村井さんちの田舎ごはん「にんにくのオリーブオイル煮」

そのままでも、料理に加えても!

人気の記事

最近書店の料理本のコーナーに行くと目立つのが、常備菜のレシピ本だ。何かと慌ただしい生活を送っている私自身も総菜を作り置きすることが多いので、こういったタイプのレシピ本は大好きだ。暑い季節になると、1日に何度もキッチンに立つのはつらいから、冷蔵庫を開けてすぐに食べることができる総菜はとても便利。時間のあるときには、こういったレシピ本を参考にして、多めに作り置くようにしている。タッパーに詰まった色とりどりの総菜が冷蔵庫の中に並ぶと、なんとなく安心するのだ。

ADの後に記事が続きます

わが家にも定番の作り置き総菜がある。もう10年以上作り続けていて、私自身もとても気に入っている。今週はその総菜レシピを紹介しようと思う。ただし、紹介と書くまでもないほど、いつも通りの簡単なレシピなので、ぜひ気軽に作ってみて欲しい。

にんにくを3株ほど、皮付きのままバラバラにして、小さめの鍋に入れる。その上に好みのハーブを置く(私はローズマリーを使うことが多い)。そして、にんにくがかぶるぐらいにオリーブオイルを注ぐ。準備はそれだけだ。

鍋を中火にかけふつふつと泡が立ち、ある程度温度が上がったら弱火にして、じっくり煮込む。部屋中ににんにくの良い香りが漂ったらできあがりだ。すばやく火から下ろして、しばらく置いておく。煮込んですぐはほくほくとしたじゃがいものような食感だが、時間を置くとにんにくがオリーブオイルを吸収して、ペースト状になる。このペースト状になったにんにくとオリーブオイルをガラスの保存容器に入れて、冷蔵庫に保存しておくのだ。この柔らかくなったにんにくがなんともおいしくて、ついついいろいろな料理に入れてしまうのだ。

チーズやフランスパンと合わせてそのまま食べてもよし、パスタ、炒飯その他の料理に使ってもよし。生のにんにくをみじん切りにするのは面倒な作業だが、この煮込んだにんにくはスプーンの背で簡単につぶせるほど柔らかいので、様々な料理に応用しやすい。

暑い夏の日、このにんにくをたっぷりつけたバゲットと生ハム、作り置きの総菜をプレートに盛り、キリリと冷えた白ワインを飲むのが、私にとっては最高の贅沢だ。

材料 

にんにく 3株ほど 

オリーブオイル 適宜

ローズマリー 適宜

作り方のポイント

翌日、人に会う予定がない日に食べてください。

【村井さんちの田舎ごはん】まとめはこちらでチェック

More from Cosmopolitan Japan:
シェフが手放さない♡9つの「魔法の隠し味」食材
料理レシピ
シェア
シェフお気に入りの「魔法の隠し味」食材9
スーパーで手に入るものも♡
秋キャンプにオススメ!パンで作る「超簡単ピザブレッド」
料理レシピ
シェア
秋キャンプに!パンで作る「簡単ピザ」が美味しそう
アウトドアでも、ピザ生地を使わなくても、ピザは作れる!
揚げずにサクサクのクランブル/さつまいものチーズコロッケ風/サクサク焼き野菜
料理レシピ
シェア
モデルだって揚げ物が食べたい!
芳ばしくってサクサク!なのにヘルシー♡
余り物の野菜のアレンジレシピ
料理レシピ
シェア
モデルがリアルに実践!体型にもお財布にもやさしい料理術
家に余っている野菜たちを無駄なく、おしゃれレシピに活用するには?
料理レシピ
シェア
簡単おいしい♡オードリー・ヘップバーンのパスタレシピ
オードリーが定番メニューとして作り続けた、「スパゲッティ・アル・ポモドーロ」をご紹介!
料理レシピ
シェア
【レシピ】お鍋の翌日の便利なひと品
残った野菜がおいしく変身
料理レシピ
シェア
【レシピ】しゃきしゃきの切り干し大根とツナが相性抜群!
食べやすく、手軽でおいしい
ベジディップ(野菜のディップ)/アーキテクトースト(architectoast)/トーストアート
料理レシピ
シェア
モデルがハマっている3色の野菜ディップレシピ
ストックしておくと便利!
料理レシピ
シェア
【レシピ】簡単だけど、しっかりおかず
ささっと15分!
栄養効率が上がる!?栄養士が勧める「野菜調理法」
料理レシピ
シェア
栄養士が解説!野菜別、もっともヘルシーな調理法
あの野菜は、生で食べる?それとも加熱する?