寝室にはバイ菌がいっぱい!?知っておきたい事実と対処法

洗濯や掃除は小まめにしよう!

人気の記事

私たちが毎晩睡眠をとる場所が、実は細菌やダニだらけだと言われたら…?  寝室に関する"衝撃の事実"とその対処法を、コスモポリタン イギリス版から紹介します!

1.私たちは毎晩150万匹のダニと一緒に寝ている

この事実にぞっとしてしまった人に良いお知らせが。米国の消費者商品査定研究所グッド・ハウスキーピング協会のクリーニング部門ディレクター、キャロリン・フォルテ氏いわく、朝起きたときに布団やシーツを広げておくと、湿気が蒸発して空気が通り、ダニさんたちの増殖を押さえられる可能性があるとのこと。ぐちゃぐちゃっとしておかないように。

ADの後に記事が続きます

2.部屋の絨毯には、トイレの4000倍の細菌が宿っている

フォルテ氏いわく、絨毯をお手入れするには、週に1度は掃除機をかけるのがオススメなのだとか。「掃除機をかけないと、重めのホコリは深くまで入り込み、表面は軽いホコリに覆われてしまいます」。

3.何年も使い続けている枕にも、チリダニやはがれ落ちた皮膚が

たとえば約280グラムの枕は、3年もすればダニや寝ているときにはがれ落ちた角質の重みで、重量が2倍にまでなってしまうんだとか! 枕を清潔に保つには、定期的に洗濯機に放り込むこと。半分に折り畳んで形が元に戻らない場合は、はたくといいそう。

4.マットレスも掃除が必要

英国のマットレス製造会社ドリームズによると、8年使用したマットレスは約280グラム以上の角質が蓄積されているんだとか。フォルテ氏いわく、マットレスの掃除には布団専用掃除機を使って表面と側面、そして可能な限りスプリング部分も掃除機がけするのがオススメとのこと。

5.パジャマにも細菌がいっぱいかも

英国のマットレスメーカー、エルゴフレックス社の調査によると、女性は平均17日間連続で同じパジャマを着用しているそう。基本的に人間の皮膚は日々剥がれ落ちているため、その皮膚細胞がブドウ球菌などのバクテリアの生息地になってしまうことも。それを防ぐためには、「パジャマは3日置きに洗濯するべき」とフォルテ氏。

6.人は寝ながら年間98リットルの汗をかく

となると、湿度の高い部屋はまさに"絶好の細菌繁殖スペース"となり、ニオイも大変なことに。フォルテ氏によると、このニオイ対策としてマットレスに除菌スプレーをかけるといいのだとか。布類専用スプレーなら安心して使えるし、ニオイ消し効果も抜群。

7.ペットと寝ると病気になる危険性も…

オーストラリア チャールズ・スタート大学の獣医学専門家ジェイン・ヘラー教授いわく、ペットとの接触も、細菌感染のリスクを伴うそう。週に1回以上布団やシーツを洗うか、ペットには別の寝床を用意してあげるのがよさそう。

この翻訳は、抄訳です。

Translation: 名和友梨香

COSMOPOLITAN UK

コメントする

Read Next:
意外と大変?海外の「ルームシェア」あるある15
ライフスタイル
シェア
楽しいことばかりじゃない?海外のルームシェアあるある
トイレに行くだけで緊張感が…
母は強し!子供ができると気にしなくなる9のこと
ライフスタイル
シェア
構ってられない!母になると気にしなくなる9のこと
優先順位がガラリと変わる!
ライフスタイル
シェア
モデルのテイラー行きつけ!東京のヴィーガンレストラン3選
YouTuberとして世界的人気を誇るテイラー。美の秘訣は食にあり!
30歳までの5年間をより良く生きるには…?
ライフスタイル
シェア
25歳から30歳の5年間、どう過ごす?
必死に努力?安定してた? フランス人女子のリアルストーリー
「子供がすべて」だった私に、女友達が教えてくれたこと
ライフスタイル
シェア
自分も大切に!「子供がすべて」にならないためのヒント
完璧を目指さなくても大丈夫。
30代になってわかった、人生の「いいこと」15
ライフスタイル
シェア
大人ってステキ!30代になって「よかったこと」15
年を重ねるって楽しい!
女性が体を鍛えることへの批判に、インドの女優が反論!
ライフスタイル
シェア
「男らしすぎる身体」と言われた女性の反論がカッコイイ
「私がジムに行くのは、"誰か"のために理想のスタイルを手に入れるためじゃないの」
フランスの専門家が教える「風水」の取り入れ方
ライフスタイル
シェア
基本中の基本!部屋に取り入れたい簡単「風水」
部屋をアレンジして、ポジティブに!
まさに"猫の楽園"?ハワイの「猫シェルター」がすごい
ライフスタイル
シェア
行きたい!500匹の猫と遊べる施設 in ハワイ
気に入ったら飼うこともできるんだとか。
産婦人科ナースが教える、出産前に知ってほしい13のこと
ライフスタイル
シェア
産婦人科ナースが教える、出産前に知ってほしい13のこと
知っておくだけで慌てなくて済むことも。