村井さんちの田舎ごはん「トマト薬味」

​トマトたっぷりで、のどごしさわやか​。

人気の記事

琵琶湖西岸もすっかり暑くなってきた。

私が住む地域は山に近いため、朝晩は多少冷え込むものの、日中はすでに夏のような暑さが続いている。庭の雑草は強い日差しを浴びて伸び放題だ。時折降るスコールのような雨に背中を押されるようで、1メートルほどの高さに成長した強者もいる。それを見て見ぬフリしているのが最近の私である。

ADの後に記事が続きます

連日なにかと雑用や仕事に追われ、このところ食欲も落ち気味だ。それでも体重はしっかりキープしているのでご心配には及ばないが、麺類ばかりを選んでしまう日々である。若い頃、テレビから「暑くて何も喉を通らないから今日は麺類」なんて言葉が聞こえてくる度に、「私の喉に麺類は細すぎる!」と豪語していたものだ。しかしどうだ。ここ数年、「夏はやっぱり麺類だね……」と頻繁に言うようになったではないか。

去年ぐらいから、麺を茹でるのも面倒に感じられるようになってきた私は、水でほぐすだけというタイプの麺を冷蔵庫に大量にストックするようになった。ずらりと並んだ様は圧巻である。決してズボラではない。省エネだと自分に言い聞かせている。水でほぐすだけだから、あっという間に食べることができるし、ガス代も節約になる。ただ、それだけだとあまりに味気ないので、薬味ぐらいはちゃんと作るようにはしている。前置きが長かったが、今日はその薬味の紹介だ。

トマト、みょうが、大葉、ネギ、生姜、みつばなどの野菜を刻んで、ごま油で和えるだけという簡単なものだが、これが驚きの万能選手。めんつゆ、冷や奴、ごはん、パスタなど、何に合わせてもおいしい。トマトの酸味が弱った体を元気にしてくれるような気がする。

基本の具材(トマト、みょうが、大葉、ネギ、生姜、みつば)にプラスして、刻んだ梅干し、アボカド、焼き茄子を加えても美味。ごま油さえあれば、基本の具材の一部がなかったとしても、十分おいしい。冷蔵庫で冷やしてどうぞ。

材料 

トマト

みょうが

大葉

ネギ

生姜

みつば

ごま油

すべて適宜

作り方のポイント

冷やした薬味を炊きたてのごはんにたっぷり乗せて、醤油を少し。食欲が落ちている日でも、おいしく食べることができます。お試しあれ。

【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
シェフが手放さない♡9つの「魔法の隠し味」食材
料理レシピ
シェア
シェフお気に入りの「魔法の隠し味」食材9
スーパーで手に入るものも♡
秋キャンプにオススメ!パンで作る「超簡単ピザブレッド」
料理レシピ
シェア
秋キャンプに!パンで作る「簡単ピザ」が美味しそう
アウトドアでも、ピザ生地を使わなくても、ピザは作れる!
揚げずにサクサクのクランブル/さつまいものチーズコロッケ風/サクサク焼き野菜
料理レシピ
シェア
モデルだって揚げ物が食べたい!
芳ばしくってサクサク!なのにヘルシー♡
余り物の野菜のアレンジレシピ
料理レシピ
シェア
モデルがリアルに実践!体型にもお財布にもやさしい料理術
家に余っている野菜たちを無駄なく、おしゃれレシピに活用するには?
料理レシピ
シェア
簡単おいしい♡オードリー・ヘップバーンのパスタレシピ
オードリーが定番メニューとして作り続けた、「スパゲッティ・アル・ポモドーロ」をご紹介!
料理レシピ
シェア
【レシピ】お鍋の翌日の便利なひと品
残った野菜がおいしく変身
料理レシピ
シェア
【レシピ】しゃきしゃきの切り干し大根とツナが相性抜群!
食べやすく、手軽でおいしい
ベジディップ(野菜のディップ)/アーキテクトースト(architectoast)/トーストアート
料理レシピ
シェア
モデルがハマっている3色の野菜ディップレシピ
ストックしておくと便利!
料理レシピ
シェア
【レシピ】簡単だけど、しっかりおかず
ささっと15分!
栄養効率が上がる!?栄養士が勧める「野菜調理法」
料理レシピ
シェア
栄養士が解説!野菜別、もっともヘルシーな調理法
あの野菜は、生で食べる?それとも加熱する?