その手があったか!少年が選んだ「家出先」に納得

そりゃ家出だって、過ごしやすい場所がいいよね。

コスモポリタン イギリス版に掲載された、ちょっとホッコリなニュース。

家出した中国人の少年ペン君(12歳)。算数の宿題が嫌でサボったことを叱られ、両親と喧嘩したことが原因だったのだが、家を飛び出した彼が真っ先に思いついた家出先は、あの大型ホームセンター、「IKEA」だった。

そう、ふかふかのベッドやゆったりしたソファがずらりと並び、施設内にはメニューが豊富なレストランもある北欧発のホームセンター。

ADの後に記事が続きます

そんなIKEAを家出先に選んだペン君。算数は苦手かもしれないが、相当賢いと言わざるを得ないだろう。だって夜はふかふかのベッドで眠れるし、お腹がすいたら近隣のスーパーで試食品を食べればいいし、なんの不自由もなく王様気分で過ごしていたようだ。

だが優雅な暮らしも永遠には続かない。しびれを切らした両親が捜索願いを出した際、警察に「IKEAが大好きな子だから、もしかしたら…」と説明したため、ペン君は間もなく確保。残念なことに、算数の宿題が待つ家に連れ戻されたという。それでも、結局1週間近くもの間、IKEAに滞在していたらしい。IKEAが大好きなら、素晴らしい日々だったに違いない。

もし、あなたも今後仕事や家庭や宿題に行き詰まったら、IKEAへ行ってみては。さすがに1週間もいちゃダメだろうけど。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
13日の金曜日
社会
シェア
海外で、「13日の金曜日」が不吉と言われる理由は…?
映画のせいじゃないの?
世界中の少女がビヨンセの『フリーダム』
社会
シェア
かっこいい!世界中の少女が歌い踊るビヨンセの『フリーダム』
10月11日「国際ガールズ・デー」にアップされたのは、世界の女の子が直面する問題にフォーカスした動画。
政治家 ラスベガス乱射事件の被害者へメッセージ
社会
シェア
トランプ大統領、オバマ氏などが、ラスベガスの被害者を追悼
ヒラリー・クリントン氏は、銃規制についてもコメント。
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!
あるレイプ被害者の人生を救った、感動の「音楽フェス」
社会
シェア
音楽フェスに秘められた、あるレイプ被害者の再起のドラマ
レイプ被害者の女性がグラストンベリーのスタッフに助けられ、人間不信を克服するまでの道のり。
バレエに人生をささげる、シリア人バレエダンサー
社会
シェア
シリアの難民キャンプから、オランダ国立バレエ団へ
内戦、イスラム国(IS)の侵略の中で育ち…「バレエ」を通して戦うダンサーにインタビュー。
見る人の心を打つ...アルビノの人々をとらえた写真が美しい
社会
シェア
見る人の心を打つ…アルビノの人々をとらえた美しい写真
画像の編集はしていないそう。