公共の場所でスマホを充電すべきでない理由とは?

こっそりデータが盗まれていることも!?

スマホの充電が残りわずかとなると焦るもの。なんとか見つけた公共の充電ステーションなどでUSBケーブルを使用し急いで充電をしたことがある人もいるのでは?

ところが、コスモポリタン イギリス版によると、コンセントや充電ステーションがハッキングされ、スマホのデータが漏洩してしまう危険をはらんでいるのだそう

ADの後に記事が続きます

警備会社オーセンティケイトに勤めるドリュー・パイクさんは、「スマホを(ハッキングされている)電源コードや充電器に接続するだけでデバイスが汚染されます。すると、蓄積されたデータすべてが漏洩しまうのです」と<CNNに対して語った。

USBケーブルがあなたのスマホからPCへデータを送信できるのと同じく、あなたのスマホからもハッキングされたコンセントにデータが送信できてしまうのだとか。ハッカー送受信したメッセージ写真、連絡先、メールなどにアクセスが盗み見ることができるのだ

残念ながら、公共のコンセントや充電ステーションの内、どれがハッキングされているかを判断することは不可能らしいので、一切使わないことが賢明だそう。

そこで、あなたのスマホを危険から守る方法がこちら。

1.出かける前に、スマホをフル充電しておく。

2USBケーブル付きのポータブル充電器を常に持ち歩く。

3.市販されているほとんどのUSBケーブルと異な、データを送信「しない」タイプのUSBケーブルを購入する。

4.緊急でどうしても公共の充電ステーションを利用しなければいけない場合、あらかじめスマホを暗証番号かパスワードでロックしておく。<howtokeek.comによると、こうすることでデータの漏洩が防げるのだとか。

今や、プライベートの情報がすべて入っていると言えるスマホ。後で後悔しないためにも、これらの対策は事前に行っておきたいものですね。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
【私の生き方】性犯罪から子どもを守る!
社会
シェア
5歳でレイプ被害に…。性犯罪の法律を変える!
PTAとPTSDを経て…。フランスで性犯罪の法律を改正するために闘う女性の道のり
アメリカ人女子が告白!男たちの「野次」に対する11の本音
社会
シェア
かなり深刻…男からの「野次」に対する女性たちの告白
街中で受けるセクハラ的野次、「キャットコール」に怯える女性たち…
harassment
社会
シェア
セクハラにNO!クリエイターたちが動画製作に賭けた思い
『フレンズ』のデヴィッド・シュワイマーとクリエイター仲間が、世のセクハラ問題に言及
ランニング記録が示す、レイプ犯との壮絶バトル
社会
シェア
ランニング記録が物語る、レイプ犯との壮絶バトル
他人事じゃない…ランニング途中に立ち寄ったトイレで女性に起こった事件。
女性姿のシンボルが記された信号機
社会
シェア
信号機に「女性」を導入!メルボルンの風景が変わる!?
賛否両論あるようだけど、新しい取り組み!
レイプを根本から無くすには?「レイプ予防5箇条」が話題
社会
シェア
レイプ撲滅に必要なのは?意識改革を呼びかける「5箇条」
悪いのはレイプ犯なのに、被害者を責めがちな風潮に喝!
子供を救った男性2人が、イケメンすぎて話題に♡
社会
シェア
心までハンサム!子供を救った2人のイケメンが素敵♡
ドラマみたい!
海外で今年ブレイクしそうな「赤ちゃんの名前」ランキング
社会
シェア
海外版!今年人気が出そうな「赤ちゃんの名前」ランキング
海外では今、どんな名前がトレンド?
ヒールじゃないと勤務不可!?英で話題を呼んだ「服装問題」
社会
シェア
イギリス発:ヒール着用を拒否した女性に「帰宅命令」!?
"女性らしい服装"って何?
社会
シェア
曖昧な境界線を映像に…米俳優がセクハラ撲滅を呼びかけ
『フレンズ』のデヴィッド・シュワイマーが製作した「#ThatsHarassment(それ、ハラスメントです)」