「心の病気は誰でもなりうる」女性ライターがSNSで訴え

ある「心の病気」に対する記事に反論するため、女性ライターがとった行動とは?

人気の記事

日本でも世界でも、職場での「心の病気」への取り組みはまだはじまったばかり。

コスモポリタン アメリカ版では、ある記事に端を発したオーストラリア人女性ライターの「心の病気」に関する告白を紹介しています。

ある人材コンサルタントが執筆した「心の病:病気のフリをしているのは誰?」という記事が<Sydney Morning Herald>に掲載されたとき、オーストラリア人のライター、アナ・スパルゴ=ライアンさんはすぐにセルフィーつきのコメントをFacebookに投稿しました。

ADの後に記事が続きます

「この2枚の写真は3日しか間隔をあけずに撮影されています」、「1枚目の泣いている写真は、心の病気を抱えている私。そして2枚目の笑っている私も、心の病を抱えている私です」とアナさんはつづり、<Sydney Morning Herald>が掲載した記事がどれだけ心の病を抱えた人を傷つけるのかを訴えました。

「心の病気なんてただの仮病」という考えを支持している心ない"人材コンサルタント"が、どれだけ社会にダメージを与えていることか…。誰だって心の病になる可能性はあるのです。「ただの仮病だよ」、「心の病なんて病気に入らない」、「病気を理由に休みを取って治療を受けるなんて、いいご身分」―― そんな風に非難するのではなく、まずは手を差しのべ、励ますべきではないでしょうか? それが職場でも家庭でも学校でも、どこであっても、です。

アナさんは「全般性不安障害」、「パニック障害」、「大うつ病性障害」、「心的外傷後ストレス障害」と診断されていることを<BuzzFeed>に告白しており、記事の著者に対しきちんと意見しなければと感じたそうです。「心の病を抱える人たちに対する、職場でのサポート方法を考える動きがやっと始まったばかりだというのに、『仮病だと見破るにはどうしたらよいか?』などという考えは時代に逆行するものです

<Sydney Morning Herald>は掲載の4日後に記事を更新。「SNSを通じ、記事へのご意見を多数いただきました。すべては私の未熟かつ無神経な記事に起因しています」、「(記事の内容は)心の病気に苦しむ方々とそのご家族への配慮に欠けるものでした。これは意図したことではなく、むしろ私の意志とは真逆です。真摯にお詫び申し上げます」と書かれた著者コメントを冒頭に追記しています。

※この翻訳は、抄訳です。

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
国が消える!?温暖化で失われるかもしれないもの10
社会
シェア
収入が減る!?気候変動で私たちが失うかもしれないもの10
思っているより事態は深刻…。
セクハラ問題は万国共通?みんなのTwitterでの叫び!
社会
シェア
海外女性がTwitterに投稿した「私のセクハラ体験談」
「セクハラ男」はそこら中にいる!?
猫シェルター
社会
シェア
高額でネコを買う前に!ネコシェルターってどんなとこ?【Mamiの気になりニュース】
バイリンガルニュースMamiが、ネコシェルター「キャットガーディアン」代表にインタビュー。
woman's face and man's face
社会
シェア
聞くのはタブー?性転換について知りたい7つのこと
性の多様性が受け入れられている時代だからこそ、知っておきたいトリビアあれこれ
イギリスで"モラハラ男"を逮捕!その罪状とは?
社会
シェア
モラハラで逮捕!男が彼女に強要していたこととは?
​ 近い将来、日本でも起こりうるかも? ​
子どもに「ビキニボディ」は必要?小学校の授業が問題に
社会
シェア
え!?小学校の授業で「ビキニボディ」クラス開催?
​イギリスの学校に非難殺到! ​
OCD(強迫性障害)の男性が語る、"止まらぬ衝動"の実態
社会
シェア
止まらない衝動と向き合って生きる…「強迫性障害」とは?
​ 「自分は決して"異常者"ではなく、ただ形の違う不安症を患っているだけなんです」​
将来起こりうるEU離脱でのイギリスへの影響とは?
社会
シェア
EU離脱!イギリスの将来はどうなるの?
​住宅、旅行、物価が高くなる…!?​
米バージニア州では「12歳の結婚」が認められていた!?
社会
シェア
衝撃!アメリカは今でも「児童婚」を認めている!?
バージニア州は法律を廃止に。他の州でも同様の法改正に向け動いているもよう。​
母親の5人に1人が赤ちゃんの名前に後悔!?
社会
シェア
母親の5人に1人が赤ちゃんの名前に後悔!?
しかも産まれてすぐに後悔するケースが多いのだとか…。