イギリスで"モラハラ男"を逮捕!その罪状とは?

​ 近い将来、日本でも起こりうるかも?

昨年末、イギリスで、相手を強制的にコントロールすることはDVに当たるとする法律が制定され、精神的な虐待は身体的な虐待と同じように法律で罰することが可能に。日本ではまだ法的な罰則はないものの、世界的に問題となりつつあるモラル・ハラスメント。今回はコスモポリタン イギリス版から、恋人に対するモラハラで実際に刑務所送りとなったある男性の例を紹介します。

ADの後に記事が続きます

恋人に対する虐待で投獄されたモハメド・アンワール。しかしその理由は、"暴力をふるったから"ではないそう。彼は恋人ジェマ・ドハーティさんを支配するようになり、彼女の外見をひどくけなしては、運動を強制したり、食べるものや着るものについて命令したりするようになったのだとか。

さらにアンワールは、やせた女の子の写真をドハーティさんに見せ、なぜ同じようになれないのだと問い詰めては、彼女の自尊心を傷つけようとしていたのだそう。

ドハーティさんは法廷で、2人の関係は順調にスタートしたものの、1年ほど前から彼が変化したと証言。「あの人はつまらないことですぐに不機嫌になるんです。あの人によって私の日常生活は壊されました」。

パートナーから虐待を受けるなんて、男女を問わず、誰にもあってはならないこと。

先述の新法のおかげで、"強制的コントロール"の加害者は、最長5年間の懲役に。アンワールは(他の9件の暴行と器物損壊罪とともに)有罪とされた後、懲役2年半の刑を申し渡されたのだとか。

このケースは、新法がたしかに機能しているという証拠。日本ではまだ、心を傷つける暴力に声を上げる人は少ないようですが、暴力だけが虐待なのではなく、精神的な支配も同じように虐待に当たるのだということが、被害者の人たちにも広く伝わりますように。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ヒールじゃないと勤務不可!?英で話題を呼んだ「服装問題」
社会
シェア
イギリス発:ヒール着用を拒否した女性に「帰宅命令」!?
"女性らしい服装"って何?
社会
シェア
曖昧な境界線を映像に…米俳優がセクハラ撲滅を呼びかけ
『フレンズ』のデヴィッド・シュワイマーが製作した「#ThatsHarassment(それ、ハラスメントです)」
お見事!少女を人身売買から救ったCAがカッコいい
社会
シェア
お見事!少女を「人身売買」から救ったCA
ベテランCAの機転が少女を救った!
社会
シェア
歌手エド・シーラン、アフリカに暮らす子供たちを救う
「問題は支援にいくらかかるかじゃない」と彼らを助ける決意をしたエド!
社会
シェア
ロンドン襲撃テロ事件に多くの著名人がコメント
3月22日、ロンドンの中心部ウェストミンスター橋で発生したテロ事件を受け、セレブたちが哀悼の意を表した。
英国ロイヤルファミリーの1日を、ちょっと覗き見!
社会
シェア
英国ロイヤルファミリーの1日を、ちょっと覗き見!
みなさん、毎日公務に大忙し!
LGBTの象徴レインボーの旗を笑顔で広げる女性
社会
シェア
アメリカ初!インターセックスの出生証明書が発行された!?
誰もが安心して暮らせる社会が近づきつつある!?
社会
シェア
セクハラの過去が背景に…プレゼンターの女優が拍手を拒む
セクシャル・ハラスメントで訴えられた過去がある俳優ケイシー・アフレック。
磨け、スルー力!相手にしなくていい男の戯言8
社会
シェア
スルーが一番!気にするのをやめるべき男の戯言8
もう、こういう男は相手にしないぞ!
出産の歴史100年
社会
シェア
こんなに変わった!アメリカの「出産の歴史」100年
医療技術の進歩に感謝