「お堅い」のはなぜ?ナタリー・ポートマンが語る悲しい真実

すべてはセクハラから自分を守るためだった!?ナタリー・ポートマンが「ウィメンズ・マーチ」で明かした切実な告白

もっと読む For the fearless women
14 articles
モデルの人権を保護!「NYFW」が初の更衣室設置へ
リース・ウィザースプーン
リース・ウィザースプーン、虐待で「自分が変わった」
グラミー賞会長の「女性はもっと努力すべき」発言に抗議殺到

トランプ大統領政権下において、女性の権利向上やあらゆる差別をなくすことを訴えかける大規模デモ「ウィメンズ・マーチ」。昨年に引き続き、今年も1月20日・21日にアメリカをはじめ世界各地で繰り広げられたこのデモ行進は、多くのセレブリティが参加したことでも注目を集めており、中でも今回はロサンゼルスでのマーチに参加した、ナタリー・ポートマンのスピーチが話題に。

ADの後に記事が続きます

昨年からセクハラ問題で揺れるハリウッドにおいて、セレブ発信で世界に広まっている「#Me Too」や「#Time's Up」といったムーブメント。コスモポリタン アメリカ版によると、ナタリーはこのムーブメントの流れを受け、自身が女優人生の中で直面してきたセクハラ問題について言及したそう。

彼女のセクハラに関する恐怖体験は、13歳だったデビュー当時に始まり、1994年に映画『レオン』が公開されると、ファンからこんなメールが届いたのだとか。

「初めてのファンからのメールを喜んで開いたんです。でもそこに書かれていたのは、私をレイプするというその男の妄想についてでした

さらに、18歳になる直前にはこんな経験も。

「私の18歳の誕生日を祝うカウントダウンを放送していた地元のラジオ番組は、私が法的にセックスしても許される年齢に達するのだということをほのめかしていました。映画評論家は、作品レビューの中で私の胸が『大きくなってきた』とコメントしていました」

常に"性的対象"としての視線にさらされていたことにより、以前はキスシーンなどをはじめとする、性的な描写を含む作品は断り続けていたというナタリー。

「私は常に、自分がいかに勤勉で、真面目な人間かを強調してきました。服装も、清楚な印象のものを選んできました。お堅く、保守的で、冗談の通じない、厳粛な人間だというイメージをあえて作り上げてきたのです。こうすれば私の体は守られ、私の声を周囲に聞いてもらえると思ったから。『私は身の安全と、尊厳に値する人間』。そのメッセージを世間に聞いてもらうためには、肌の露出を控え、自己表現を抑え、仕事の幅を絞る必要性があると思ったんです」

最後に、このように締めくくったナタリー。

「私の自己表現に対して世間から返ってきた反応――それは私の体に対するコメントや、恐怖心を煽るような言葉の数々でした。この性的テロリズムとも言える環境の中では、私は自分の姿勢を変えざるを得なかったのです

アカデミー賞主演女優賞にも輝き、誰もが羨む成功を手に入れたかに見えるナタリー。でもこういった悲しい経験をしなければ、彼女はもっと違った、より自分らしい輝き方ができていたのかも…。

1人の女優、そして1人の女性の人生にこれほどの影響を与えるセクハラ問題。すべての女性が脅かされることなく、活き活きと自己表現ができる世の中へ――現在広まり続ける力強いムーブメントが、どうかそんな未来へと繋がりますように。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:伊藤 由佳里

COSMOPOLITAN US

関連記事
関連記事
ウィメンズ・マーチ ウーマンズ・マーチ
関連記事
More from Cosmopolitan Japan:
フロリダ 銃撃事件 スピーチ
社会
シェア
米フロリダでの高校銃撃事件、生き残った女性がスピーチ
「ナイフでは、これほど大勢の生徒に被害を与えなかったはず」と、銃規制へのメッセージを届けた。
あるママが提言!「ネット批判は子どもの未来も傷つける」
社会
シェア
子どもの写真が批判の的に!ママが訴える「ネットのモラル」
投稿されたコメントを、10年後に子どもたちが目にしたら…?
サウジアラビアで女性が初めてスポーツ観戦
社会
シェア
サウジアラビア史上初!「女性のスタジアム観戦」が解禁に
初めて地元のサッカーチームを生で応援できた女性のコメントが感動的!
ウィメンズ・マーチ ウーマンズ・マーチ
社会
シェア
今週末開催!今年は「投票」を訴えるウィメンズ・マーチ
1月20日、21日にラスベガスや世界各国で開催されるデモ。そのテーマは?
運転が解禁に!サウジアラビアの女性に聞いた「女性の権利」
社会
シェア
運転が解禁に!サウジアラビア女性が語る「女性の権利」
伝統と現代化の狭間に立つサウジアラビア。知っておきたい「女性の権利」事情
ジャクリーン・ケネディトップ画像
社会
シェア
ジャクリーン・ケネディの知られざる17の真実
その激動の人生とファッションを振り返り!
社会
シェア
いじめを見た時、止められる…?米の動画が話題に
10月が「いじめ防止月間」となるアメリカで、バーガーキングが動画を公開。
社会
シェア
美しい!「多様性」を、使い古された人形のリメイクで表現
「いろいろな肌があるのに、世に出ている人形には再現されていないの」
13日の金曜日
社会
シェア
海外で、「13日の金曜日」が不吉と言われる理由は…?
映画のせいじゃないの?
世界中の少女がビヨンセの『フリーダム』
社会
シェア
かっこいい!世界中の少女が歌い踊るビヨンセの『フリーダム』
10月11日「国際ガールズ・デー」にアップされたのは、世界の女の子が直面する問題にフォーカスした動画。