セレブたちの問題提起「アメリカで黒人が殺される23の理由」

普通に生活することも許されないの…?

人気の記事

白人警官による2つの黒人殺害事件

今月相次いで起きた白人警官による黒人殺害事件。

路上でCD販売していたルイジアナ州バトンルージュのアルトン・スターリングさんは、身動きできない状態になったところで警官に複数回発砲され、殺害された。

ミネソタ州のフィランド・カスティールさんは、車のテールライトが故障しているという理由で警官に停車を求められた。警官の指示に従って対応するフィランドさんに向かって警官は一方的に何度も発砲。フィランドさんは帰らぬ人となってしまった。

ADの後に記事が続きます

いずれの事件も動画が残っており、カスティールさんに関しては事件直後から恋人がライブ配信をしていた。

「アメリカに住む黒人が殺される23の理由」

長年問題になっている警官や一般人による黒人差別をなくすべく、アリシア・キーズ、ビヨンセ、ピンク、ゾーイ・クラヴィッツ、ボノ、リアーナなどの著名人が集まり公共CMを作成。アリシア・キーズは様々な問題に取り組む非営利団体「We Are Here」の創設者で、この動画作成の発起人。

タイトルは「アメリカに住む黒人が殺される23の理由」。このCMで取り上げられている事件は、黒人差別者たちに前触れなく殺害された事件や、ちょっとした交通違反や警官との口論が発端となった殺害事件。警官の身に危険が及んだわけでもなく、どの事件も正当な理由があっての発砲と言えるものではない。中には被害者は何もしておらず、ただ普通に生活していただけの人もいた。

2006

結婚前パーティの日、ショーン・ベルさんは会場の外で車を停車して車内で座っていたところを、警官に職務質問をされ発砲、殺害された。

2009

オスカー・グラントさんは電車に乗っていただけで警官に取り押さえられ、手錠をかけられ地面にうつ伏せにされて銃で撃たれて死亡した。グラントさんは銃も持っておらず、無抵抗だった。

2014

タバコ販売で脱税していると疑われ、窒息死するまで警官に地面に押さえつけられたエリック・ガーナーさん。

2015

・車前面のナンバープレートがなかったことで警官と口論になった末、殺害されたサミュエル・ドゥボースさん。

・ブレーキランプが故障していただけで、丸腰だったのに警官に殺害されたウォルター・スコットさん。

・教会でバイブル・スタディを行っていたところ参加者の1人に殺害された9名

2016年

帰宅途中、警官に撃たれ殺害されたグレッグ・ガンさん。

動画の最後には「アメリカで黒人だということ。ただ普通に生活していただけ」というメッセージが。

黒人と白人が同じ場所にいたとき、黒人のみが警官に犯罪者扱いされたという恐ろしい体験談を身近な人から聞いたことがある。"人種的分析"という名の人種差別はもう終わりにしなければならない。アリシア・キーズが言う通り、「変革の時期は今」なのだ。

More from Cosmopolitan Japan:
ウィメンズ・マーチ ウーマンズ・マーチ
社会
シェア
今週末開催!今年は「投票」を訴えるウィメンズ・マーチ
1月20日、21日にラスベガスや世界各国で開催されるデモ。そのテーマは?
運転が解禁に!サウジアラビアの女性に聞いた「女性の権利」
社会
シェア
運転が解禁に!サウジアラビア女性が語る「女性の権利」
伝統と現代化の狭間に立つサウジアラビア。知っておきたい「女性の権利」事情
ジャクリーン・ケネディトップ画像
社会
シェア
ジャクリーン・ケネディの知られざる17の真実
その激動の人生とファッションを振り返り!
社会
シェア
いじめを見た時、止められる…?米の動画が話題に
10月が「いじめ防止月間」となるアメリカで、バーガーキングが動画を公開。
社会
シェア
美しい!「多様性」を、使い古された人形のリメイクで表現
「いろいろな肌があるのに、世に出ている人形には再現されていないの」
13日の金曜日
社会
シェア
海外で、「13日の金曜日」が不吉と言われる理由は…?
映画のせいじゃないの?
世界中の少女がビヨンセの『フリーダム』
社会
シェア
かっこいい!世界中の少女が歌い踊るビヨンセの『フリーダム』
10月11日「国際ガールズ・デー」にアップされたのは、世界の女の子が直面する問題にフォーカスした動画。
政治家 ラスベガス乱射事件の被害者へメッセージ
社会
シェア
トランプ大統領、オバマ氏などが、ラスベガスの被害者を追悼
ヒラリー・クリントン氏は、銃規制についてもコメント。
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。