デンマークでシングルが25歳を迎えると…どうなる!?

これはヒドイw

人気の記事

独身のままいい年齢になって、久しぶりに地元で親戚たちと集まったりすると、「まだ結婚しないの?」とみんなから質問され、ぐったりして帰路につく…なんてエピソードは、日本でもよく聞く話。

でもそれはどうやら、デンマークの若者も同じのよう。なんでもシングルのまま25歳の誕生日を迎えると、とある"洗礼"を受けるのだとか。

ADの後に記事が続きます

コスモポリタン イギリス版によると、その洗礼とはなんと「シナモンぶっかけの刑」! 椅子や街灯の柱に縛り付けられた挙句、頭から大量のシナモンパウダーをかけられてまっ茶色にされてしまうという…これはどうやら昔からの風習で、男子も女子も、シングルで25歳の誕生日を迎えてしまうとシナモンまみれにされちゃうらしい。

もちろん刑といっても、今やお祭りイベントなので、全員が全員やるわけではなさそう。「みんなで面白おかしくお祝いをする」的なノリなのだとか。今の時代、25歳で独身なんてたくさんいるはずだし、25歳で結婚してる人の方が少数派かもしれないし。

でも、なぜ25歳なのか? そして、なぜシナモンなの…?

言い伝えによると、「16世紀のスパイス商人の若者たちがスパイスの貿易に夢中になるあまり婚期を逃し、パートナーを見つけられずに独身のまま人生を終えてしまった」という逸話からきているのだとか。当時の結婚適齢期はものすごく若かったので、25歳を過ぎたらもうパートナーを見つけるのは絶望的だとされていたよう。婚期を逃してしまうほどスパイスに夢中になるんだったら、お望み通りスパイスまみれにしてやる!という感じ?

仕事や趣味に夢中になるのもいいけど、もしかしたらいい出会いやチャンスを見逃してるかもしれない私たち。ちゃんとアンテナを張ってないと、スパイスまみれにされちゃうかも!?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
13日の金曜日
社会
シェア
海外で、「13日の金曜日」が不吉と言われる理由は…?
映画のせいじゃないの?
世界中の少女がビヨンセの『フリーダム』
社会
シェア
かっこいい!世界中の少女が歌い踊るビヨンセの『フリーダム』
10月11日「国際ガールズ・デー」にアップされたのは、世界の女の子が直面する問題にフォーカスした動画。
政治家 ラスベガス乱射事件の被害者へメッセージ
社会
シェア
トランプ大統領、オバマ氏などが、ラスベガスの被害者を追悼
ヒラリー・クリントン氏は、銃規制についてもコメント。
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!
あるレイプ被害者の人生を救った、感動の「音楽フェス」
社会
シェア
音楽フェスに秘められた、あるレイプ被害者の再起のドラマ
レイプ被害者の女性がグラストンベリーのスタッフに助けられ、人間不信を克服するまでの道のり。
バレエに人生をささげる、シリア人バレエダンサー
社会
シェア
シリアの難民キャンプから、オランダ国立バレエ団へ
内戦、イスラム国(IS)の侵略の中で育ち…「バレエ」を通して戦うダンサーにインタビュー。
見る人の心を打つ...アルビノの人々をとらえた写真が美しい
社会
シェア
見る人の心を打つ…アルビノの人々をとらえた美しい写真
画像の編集はしていないそう。