胸の谷間、どれくらい見られてる?隠しカメラで実験

みんな、おっぱいが大好き?

人気の記事

以前、イギリスでの"乳がん意識向上月間"に合わせて飲料メーカーのネスレが動画を制作。これは、女性に向けて"自分の胸をチェックしよう""乳がん検査への意識を高めよう"というメッセージを込めて作成されたもの。

1人の女性の豊かな胸の谷間近くに小型カメラを仕込んで、1日でどれほどの人々が胸の谷間をチェックしているか隠し撮りしてみる、という内容で、街の人たちが"チラッ"と胸を盗み見する様子がバッチリとらえられているのが興味深い。

ADの後に記事が続きます

念のために補足しておくと、彼らの目線はカメラに行っているので、こちらと目があった場合は顔を見ているのではなく胸を見ている、ということ。

それでは、ご覧あれ。

カフェの店員さん、通勤電車のサラリーマン、ストリートミュージシャン(ガン見!)、そしてミーティング中の2人の男性なんかは、もう催眠術で吸い寄せられるようにしてぼ~っと凝視。女性や子ども、犬までもみーんなチラ見してる! やっぱりみんな、おっぱいが大好きなのだ。

みなさんも、普段「見られてるかも」って感じるとき、あるでしょ? でもそれ以上に人は見ている可能性があるってこと。他の人がこんなに胸を"チェック"してくれているわけだから、やっぱり自分でも胸の状態をちゃんとチェックしなきゃ! というわけだ。

でも実際の話、定期的な検診はちゃんと受けましょう。乳がんの芽は早期に発見するのが大切です。人気者のおっぱいと一緒に、健康的な暮らしを続けましょう。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!
あるレイプ被害者の人生を救った、感動の「音楽フェス」
社会
シェア
音楽フェスに秘められた、あるレイプ被害者の再起のドラマ
レイプ被害者の女性がグラストンベリーのスタッフに助けられ、人間不信を克服するまでの道のり。
バレエに人生をささげる、シリア人バレエダンサー
社会
シェア
シリアの難民キャンプから、オランダ国立バレエ団へ
内戦、イスラム国(IS)の侵略の中で育ち…「バレエ」を通して戦うダンサーにインタビュー。
見る人の心を打つ...アルビノの人々をとらえた写真が美しい
社会
シェア
見る人の心を打つ…アルビノの人々をとらえた美しい写真
画像の編集はしていないそう。
【私の生き方】性犯罪から子どもを守る!
社会
シェア
5歳でレイプ被害に…。性犯罪の法律を変える!
PTAとPTSDを経て…。フランスで性犯罪の法律を改正するために闘う女性の道のり
フロリダの公共トイレで見つかったフック型隠しカメラにご用心
社会
シェア
こんな商品があるなんて…!?フック型隠しカメラにご用心
日本に入ってきていませんように…
アメリカ人女子が告白!男たちの「野次」に対する11の本音
社会
シェア
かなり深刻…男からの「野次」に対する女性たちの告白
街中で受けるセクハラ的野次、「キャットコール」に怯える女性たち…