イギリスで"モラハラ男"を逮捕!その罪状とは?

​ 近い将来、日本でも起こりうるかも?

昨年末、イギリスで、相手を強制的にコントロールすることはDVに当たるとする法律が制定され、精神的な虐待は身体的な虐待と同じように法律で罰することが可能に。日本ではまだ法的な罰則はないものの、世界的に問題となりつつあるモラル・ハラスメント。今回はコスモポリタン イギリス版から、恋人に対するモラハラで実際に刑務所送りとなったある男性の例を紹介します。

ADの後に記事が続きます

恋人に対する虐待で投獄されたモハメド・アンワール。しかしその理由は、"暴力をふるったから"ではないそう。彼は恋人ジェマ・ドハーティさんを支配するようになり、彼女の外見をひどくけなしては、運動を強制したり、食べるものや着るものについて命令したりするようになったのだとか。

さらにアンワールは、やせた女の子の写真をドハーティさんに見せ、なぜ同じようになれないのだと問い詰めては、彼女の自尊心を傷つけようとしていたのだそう。

ドハーティさんは法廷で、2人の関係は順調にスタートしたものの、1年ほど前から彼が変化したと証言。「あの人はつまらないことですぐに不機嫌になるんです。あの人によって私の日常生活は壊されました」。

パートナーから虐待を受けるなんて、男女を問わず、誰にもあってはならないこと。

先述の新法のおかげで、"強制的コントロール"の加害者は、最長5年間の懲役に。アンワールは(他の9件の暴行と器物損壊罪とともに)有罪とされた後、懲役2年半の刑を申し渡されたのだとか。

このケースは、新法がたしかに機能しているという証拠。日本ではまだ、心を傷つける暴力に声を上げる人は少ないようですが、暴力だけが虐待なのではなく、精神的な支配も同じように虐待に当たるのだということが、被害者の人たちにも広く伝わりますように。

※この翻訳は抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN UK

コメントする

Read Next:
子どもに「ビキニボディ」は必要?小学校の授業が問題に
社会
シェア
え!?小学校の授業で「ビキニボディ」クラス開催?
​イギリスの学校に非難殺到! ​
OCD(強迫性障害)の男性が語る、"止まらぬ衝動"の実態
社会
シェア
止まらない衝動と向き合って生きる…「強迫性障害」とは?
​ 「自分は決して"異常者"ではなく、ただ形の違う不安症を患っているだけなんです」​
将来起こりうるEU離脱でのイギリスへの影響とは?
社会
シェア
EU離脱!イギリスの将来はどうなるの?
​住宅、旅行、物価が高くなる…!?​
米バージニア州では「12歳の結婚」が認められていた!?
社会
シェア
衝撃!アメリカは今でも「児童婚」を認めている!?
バージニア州は法律を廃止に。他の州でも同様の法改正に向け動いているもよう。​
母親の5人に1人が赤ちゃんの名前に後悔!?
社会
シェア
母親の5人に1人が赤ちゃんの名前に後悔!?
しかも産まれてすぐに後悔するケースが多いのだとか…。
colorful condoms hanging
社会
シェア
コンドームの使い方を教えなければ、使っても妊娠率が増加!?
知ってるつもりになりがちな世代への性教育の大切さ。
年齢層は少し上?コスモ ドイツ版編集長の視点
社会
シェア
【世界のコスモ編集長にインタビュー!】ドイツ編
「ほしいものを得ることや、仕事と恋愛をどう両立させるかなど。興味は同じですが、私たちは少し年齢が上なんです」 ​​
厳しい世を生きる女性を応援!南アフリカ版編集長の闘い
社会
シェア
【世界のコスモ編集長にインタビュー!】南アフリカ編
レイプ発生率の高い南アフリカで、「どのような形でも身の安全を守るための方法を模索しています」
若者のキャリアを支援!コスモ  フィンランド編集長の思い
社会
シェア
【世界のコスモ編集長にインタビュー!】フィンランド編
​ 「私たちはかなりオープンで、社会にタブーがあまりないんです。何についても話します」 ​
「幸せな人」はメダルの総数を評価する…?
社会
シェア
あなたはどっち?メダルの評価で判明「幸せな人の特徴」​
​五輪のメダルをどう評価するかで、その人の幸福度が分かる?!​