外がカリッ♡ボリューム満点ベイクドポテトの作り方

たまにはカロリー度外視で!

人気の記事

ベイクドポテトといえばこんな風に、ジャガイモに切り込みを入れて焼く(またはレンジでチンする)だけ、と思っている人が多いはず。

外がカリッ♡ボリューム満点ベイクドポテトの作り方
ADの後に記事が続きます

ところが。コスモポリタン イギリス版が先日、見ているだけでヨダレが出そうなベイクドポテトを発見したよう。それがこちら。

チーズとベーコンのトッピングで、ボリューム満点!

このベイクドポテトは、レシピサイト<The Gunny Sack>を運営するトニア・ラーソンさんによるもの。彼女いわく、コツはポテトの"切り方"にあるのだとか。花びらを作るように、(ジャガイモの中心部分を除いて)全体を格子状に切り込むことで、外はカリカリ、そして中はクリーミー&ホクホクなベイクドポテトができるのだそう。

ボリューム満点ベイクドポテトの作り方

1.まずはジャガイモの片側を薄くスライスしたのち、小型で刃が薄く、小回りのきくナイフを使って、内側に円を描くように切り込みを入れていきます。

2.ジャガイモをひっくり返し、側面全体に切り込みを入れます。ジャガイモのてっぺんまで切ることのないよう注意しましょう(てっぺんに親指を乗せてジャガイモを固定し、側面を切っていくのがオススメ)。

3.再度ジャガイモをひっくり返します(もう少し深く切り込みを入れたいと思ったら、このタイミングでどうぞ)。

4.ジャガイモにオリーブオイルを塗り、塩を少々振ります。

5.ジャガイモをアルミホイルに載せ、220度のオーブンに入れて30分間焼きます。

6.30分間焼いたあと、ジャガイモのてっぺんに再度オリーブオイルを塗り、塩をもう少々振りかけます。

7.ジャガイモをオーブンに戻し、もう30分焼きます。

8.お好みで、すりおろしたチーズをトッピングするのもオススメ。その場合、チーズが溶けるようにもう5分焼きましょう。

9.ジャガイモをオーブンから取り出してお皿に載せ、お好みでカリカリのベーコンを加えれば、ボリューム満点のベイクドポテトの完成!

食事のサイドメニューとしてはもちろん、おやつや小腹が空いたときにもオススメのベイクドポテト。たまにはカロリーを気にせず、自分へのご褒美として作ってみては?

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
料理レシピ
シェア
【レシピ】子どもの頃を思い出す、あのやさしい味
柔らかく煮込まれた豚肉がおいしい!
料理レシピ
シェア
【レシピ】少しの材料でおいしいパスタのできあがり
シンプルなのに味わい深い!
秋キャンプにオススメ!パンで作る「超簡単ピザブレッド」
料理レシピ
シェア
秋キャンプに!パンで作る「簡単ピザ」が美味しそう
アウトドアでも、ピザ生地を使わなくても、ピザは作れる!
料理レシピ
シェア
【レシピ】ミンチ肉を使わないレシピ
ベーコンとソーセージを巻きます。
揚げずにサクサクのクランブル/さつまいものチーズコロッケ風/サクサク焼き野菜
料理レシピ
シェア
モデルだって揚げ物が食べたい!
芳ばしくってサクサク!なのにヘルシー♡
料理レシピ
シェア
【レシピ】手軽にできちゃうグラタン
小麦粉なしのホワイトソース
余り物の野菜のアレンジレシピ
料理レシピ
シェア
モデルがリアルに実践!体型にもお財布にもやさしい料理術
家に余っている野菜たちを無駄なく、おしゃれレシピに活用するには?
料理レシピ
シェア
簡単おいしい♡オードリー・ヘップバーンのパスタレシピ
オードリーが定番メニューとして作り続けた、「スパゲッティ・アル・ポモドーロ」をご紹介!
料理レシピ
シェア
【レシピ】お鍋の翌日の便利なひと品
残った野菜がおいしく変身
料理レシピ
シェア
【レシピ】しゃきしゃきの切り干し大根とツナが相性抜群!
食べやすく、手軽でおいしい