セキララ!出産に立ちあった夫の「本音」10連発

「妻の体に穴があいている!」から「感激で号泣」まで、男性たちの反応はさまざま。

人気の記事

出産は女性にとって痛みをともなう壮絶な経験ですが、出産に立ちあう男性の反応は実にさまざま。「妻も大変だったけど、僕だって疲れたよ」、「ゲ~~、ち、血の海!」といったヒドイ発言をする男性もいる一方で、出産にまつわるすべてのプロセスで妻/パートナーを優しくいたわりつづける男性もたくさんいます。

ADの後に記事が続きます

コスモポリタン アメリカ版では、10人の男性に「出産に立ち会ったときの感想」について直撃。ドン引きするようなコメントからスイートな感想まで、男性の「本音」が分かります…。

1.「我が家の第1子は、ビーフジャーキーみたいな匂いがした」(ジョーダン/32歳)

2.「妻のアソコが、ティッシュ箱の"口"みたいにぱっくり割れていた! 皮膚があんなに伸びるなんて知らなかったよ。助産婦がその場にあった鏡を急いでどけてくれたけど、でも全部見えちゃったんだよね」(ナノ/30歳)

3.「『妻の出産に立ち会うなんてできない。恐ろしくて耐えられない』という意見を何人もの人から聞いたことがあるけれど、まったく理解できないよ。血が怖い? それとも妻が"おもらし"しちゃうのを見たくない? それともその両方? 僕は長女がこの世に生まれてくる瞬間に立ち会ったけれど、下記がそのときの気持ち(時系列)です。

―やばい、感動で涙が止まらない!

―あれ? な、なんで僕の娘が"青い"んだ? 赤ちゃんって青いものなの? なぜ青いのかが分かる医者をすぐに呼ばないと! 娘は大丈夫なのか? あっ、娘が泣き出した! よかった、大丈夫なんだ…(ほっ)。 

―なんてこった! 妻の体から人間が出てきたなんて! ああ、出産が男の役割でなくて本当によかった。もしそうだったら、何千年も前に人類は滅亡していたに決まってる!」

(スティーブン/32歳)

4.「この出産の痛みを味わうのが妻じゃなくて、僕だったらよかったのに! 愛する人が苦しむのをただ見ているしかなくて、しかもその痛みの原因は僕(だって僕の子どもだし)だと思うと、耐えられない」(クレイグ/30歳)

5.「見ているだけで心底疲れ切ってしてしまった。大変な思いをして子どもを産むのは妻であって僕じゃないんだから、こんなこと言うべきじゃないだろうけど…でもこれが本音だよ。出産は約24時間もかかって、ずっと彼女の腰をさすったり、陣痛の間は手を握ったりしいなきゃならなかった。彼女の体を支えるのは本当に大変で途中寝落ちしそうになったし、子どもが生まれたときは僕が倒れるんじゃないかと思ったほど。出産を終えて妻は幸せに満ちた表情をしていたけど、僕は違った。人生でもっとも疲れた出来事だった」(トーマス/31歳)

6.「出産がどんなものなのかわからなかったけれど、何があっても受けとめようと心に決めていた。出産の過程も見届けたし、娘がはじめて呼吸をしたその瞬間もしっかり確認できた。妻の強さは尊敬するしかないよ! 出産に立ちあわない、というオプションは自分にはなかったけど、逃げ出したかったかと聞かれれば、そうだったかも。でもよかった、ちゃんとやりとげた! 出産を経験し夫婦の絆はより強いものになったよ。ああ、でも胎盤を見たときだけは…ショックだった!」(へマン/33歳)

7.「第1子の出産に立ちあうとき、絶対に怖気づかない!と決心して臨みました。あらかじめ出産にまつわる(ちょっと恐ろし目の)エピソードも聞いておき、父親教室にも参加、ビデオでも勉強したうえで『大丈夫。俺の役割なんて、妻に比べたらちっぽけなもの』と自分に言い聞かせました。助産婦に『赤ちゃんを自分で取り上げたい?』と聞かれたので、もちろん!と興奮しながら答えたものの、急に怖くなってしまったのも事実です。『赤ちゃんを落としたらどうしよう?』と心配で…。赤ちゃんの頭が見えきたとき目の前の光景に驚愕しました。小さな赤ちゃんの頭がちょっとずつ出てくるのだと思っていたのですが、実際には『細いストローから大砲が出てくる』ような壮絶さだったんです! オーマイガーッ! でも赤ちゃんはちゃんと出てきてくれました。取り上げた我が子を妻に手渡しへその緒を切った瞬間、突然僕は父親になりました。この日、僕は2つの重要な事実を知りました。その1:息子は、頭の大きい妻の一族の遺伝を継承している。その2:赤ちゃんの誕生は奇跡そのもの!」(ネイサン/37歳)

8.「帝王切開の手術中はカーテンの外側で待っていた。息子がお腹から出てきた後に中に入れてもらい、スタッフが体重を測るところを見ていたんだけど…何気なく妻の方に目をやると、ヒョエ~! 妻の体にものすごく大きな穴があいている! ど、どうして見ちゃったんだろう…!?」(ユージーン/35歳)

「妻が出産している様子を分娩室の外で"聞いて"以来、僕にとって出産の痛みはすべて耳で聞こえたものと結びついています。合計3回の出産、50時間以上の経験から、妻のうめき声の間隔やボリューム、トーンなどによって、今どのぐらい痛いのかがはっきりわかるようになりました。妻が僕よりずっと痛みに強いことは火を見るより明らかです。だって3回も出産するなんて、僕には絶対できませんよ!」(アンディ/32歳)

10.「息子が生まれてきたそのときが、僕がいままで目にしたもっとも感動的で美しい瞬間でした。なぜ世の男性たちが出産から目を背けたり、(出産を見てしまうと)その後妻とロマンチックな関係を築くのが難しいと考えたりするのか理解できません。僕は人によく言うんです。過去には戻れないのだから、出産の写真や動画を削除しては絶対にダメだよって。出産は人生を一変させる、本当に大きな出来事なのです」(チャーリー/34歳)

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:宮田華子

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
体型が違うモデル2人が発信!「ありのままを愛する」方法
ライフスタイル
シェア
体型が違うモデル2人の「自分を愛する」プロジェクト
「女性達を比較するのを止めて、それぞれのありのままの美しさを認めるべき」
体作りは食事から!ヘルシーランチを作り置きするコツ
ライフスタイル
シェア
ヘルシー&節約効果も♡ランチの作り置きテクニック10
栄養の専門家が伝授!
ハーフの本音
ライフスタイル
シェア
海の向こうの日本人:3人のイギリスハーフの生き方
イギリスの北と南に住む3人のティーンに聞いた、リアルライフ。
「SNSデトックス」するときに知っておきたい6つのこと
ライフスタイル
シェア
時には「SNS断ち」が必要な6つの理由
心が疲れたな…、と感じたら。
ライフスタイル
シェア
海外で暮らすのが憧れ♡でも移住生活って実際どうなの?
語学ってどのくらいできたらいいの?費用は?経験者がリアルなところをコメント!
業界に新風を!女性達がデザインしたビールの広告が素敵♡
ライフスタイル
シェア
脱、男性目線!女性がビールの広告デザインを一新
男性手動で作られてきた広告が、一気におしゃれに♪
専門家が解説!生理中、不眠になりがちなのはなぜ?
ライフスタイル
シェア
専門家が解説!生理中の「不眠」が起きる4つの理由
だるいのに眠れない…その原因は?
プロが伝授!レザーバッグをキレイに保つ12の方法
ライフスタイル
シェア
プロ直伝!レザーバッグをキレイに保つ12のコツ
お気に入りのバッグは、長持ちさせたい!
暮らしやすいのはどこ?「世界のベストタウン」15
ライフスタイル
シェア
暮らしやすさでランク付け!「世界のベストタウン」15
海外で暮らすときの参考に♡
30代男女が語る、20代の時にやっておけばよかったこと10
ライフスタイル
シェア
30代が、「20代の時にやっておけばよかった」と思うこと10
もう遅い? いや、まだ間に合う!?