気をつけよう…SNSでの発言で、一般人が逮捕寸前!?

ネット上でのひと言が予想外の事態に…

人気の記事

特に深い意味で投稿したわけじゃないのに大炎上してしまう、なんて話はよく聞きますよね。でもアメリカに住むゲイリー・バリーという男性は炎上どころか、FBIとアメリカ合衆国のシークレット・サービス(大統領の警護を行う機関)にマークされ、自宅で尋問される事態になったんだとか。一体どんな投稿をしたらそんなことに…。

ADの後に記事が続きます

コスモポリタン アメリカ版によると、ゲイリーは大統領選のキャンペーンでヒラリー・クリントンとバーニー・サンダースがオハイオ州立大学にやって来るというニュースに対して、Facebookに「どこに爆弾を送りつけたらいいかな?」と投稿。これに対してSNS仲間たちが驚き、すぐさま返信。

友人1:「うわあ」

ゲイリー:「うわあって何が?」

友人2:「本気? 世界中に発信するつもりで書いたわけ? シークレットサービスかFBIがあんたの家にやって来ちゃうよ

もちろん、ゲイリーとしては冗談で発した一言だったわけですが、その投稿はネット中を巡りに巡って、誰かしらが実際にシークレット・サービスに通報。そして彼はなんと、友人の忠告通り、本当に尋問を受けることに!

「人種差別主義者か、反イスラム主義者か、自殺念慮はあるか、大統領か副大統領を暗殺したい考えはあるかなど、いろいろと聞かれたよ」と言うゲイリー。アメリカでは、ネット上での大統領及び候補者への脅迫は最高5年の懲役が課せられる可能性がある、とのこと。現在のところゲイリーに刑罰が下ったかは不明ですが、シークレット・サービスによる尋問では、「Facebookでの発言には重々気をつけるように」と厳重注意されたのだそう。

今回、国家機関まで巻きこんだ事態になってしまったように、いつ誰でも、ほんの些細な発言が大ごとになってしまう可能性があるのがインターネット。

ネット上で何も言えなくなってしまうのはつまらないけど、みなさんも、発言には十分に気をつけて楽しみましょうね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
エミー賞でセレブたちがブルーリボンをつけていたワケ
社会
シェア
エミー賞で目立っていたブルーリボン。セレブ達の主張とは?
数々のスターの胸を飾っていたブルーリボンは、トランプ政権に対するこんな表明だった!
社会
シェア
突然の死から2カ月…息子が自殺予防メッセージを公開
父であるロックバンドの「リンキン・パーク」チェスター・ベニントンの亡き後、その思いを息子や妻がコメント。
社会
シェア
あれから16年…「9・11テロ」を追悼する著名人のメッセージ
2001年にニューヨークを襲ったアメリカ同時多発テロ事件から16年。現地時間9月11日、著名人がメッセージを発信
社会
シェア
オバマ前大統領、高校をサプライズ訪問!その理由は…?
突然教室に入り「みんな調子はどうだい? そこ座っても良い?」となんともカジュアルな登場!
あるレイプ被害者の人生を救った、感動の「音楽フェス」
社会
シェア
音楽フェスに秘められた、あるレイプ被害者の再起のドラマ
レイプ被害者の女性がグラストンベリーのスタッフに助けられ、人間不信を克服するまでの道のり。
バレエに人生をささげる、シリア人バレエダンサー
社会
シェア
シリアの難民キャンプから、オランダ国立バレエ団へ
内戦、イスラム国(IS)の侵略の中で育ち…「バレエ」を通して戦うダンサーにインタビュー。
見る人の心を打つ...アルビノの人々をとらえた写真が美しい
社会
シェア
見る人の心を打つ…アルビノの人々をとらえた美しい写真
画像の編集はしていないそう。
【私の生き方】性犯罪から子どもを守る!
社会
シェア
5歳でレイプ被害に…。性犯罪の法律を変える!
PTAとPTSDを経て…。フランスで性犯罪の法律を改正するために闘う女性の道のり
フロリダの公共トイレで見つかったフック型隠しカメラにご用心
社会
シェア
こんな商品があるなんて…!?フック型隠しカメラにご用心
日本に入ってきていませんように…
アメリカ人女子が告白!男たちの「野次」に対する11の本音
社会
シェア
かなり深刻…男からの「野次」に対する女性たちの告白
街中で受けるセクハラ的野次、「キャットコール」に怯える女性たち…