ウンザリ…シングルマザーが聞き飽きた9つのセリフ

「仕事減らして、子どもとの時間つくれば?」

人気の記事

以前に比べて市民権を得たとはいえ、まだまだ日本では珍しいシングルマザー。周りがあれこれ口出ししたくなるのはわかるけど、同じことを何度も言われるのはウンザリするもの。

ここでは、コスモポリタン フィリピン版がまとめた、「シングルマザーが言われたくない9つのこと」を紹介。

1.「どうやってこなしてるの?」

よくこう聞かれるけど、もうひたすらこなしていくしかないの。シングルマザー/キャリアウーマン/運転手/雑用係…、ヒーローでもなんでもないわ。ただやるしかないって感じよ。

2.「父親は誰? その人とは今も円満?」

興味津々になる気持ちとか、心配してくれてるのはわかる。でも、円満じゃなかったらどうだっていうの? そんなのあなたには関係ないでしょ、って言いたい。

3.「男なんていらないわよ! 役立たずだわ」

女はこの手の「役に立たない男」をからかう冗談が好きなもの。それでも、子どもの宿題を見てあげてる間、リビングルームの片付けやちょっとした買い物をしてくれる人がいたらなぁ…って思うわ。

4.「なんでまだシングルなの?」

子どもがいなくても、相手を探すって楽じゃないわよね。まして3歳の子どもがいたりしたら…頼りになって、責任感があって、忍耐強くて、その上で子どもと仲良くしてくれる男性なんて、そうそう見つからないでしょ? ただ楽しいだけの男なんて、シングルマザーにはもう不要なの。

5.「仕事減らして子どもとの時間を作れば?」

そしたら誰が私と子どもの生活費を稼ぐの? もちろんそうしたいのは山々だけど。

6.「どうやって家計をやりくりしてるの?」

そりゃ、頑張って働く以外にないわ。家族がいれば家族に子どもをお願いしながらね。

7.「子どもにとってお手本になる男性が必要じゃない?」

その意見に反対はしない。でもそれが父親である必要がある? おじいちゃんだって、おじさんだって、男の先生だっているわ。

8.「子どもはどこ?」

久しぶりに夜出かけると必ずこれを聞いてくる人がいるんだけど、なんだか「シングルマザーは夜遊びする権利なし」って言われるみたい。私は働き者だけど、たまには息抜きが必要なの。

9.「あなた強いわね!」

「かわいそうに…」って顔して言われるんじゃなければ、褒め言葉なんだけどね。これを言うときは思いっきり笑顔で元気に言ってほしいかな。

※この翻訳は抄訳です

Translation:山下英子

COSMOPOLITAN PH

More from Cosmopolitan Japan:
ライフスタイル
シェア
【宮本エリアナ連載vol.9】仕事も恋も。人間関係の悩みを説く。
ついつい人に優しくしてしまう人、注目! エリアナちゃんが読者のお悩みに答えてくれました。
お金を「経験」に使うことで、人は幸せに…!?
ライフスタイル
シェア
「物」より「経験」にお金を使った方が幸せを感じる!?
20年にわたる調査結果により判明!
ライフスタイル
シェア
モデルも夢中!メルボルンのヘルシーなフード文化
進化し続けているメルボルンのヘルシーなライフスタイルの最前線をお届け!
人生を謳歌する海外ママにインタビュー
ライフスタイル
シェア
世界3カ国の「働くママ」事情を大調査!
「まず初めに自分が幸せじゃないと、周囲の人を幸せにできない!」
すごい偶然!同じ日に、同じ病院で出産した姉妹
ライフスタイル
シェア
そんな偶然ある!?同じ日に、同じ病院で出産した姉妹
しかも、生まれた娘たちが双子のようにそっくり…!
タトゥーで作った「ストップモーションアート」
ライフスタイル
シェア
タトゥーで作った「ストップモーションアート」が斬新!
タトゥーが動いてるように見える…!
男性よりも女性の方が「頭の回転が速い」ことが判明!?
ライフスタイル
シェア
研究で判明!女性の脳は、男性の脳よりも優れている!?
なんとなく、そうかなとは思っていたけれど…(笑)。
プロが教える、掃除でつい見落としてしまう10の場所
ライフスタイル
シェア
お掃除のプロが指摘!「掃除で見落とされがちな場所」10
言われてみれば、最後に掃除したのいつだったっけ…
調査で判明!ワーキングマザーの労働時間は「週98時間」!?
ライフスタイル
シェア
調査で判明!ワーキングマザーの労働時間は「週98時間」!?
ママの日常は過酷…
ライフスタイル
シェア
日常をスパイスアップ!刺激が欲しい時にYOUは何する?
仕事も遊びも全力なコスモガールが、自己流のマンネリ脱却法を伝授!