マジか!?娘のダイエットのために寄生虫を飲ませた母親

行き過ぎたダイエットの恐ろしい結末…

人気の記事

親の教育の押し付け、というのはよくある話だが、これはかなり衝撃的。

ミスコンに出場するティーンの娘をよりスリムにしようと、母親が「サナダムシ」を食べさせていたという仰天ニュースをコスモポリタン イギリス版よりお届け。

アメリカのテレビ番組『Untold Stories of the ER』(緊急医療の現場で実際に起こった事件をドラマ形式で紹介する番組)で放送された内容によると、とある救急病院に、10代の女の子が搬送されたらしい。お腹が不自然に膨れていて、ひどく痛がっている様子だったという。

ADの後に記事が続きます

看護師のマリカーさんは、最初は妊娠しているんだと思ったそう。ところが、超音波で検査してみて、原因は別にあることが判明。次の瞬間、女の子はトイレに駆け込んで絶叫し…。

マリカーさんの証言によると

「それはそれは見るに堪えなかったわ。娘さん、サナダムシ全てを体外に出さなければならなかったんだけど、中にはすごく大きいサナダムシもいて、便器から出ようとしてニョロニョロ動いているの」

女の子の母親は、すぐに自分の責任だと認めて、その場で青ざめていたそう。「コンテストのために娘がもっと痩せてキレイになりたいと言うから、"手助け"した」と語っていたらしい。

でも、娘に気づかれずどうやってサナダムシを食べさせていたのか?

実は…、成長したサナダムシを食べさせていたのではなく、サナダムシの卵が入った錠剤を飲ませていたらしい。

娘さんのお腹の中では、錠剤に入った卵が孵化。おびただしい数のサナダムシに成長して、消化機能を邪魔するまでになってしまったとか。この恐ろしい寄生虫は2.5センチから、大きいものだと23メートルにもなるそう! そして人間の体に寄生すると、20年も生きられるらしい。娘さん、手遅れになる前に寄生虫を追い出せて本当によかった。

さて、この母親が行ったダイエット法、果たして医学的根拠はあるのだろうか? 医師のドーア氏はこう述べている。

「このような行き過ぎたダイエットを、そのリスクを理解せずに行う人がいますが、本当に危険です。サナダムシダイエットは言語道断。仮にサナダムシを1匹寄生させたところで、体重に変化はないでしょう。しかし、健康に及ぼす影響は計り知れません」

もしもこの番組で紹介された内容が事実なら、本当に悲しい話だ。外見の良し悪しに支配された世の中なんて、健全ではない。それにここまでして手に入れた「美しさ」に価値があるとは、到底思えない。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
ウィメンズ・マーチ ウーマンズ・マーチ
社会
シェア
今週末開催!今年は「投票」を訴えるウィメンズ・マーチ
1月20日、21日にラスベガスや世界各国で開催されるデモ。そのテーマは?
運転が解禁に!サウジアラビアの女性に聞いた「女性の権利」
社会
シェア
運転が解禁に!サウジアラビア女性が語る「女性の権利」
伝統と現代化の狭間に立つサウジアラビア。知っておきたい「女性の権利」事情
ジャクリーン・ケネディトップ画像
社会
シェア
ジャクリーン・ケネディの知られざる17の真実
その激動の人生とファッションを振り返り!
社会
シェア
いじめを見た時、止められる…?米の動画が話題に
10月が「いじめ防止月間」となるアメリカで、バーガーキングが動画を公開。
社会
シェア
美しい!「多様性」を、使い古された人形のリメイクで表現
「いろいろな肌があるのに、世に出ている人形には再現されていないの」
13日の金曜日
社会
シェア
海外で、「13日の金曜日」が不吉と言われる理由は…?
映画のせいじゃないの?
世界中の少女がビヨンセの『フリーダム』
社会
シェア
かっこいい!世界中の少女が歌い踊るビヨンセの『フリーダム』
10月11日「国際ガールズ・デー」にアップされたのは、世界の女の子が直面する問題にフォーカスした動画。
政治家 ラスベガス乱射事件の被害者へメッセージ
社会
シェア
トランプ大統領、オバマ氏などが、ラスベガスの被害者を追悼
ヒラリー・クリントン氏は、銃規制についてもコメント。
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。