アメリカで女性ランナーに対するセクハラが頻発!?

ジョギングも「恐怖と隣合わせ」!

運動するモチベーションを上げるだけでも大変なのに、運動に励む女性たちに新たなバリアが立ちはだかっているんだそう。

コスモポリタンアメリカ版は、<Runner's World>が2,533人の女性と2,137人の男性を対象にして実施した調査を紹介。それによると女性ランナーの43%は口笛、車のクラクション鳴らし、性的な言動などの嫌がらせ行為を体験したことがあるんだとか。一方、男性の96%はこのような被害に遭ったことがないという。

ADの後に記事が続きます

今年、9日うち3人の女性ランナーが無差別に殺害されたことを受け、この調査でも女性ランナーたちが恐怖のどん底にあることを示している。

女性たちの63%は危険と思われる場所を避けるルート、4人に1人はより安全な昼間の時間帯に変更50 %以上はランニング中安全について心配しているという。さらに、高温の日であっても体型を覆い隠すために不必要なウェアを羽織って走り、追跡を避けるために毎日ルートを変える対策もするという、おちおち走ってもいられない状況だとある女性警官は万が一に備えて弾丸入りの拳銃を持参してまでいるそう

ただ、残念ながら女性たちが安全対策を講じたり、加害者に対して強硬な姿勢を取ることが根本的な解決法であるとはいえない。脅かす男性の存在そのものが深刻な問題走る女性たちに、野次を飛ば男性たちにはこれだけの女性が対策に迫られている調査結果を受け止め、とにかく常識的になってしいものだ。

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions, Inc

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
フロリダ 銃撃事件 スピーチ
社会
シェア
米フロリダでの高校銃撃事件、生き残った女性がスピーチ
「ナイフでは、これほど大勢の生徒に被害を与えなかったはず」と、銃規制へのメッセージを届けた。
あるママが提言!「ネット批判は子どもの未来も傷つける」
社会
シェア
子どもの写真が批判の的に!ママが訴える「ネットのモラル」
投稿されたコメントを、10年後に子どもたちが目にしたら…?
「お堅い役」が多い理由は?ナタリー・ポートマンが語った真実
社会
シェア
自分を守るために…ナタリーが「お堅い女優」に徹した理由
すべてはセクハラから自分を守るためだった!?ナタリー・ポートマンが「ウィメンズ・マーチ」で明かした切実な告白
サウジアラビアで女性が初めてスポーツ観戦
社会
シェア
サウジアラビア史上初!「女性のスタジアム観戦」が解禁に
初めて地元のサッカーチームを生で応援できた女性のコメントが感動的!
ウィメンズ・マーチ ウーマンズ・マーチ
社会
シェア
今週末開催!今年は「投票」を訴えるウィメンズ・マーチ
1月20日、21日にラスベガスや世界各国で開催されるデモ。そのテーマは?
運転が解禁に!サウジアラビアの女性に聞いた「女性の権利」
社会
シェア
運転が解禁に!サウジアラビア女性が語る「女性の権利」
伝統と現代化の狭間に立つサウジアラビア。知っておきたい「女性の権利」事情
ジャクリーン・ケネディトップ画像
社会
シェア
ジャクリーン・ケネディの知られざる17の真実
その激動の人生とファッションを振り返り!
社会
シェア
いじめを見た時、止められる…?米の動画が話題に
10月が「いじめ防止月間」となるアメリカで、バーガーキングが動画を公開。
社会
シェア
美しい!「多様性」を、使い古された人形のリメイクで表現
「いろいろな肌があるのに、世に出ている人形には再現されていないの」
13日の金曜日
社会
シェア
海外で、「13日の金曜日」が不吉と言われる理由は…?
映画のせいじゃないの?