朝を快適に!すっきり目覚める5つの方法

専門家が教える、快適に朝を迎えるコツとは?

人気の記事

「早起き」を新年の抱負に定めてみても、達成されたことは未だかつてない。できるだけ長く寝ていたい…。

「早起きできる秘訣があったら知りたい!」という眠り姫たちのために、コスモポリタン アメリカ版から、臨床心理士で<NYC Sleep Doctorの設立者、そして『The Good SleeperThe Essential Guide to Sleep for Your Baby (and You)(よい眠り:赤ちゃんとあなたのための快眠ガイド/原題)』の著者でもある、ジャネット・K・ケネディ博士のアドバイスを紹介。

1.徐々に慣らす

ケネディ博士によると、「早い時間に起きるためには、毎日早く寝ることです。まず目覚まし時計を適当な時間にセットしますが、8時半起床からいきなり5時起床に変えるのは無理があります。前の週より30分ずつ早めていきましょう。スヌーズ機能は使わないように。体が早起きに適応すると、就寝時間も自然と早くなります」とのこと。

週末に飲み会などがあると、睡眠サイクルを一定に保つのは難しいけれど、アメリカ国立睡眠財団も、「体内時計を正常に保つためにはサイクルを崩さない」ことを推奨しているそう。

2.寝る前にPCやスマホは見ない

ケネディ博士によると、「夜は特に、ネットサーフィンやSNS、メールにハマりがち。でも刺激が強すぎて、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を抑えてしまいます。PCやスマホは、頭を落ち着かせるために就寝時間の少なくとも1時間前には止めましょう。仕事のメールチェックも、夜中に見たところで対応できることは少ないはずなので、翌朝まで待つのがおすすめです」。

3.新鮮な空気を吸って運動する

なぜ寝付きをよくするために運動が推奨されるのか。ケネディ博士いわく「新鮮な空気と日光がエネルギーを高め、体内のメラトニンの分泌を抑える」からなのだとか。つまり運動は、体のリズムを作る24時間周期を保つといわれている)ので、大事な会議の前の晩に心配で寝付けない、なんてことも少なくなるそう。

国立睡眠財団は体内時計のリズムを保つために、日中のコーヒーの飲みすぎや、仕事後の一眠りの習慣を減らすことも勧めているそう。「カフェインはほどほどなら良いですが、摂りすぎは中毒になる恐れがあります」とケネディ博士。

4.環境を整える

体のリズムを整えるために、欧米では一般的な電球から、日光に合わせて明るさを調節できるスマート電球に切り替える人も出てきているのだとか。また、国立睡眠財団は寝つきをよくするために、「寝る前は照明を暗めにし、室温を16度から20度と低めに設定する」ことを推奨しているそう。

ケネディ博士は、「ベッドサイドにコップ1杯の水を置いて、朝アラームが鳴ったらすぐに飲むようにすると、脱水による疲労感が減少します」とも。

5.体が必要とする睡眠時間を知る

「平均7~8時間の睡眠が最適」とよく聞くけど、それは万人に当てはまるの? ケネディ博士の答えはノー。「絶対的なルールはありません。むしろルールに従おうとする方が逆効果。時間にこだわりすぎると眠れずにイライラすることになり、かえって問題を作り出してしまいます。健康な人はよく眠れるし、すぐに寝つけるもの。そして大体同じ時間に目覚めるなら、その人は十分な睡眠が取れているということになるでしょう」とのこと。

※この翻訳は、抄訳です。

TranslationYuko Oguma

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
子育てママに贈る、自分を大切にするためのアドバイス10
ライフスタイル
シェア
子育てママに贈る、自分を大切にするためのアドバイス10
楽しく生き生きと子育てするために!
大人だからこそわかる、人生の大事な教訓10選
ライフスタイル
シェア
大人になってから知る、「人生のリアリティ」10
10代のうちから知っておきたかった…。
ライフスタイル
シェア
新潟からヘルシンキへ。挑戦を続ける「田中亜土夢」という生き方
プロ10年目で海外移籍の決断。フィンランドで活躍するイケメンサッカー選手の生き様とは?
イスクラ・ローレンスが二段腹を公開!その理由は…?
ライフスタイル
シェア
人気モデルが「二段腹」を公開!そのメッセージに共感の嵐
プラスサイズモデル、イスクラ・ローレンスが投稿!
ライフスタイル
シェア
本当は教えたくない...喜ばれるプレゼントリスト5
コスモ編集長オススメ。
原因はこれだった!?あなたを怠けさせる家の中のもの7
ライフスタイル
シェア
原因は家の中に!?あなたのやる気を奪う7つのもの
確かに、思い当たる節がいろいろと…。
ライフスタイル
シェア
研究で判明!食材と調理法で、長生き指数が上がる!?
ヘルシーな人生を送るために♡
ミス・カナダが発信する、「自分を愛すること」の大切さ
ライフスタイル
シェア
ミス・ユニバース カナダ代表が、体型への批判に喝!
「真の美しさと自己肯定は、心の持ちようを変えることから始まるんです」
ライフスタイル
シェア
【SNAP】パリのミレニアル世代を突き動かした「言葉」って?
自分の選んだ道を謳歌するパリのミレ二アル世代に突撃インタビュー!
ライフスタイル
シェア
【SNAP】NYのミレニアル世代に聞く「自分を変えた言葉」
新しいことを始めるキッカケになったり、人生の軸になっている「言葉」を直撃!