脱毛症の少女が見せた「自分を受け入れる」強さに感動!

人生を受け入れ、楽しみ、闘うことを諦めない7歳の女の子の物語。

人気の記事

アメリカのユタ州セイラムに住むジアネッサ・ライドちゃんは、ストレスによる自己免疫疾患が原因で円形脱毛症にかかった7歳の少女。彼女の母親であるダニエラ・ライドさんが<Yahoo Beauty>に語ったところによると、家族にとってストレスの多かった1年間の後、3週間ほどでジアネッサちゃんの髪はすべて抜けてしまったのだとか。

ADの後に記事が続きます

ジアネッサちゃんにとってこれが辛い出来事だったのは言うまでもないこと。でも、その後に彼女がとった勇気ある行動が話題を呼んでいると、<GoodHouseKeeping>が伝えています。

髪を失った2カ月後の今年3月に、学校主催の「クレージー・ヘア・デイ(奇抜な髪型を競う行事)」を控えていたジアネッサちゃん。娘を参加させてあげたかったダニエラさんは、ある独創的なアイデアを思いついたのだとか。「その前の年は、ユニコーンの角の形にしてあげました。今年は、シールで頭を飾ってあげることにしたんです」。そして、これが大成功。ダニエラさんは、インスタグラムにジアネッサちゃんの写真をアップし、みんなに見てもらうことに。

今日はクレージー・"ヘッド"・デイです! 彼女、ステキでしょう!

写真のジアネッサちゃんは誰が見てもステキだけど、学校でもやはり好評だったよう。「ジアネッサは鏡を見て、『ママ、これすごい!』って」と<Yahoo Beauty>に語ったダニエラさん。「お友達も気に入ったようです」。

ジアネッサちゃんの頭はあまりの人気で、クラスで優勝するほど。さらに、学校は今後「クレージー・ヘア・デイ」を「クレージー・"ヘッド"・デイ」に改称し、髪の毛のない子どもたちもコンテストに参加しやすいようにしたのだとか。素晴らしい!

これについて、ダニエラさんは地元ユタ州のメディア<KSL>に、「あの子は人々が自分でいることに満足して欲しいと思っています。人生を受け入れ、楽しみ、闘いを諦めず、人々の刺激になるようにと願っているんです」とコメント。また、髪が生えてくる可能性は皆無ではないものの、今後ずっと髪のない状態が続くことも覚悟しているそう。幸い、ジアネッサちゃんは今の状態に自信を持っており、世界中の子どもたちを勇気づける存在になっている様子。

Hey everyone, so we went to the doctors for Gianessa today. She has been diagnosed with alopecia areata. It is an auto-immune disease. She had the stomach flu about 1 1/2 weeks before she started losing her hair. The doc said that her body wanted ao badly to fight that virus that it got a little to excited and created antibodies again her hair as well. He said that the pattern in which her hair is falling out, mainly referring to along the hairline in front by her forehead, means she may not ever really grow it back. Also, she has had eczema, which apparently is linked in some way, but I need to look more into that. There is no cure or medication she can take. They can do pill steroids, but once she stops taking them the hair falls out again. Also, they can do steroid injections into the scalp. Neither of these options sits well with Tyler and I so for now we will embrace her new fabulous look. Her asthma has been acting up lately and he immplied that she maybe allergic to dogs or cats or something else now. And if her asthma acts up it sends signals to her body to try and fight something, which in turn aggravates the hair loss. She is still her beautiful, sassy, smart, loving, kind self. And I'm excited to embrace this and have fun trying new things with her. This girl is fierce and brave, way more so than I could have ever imagined. I love her more than anything. #alopecia #alopeciaareata #brave #baldisbeautiful #nohairdontcare #youthinkyourehavingabadhairday

A post shared by Daniella Wride (@daniellawride) on

みなさん、こんにちは。今日はジアネッサをお医者さんに連れて行きました。娘は円形脱毛症と診断されています…彼女の髪の抜け方だと、もう二度と生えてくることはないと考えられるそうです…彼女に行えるような医療措置はありません。ステロイドを服用することはできるけど、止めたらまた髪が抜けるそうです。毛根にステロイド注射を打つこともできるそうですが、どちらの選択も私たちにはしっくり来ないので、彼女の新しい、素敵なスタイルを受け入れることにしました。

ぜんそくも最近ひどくなっていて、犬かネコか他のものにもアレルギー反応を示している可能性があると言われました。ぜんそくが悪化すると、敵をやっつけようとして体が免疫反応を示し、抜け毛を促進するようです。

それでも、この子は美しくて、おしゃまで、賢くて、愛情深くて、親切な子のままです。私が想像することもできなかったぐらい、負けず嫌いで勇敢です。私は彼女を何よりも愛しています。

ダニエラさんは<Yahoo Beauty>に対して、「私たちは毛のない頭を楽しみ、おしゃれをしています」と発言。たしかに、おしゃれをしたジアネッサちゃんの誇らしげな顔が、それを証明していますね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

Good Housekeeping

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ライフスタイル
シェア
旅行中、モデルはどう体重管理してる?5日間の食事を全部見せ!
バカンスでの"うっかり体重増え"を防ぐコツとは…?
ライフスタイル
シェア
モデル歴12年!木下ココの連載がコスモポリタンで読める♡
30代になって木下ココが感じること、これからの挑戦とは?
ライフスタイル
シェア
実践!「海外で働く」ってこんなこと〜フランス編①〜
フランス人のリアルな文化とコミュニケーション方法って?
あるママのポジティブな「ボディイメージ」教育が素敵♡
ライフスタイル
シェア
あるママの「ボディイメージ」教育に共感の嵐!
「誰にだって脂肪はあるわ。ただ、量がちがうだけ」
子育てパパの「男子トイレにまつわる提案」が素晴らしい!
ライフスタイル
シェア
お見事!子育てパパの「男子トイレにまつわる提案」
たしかに、オムツ交換台って女性用トイレにしかないかも…
毎日使うタオルやシーツ、どのタイミングで洗うべき?
ライフスタイル
シェア
専門家に聞いた!タオルやシーツの「洗濯頻度」の見極め方
ニキビや吹き出物に悩んでいるという人は、「枕カバー」が原因かも!?
想定外の連続!ママ8人が「双子を育ててみて知ったこと」
ライフスタイル
シェア
双子のママ激白!誰も教えてくれない「双子育児」のリアル
眠れない辛さも、授乳の大変さも2倍!
ピザ屋が教える、冷えたピザを美味しく温める方法/美味しそうなビザ
ライフスタイル
シェア
ピザ屋さん直伝!冷えたピザを美味しく温める方法
パーティの翌日の、余ったピザも!
「スマホいじり」が、2人の関係に及ぼす悪影響
ライフスタイル
シェア
「スマホいじり」がカップルをダメにする!?専門家が警告
携帯のスイッチを切って、相手の目を見よう
SNSの「友達」は本物?写真家が試した壮大プロジェクト
ライフスタイル
シェア
SNSの「友達」って本物?写真家の友達訪問プロジェクト
ある写真家が5年かけて、Facebook上の626人の「友達」全員を訪ねてみた結果…