その手があったか!少年が選んだ「家出先」に納得

そりゃ家出だって、過ごしやすい場所がいいよね。

コスモポリタン イギリス版に掲載された、ちょっとホッコリなニュース。

家出した中国人の少年ペン君(12歳)。算数の宿題が嫌でサボったことを叱られ、両親と喧嘩したことが原因だったのだが、家を飛び出した彼が真っ先に思いついた家出先は、あの大型ホームセンター、「IKEA」だった。

そう、ふかふかのベッドやゆったりしたソファがずらりと並び、施設内にはメニューが豊富なレストランもある北欧発のホームセンター。

ADの後に記事が続きます

そんなIKEAを家出先に選んだペン君。算数は苦手かもしれないが、相当賢いと言わざるを得ないだろう。だって夜はふかふかのベッドで眠れるし、お腹がすいたら近隣のスーパーで試食品を食べればいいし、なんの不自由もなく王様気分で過ごしていたようだ。

だが優雅な暮らしも永遠には続かない。しびれを切らした両親が捜索願いを出した際、警察に「IKEAが大好きな子だから、もしかしたら…」と説明したため、ペン君は間もなく確保。残念なことに、算数の宿題が待つ家に連れ戻されたという。それでも、結局1週間近くもの間、IKEAに滞在していたらしい。IKEAが大好きなら、素晴らしい日々だったに違いない。

もし、あなたも今後仕事や家庭や宿題に行き詰まったら、IKEAへ行ってみては。さすがに1週間もいちゃダメだろうけど。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

コメントする

Read Next:
イギリスで"モラハラ男"を逮捕!その罪状とは?
社会
シェア
モラハラで逮捕!男が彼女に強要していたこととは?
​ 近い将来、日本でも起こりうるかも? ​
子どもに「ビキニボディ」は必要?小学校の授業が問題に
社会
シェア
え!?小学校の授業で「ビキニボディ」クラス開催?
​イギリスの学校に非難殺到! ​
OCD(強迫性障害)の男性が語る、"止まらぬ衝動"の実態
社会
シェア
止まらない衝動と向き合って生きる…「強迫性障害」とは?
​ 「自分は決して"異常者"ではなく、ただ形の違う不安症を患っているだけなんです」​
将来起こりうるEU離脱でのイギリスへの影響とは?
社会
シェア
EU離脱!イギリスの将来はどうなるの?
​住宅、旅行、物価が高くなる…!?​
米バージニア州では「12歳の結婚」が認められていた!?
社会
シェア
衝撃!アメリカは今でも「児童婚」を認めている!?
バージニア州は法律を廃止に。他の州でも同様の法改正に向け動いているもよう。​
母親の5人に1人が赤ちゃんの名前に後悔!?
社会
シェア
母親の5人に1人が赤ちゃんの名前に後悔!?
しかも産まれてすぐに後悔するケースが多いのだとか…。
colorful condoms hanging
社会
シェア
コンドームの使い方を教えなければ、使っても妊娠率が増加!?
知ってるつもりになりがちな世代への性教育の大切さ。
年齢層は少し上?コスモ ドイツ版編集長の視点
社会
シェア
【世界のコスモ編集長にインタビュー!】ドイツ編
「ほしいものを得ることや、仕事と恋愛をどう両立させるかなど。興味は同じですが、私たちは少し年齢が上なんです」 ​​
厳しい世を生きる女性を応援!南アフリカ版編集長の闘い
社会
シェア
【世界のコスモ編集長にインタビュー!】南アフリカ編
レイプ発生率の高い南アフリカで、「どのような形でも身の安全を守るための方法を模索しています」
若者のキャリアを支援!コスモ  フィンランド編集長の思い
社会
シェア
【世界のコスモ編集長にインタビュー!】フィンランド編
​ 「私たちはかなりオープンで、社会にタブーがあまりないんです。何についても話します」 ​