アボカドが売れすぎて、メキシコで「自然破壊」の危機!?

当たり前のようにある食材だけど…。

メキシコ料理だけでなく、日本の食卓でもお馴染みのアボカド。ところが、コスモポリタン アメリカ版によればアボカドへの需要が高まったことを受けて、環境に多大な悪影響が及んでいるそう。

AP通信>によると、アボカドの人気と収穫コストの上昇によって、メキシコ農家では松林を破壊し、需要に追いつこうとしているのだとか。

ADの後に記事が続きます

アボカドの木は松林やモミの木が植生する土地で育つため、アボガド農家は森林を切り崩し、アボカドの果樹園を拡大。その背景には、アメリカでアボカドの人気が高まったことが背景としてあるんだそう。

メキシコ国立農林水産研究所の研究者であるマリオ・タピア・ヴァルガ氏は、AP通信に対して「たとえ森林伐採が目に見えるところで行われていなくとも、見えない所(松の枝の影など)で栽培されています。松の木は、遅かれ早かれ完全に伐採されます」とコメント。

その原因は、ひとえにアボカドの需要が急増し、農家がアボカドの栽培によって大きな利益を得られるようになったこと。AP通信によると、1月から7月までの間にアボカドの価格が86%高騰し、約1.10ドルにまで達したんだそう。さらに、今年はペソの価値が対ドルで16%下落したこともあり、メキシコ産のアボカドの価格が低下し、アメリカの消費者の間で需要が高まったんだとか。このような背景があり、メキシコの農家にとってはアボカドがもっとも利益率の高い農産物となったのだとか。

消費者である私たちは何ができるか考えてみよう。まずはアボカドが食べたいときはスーパーで産地を確認してみて。安さを重視でメキシコ産を選ぶことが森林伐採につながってしまうのであれば、値段が少し高くてもカリフォルニア産などを選ぶこともできるはず。あなたはどうする…?

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
世界中の少女がビヨンセの『フリーダム』
社会
シェア
かっこいい!世界中の少女が歌い踊るビヨンセの『フリーダム』
10月11日「国際ガールズ・デー」にアップされたのは、世界の女の子が直面する問題にフォーカスした動画。
政治家 ラスベガス乱射事件の被害者へメッセージ
社会
シェア
トランプ大統領、オバマ氏などが、ラスベガスの被害者を追悼
ヒラリー・クリントン氏は、銃規制についてもコメント。
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!
あるレイプ被害者の人生を救った、感動の「音楽フェス」
社会
シェア
音楽フェスに秘められた、あるレイプ被害者の再起のドラマ
レイプ被害者の女性がグラストンベリーのスタッフに助けられ、人間不信を克服するまでの道のり。
バレエに人生をささげる、シリア人バレエダンサー
社会
シェア
シリアの難民キャンプから、オランダ国立バレエ団へ
内戦、イスラム国(IS)の侵略の中で育ち…「バレエ」を通して戦うダンサーにインタビュー。
見る人の心を打つ...アルビノの人々をとらえた写真が美しい
社会
シェア
見る人の心を打つ…アルビノの人々をとらえた美しい写真
画像の編集はしていないそう。
【私の生き方】性犯罪から子どもを守る!
社会
シェア
5歳でレイプ被害に…。性犯罪の法律を変える!
PTAとPTSDを経て…。フランスで性犯罪の法律を改正するために闘う女性の道のり