「出産の歴史」100年
医療技術の進歩に感謝
性暴行被害女性が、犯人に「公開レター」を書いた理由
社会
シェア
性暴行被害女性が、犯人に「公開レター」を書いた理由
「レイプ被害者に対する偏見をなくしたい」
専門家が教える、大人社会の「いじめ」対処法8
社会
シェア
専門家が伝授!大人社会の「いじめ」に対処する8つの方法
大人のいじめには大人の対応で
人気ティーンモデルが、ファッション界にモノ申す!?
社会
シェア
人気プラスサイズモデルが、ファッション界の裏側を暴露!
世間が設ける基準に振り回されないことが大切!
酷い…「ネットいじめ」は被害者が死んでも終わらない?
社会
シェア
被害者が死んでも続く…壮絶な「ネットいじめ」のリアル
世界にはびこる「サイバーブリー」の現実とは?
銃犯罪が頻発するアメリカの学校、教室、机落書き
社会
シェア
鳥肌…爽やかな恋物語に隠された、社会への警告とは?
衝撃のラストが…。
無いなら作る!黒人女性が娘のために人形を発売
社会
シェア
娘に似た人形を!黒人女性が子供のために人形を発売
「自分を愛する人間」になれるように…母が込めた願い