「アレルギー」の盲点?キスで命を落とした20歳の女性

​ アレルギー症状のある人は、薬の持参を忘れないで…。

人気の記事

特定の食品を摂取することによって、身体にさまざまな症状を引き起こすことで知られる"食物アレルギー"。しかし「食べる」という行為以外でも、症状の引き金となることが…。

コスモポリタン アメリカ版によると、20歳のミリアム・デュクレ=ルメイさんは、2012年にボーイフレンドとキスをした後に亡くなったそう。彼は彼女と会う前にピーナッツ・バター・サンドイッチを食べていて、彼女がピーナッツ・アレルギーだということを知らず(あるいはそれほど重症とは思わず)、彼女もそのときエピペン(アナフィキラシー/急性アレルギー反応を一時的に緩和する補助薬)を所持していなかったと、カナダのニュース専門チャンネル<CTV>が報道。彼女の母親はこれ以上同じような被害者を出さないために、このいきさつの公表に踏み切ったのだとか。

ADの後に記事が続きます

また、カナダのラジオ局<CJAD>によると、デュクレ=ルメイさんとボーイフレンドはその夜パーティに出かけており、その際に必要な薬や、医療識別ブレスレット(服用している薬や症状等が書かれた医師への伝達用腕輪)を持参していなかったもよう。キスの後、彼女は呼吸困難になり、喘息用の吸入器を使ったものの効果がなかったため、ボーイフレンドにピーナッツを食べたかと尋ね、彼が食べたと答えると、「救急車を呼んで」と訴えたのだそう。

彼は救急車が到着するまでにCPR(心肺蘇生のための救命処置)を施し、到着した救急隊員はエピネフリン(アドレナリン)で蘇生を試みたものの回復せず、病院に向かう途中でデュクレ=ルメイさんは心肺停止状態に陥り、無酸素脳症(脳の酸欠状態)に。その後人工呼吸器を外され、死亡が確認されたとのこと。

モントリオール小児病院の小児アレルギーおよび免疫学科長であるクリスティーン・マカスカー医師が<CTV>に語ったところによると、15歳から30歳は最も深刻なアレルギー反応が起こりうるリスクの高い年齢なのだとか。だからこそ、アレルギー症状のある人は「"ダサいから"などという理由で、エピペンの携帯を怠ってはいけません」と訴えるマカスカー医師。「患者さんたちは"なんかおかしいな"から"これはまずい"と感じるまでがどれほど短時間なのかを、きちんと認識していません」。

アメリカのニュースチャンネル<FOXニュース>の情報では、当時デュクレ=ルメイさんは周囲に、アレルギーが軽くなったと話していたそう。しかしマカスカー医師は、「そのようなことが当てはまるのは、アレルギー患者の5人に1人程度です」と指摘。多くのメディアではこうした状況のとき「歯を磨くことでアレルギー反応を抑えられる」と報道しているそうだけど、決してこのようなことが起こらないようにするための唯一の方法は、ピーナッツを食べたら、キスをするまでに長時間置くことなのだとか。

1030代のみなさんは、特に深刻なアレルギー症状の出るリスクの高い年齢。正しい知識を持って、このようなことが二度と起こらないようにしたいものです。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!
あるレイプ被害者の人生を救った、感動の「音楽フェス」
社会
シェア
音楽フェスに秘められた、あるレイプ被害者の再起のドラマ
レイプ被害者の女性がグラストンベリーのスタッフに助けられ、人間不信を克服するまでの道のり。
バレエに人生をささげる、シリア人バレエダンサー
社会
シェア
シリアの難民キャンプから、オランダ国立バレエ団へ
内戦、イスラム国(IS)の侵略の中で育ち…「バレエ」を通して戦うダンサーにインタビュー。
見る人の心を打つ...アルビノの人々をとらえた写真が美しい
社会
シェア
見る人の心を打つ…アルビノの人々をとらえた美しい写真
画像の編集はしていないそう。
【私の生き方】性犯罪から子どもを守る!
社会
シェア
5歳でレイプ被害に…。性犯罪の法律を変える!
PTAとPTSDを経て…。フランスで性犯罪の法律を改正するために闘う女性の道のり
フロリダの公共トイレで見つかったフック型隠しカメラにご用心
社会
シェア
こんな商品があるなんて…!?フック型隠しカメラにご用心
日本に入ってきていませんように…
アメリカ人女子が告白!男たちの「野次」に対する11の本音
社会
シェア
かなり深刻…男からの「野次」に対する女性たちの告白
街中で受けるセクハラ的野次、「キャットコール」に怯える女性たち…