脱毛症の少女が見せた「自分を受け入れる」強さに感動!

人生を受け入れ、楽しみ、闘うことを諦めない7歳の女の子の物語。

人気の記事

アメリカのユタ州セイラムに住むジアネッサ・ライドちゃんは、ストレスによる自己免疫疾患が原因で円形脱毛症にかかった7歳の少女。彼女の母親であるダニエラ・ライドさんが<Yahoo Beauty>に語ったところによると、家族にとってストレスの多かった1年間の後、3週間ほどでジアネッサちゃんの髪はすべて抜けてしまったのだとか。

ADの後に記事が続きます

ジアネッサちゃんにとってこれが辛い出来事だったのは言うまでもないこと。でも、その後に彼女がとった勇気ある行動が話題を呼んでいると、<GoodHouseKeeping>が伝えています。

髪を失った2カ月後の今年3月に、学校主催の「クレージー・ヘア・デイ(奇抜な髪型を競う行事)」を控えていたジアネッサちゃん。娘を参加させてあげたかったダニエラさんは、ある独創的なアイデアを思いついたのだとか。「その前の年は、ユニコーンの角の形にしてあげました。今年は、シールで頭を飾ってあげることにしたんです」。そして、これが大成功。ダニエラさんは、インスタグラムにジアネッサちゃんの写真をアップし、みんなに見てもらうことに。

今日はクレージー・"ヘッド"・デイです! 彼女、ステキでしょう!

写真のジアネッサちゃんは誰が見てもステキだけど、学校でもやはり好評だったよう。「ジアネッサは鏡を見て、『ママ、これすごい!』って」と<Yahoo Beauty>に語ったダニエラさん。「お友達も気に入ったようです」。

ジアネッサちゃんの頭はあまりの人気で、クラスで優勝するほど。さらに、学校は今後「クレージー・ヘア・デイ」を「クレージー・"ヘッド"・デイ」に改称し、髪の毛のない子どもたちもコンテストに参加しやすいようにしたのだとか。素晴らしい!

これについて、ダニエラさんは地元ユタ州のメディア<KSL>に、「あの子は人々が自分でいることに満足して欲しいと思っています。人生を受け入れ、楽しみ、闘いを諦めず、人々の刺激になるようにと願っているんです」とコメント。また、髪が生えてくる可能性は皆無ではないものの、今後ずっと髪のない状態が続くことも覚悟しているそう。幸い、ジアネッサちゃんは今の状態に自信を持っており、世界中の子どもたちを勇気づける存在になっている様子。

Hey everyone, so we went to the doctors for Gianessa today. She has been diagnosed with alopecia areata. It is an auto-immune disease. She had the stomach flu about 1 1/2 weeks before she started losing her hair. The doc said that her body wanted ao badly to fight that virus that it got a little to excited and created antibodies again her hair as well. He said that the pattern in which her hair is falling out, mainly referring to along the hairline in front by her forehead, means she may not ever really grow it back. Also, she has had eczema, which apparently is linked in some way, but I need to look more into that. There is no cure or medication she can take. They can do pill steroids, but once she stops taking them the hair falls out again. Also, they can do steroid injections into the scalp. Neither of these options sits well with Tyler and I so for now we will embrace her new fabulous look. Her asthma has been acting up lately and he immplied that she maybe allergic to dogs or cats or something else now. And if her asthma acts up it sends signals to her body to try and fight something, which in turn aggravates the hair loss. She is still her beautiful, sassy, smart, loving, kind self. And I'm excited to embrace this and have fun trying new things with her. This girl is fierce and brave, way more so than I could have ever imagined. I love her more than anything. #alopecia #alopeciaareata #brave #baldisbeautiful #nohairdontcare #youthinkyourehavingabadhairday

A post shared by Daniella Wride (@daniellawride) on

みなさん、こんにちは。今日はジアネッサをお医者さんに連れて行きました。娘は円形脱毛症と診断されています…彼女の髪の抜け方だと、もう二度と生えてくることはないと考えられるそうです…彼女に行えるような医療措置はありません。ステロイドを服用することはできるけど、止めたらまた髪が抜けるそうです。毛根にステロイド注射を打つこともできるそうですが、どちらの選択も私たちにはしっくり来ないので、彼女の新しい、素敵なスタイルを受け入れることにしました。

ぜんそくも最近ひどくなっていて、犬かネコか他のものにもアレルギー反応を示している可能性があると言われました。ぜんそくが悪化すると、敵をやっつけようとして体が免疫反応を示し、抜け毛を促進するようです。

それでも、この子は美しくて、おしゃまで、賢くて、愛情深くて、親切な子のままです。私が想像することもできなかったぐらい、負けず嫌いで勇敢です。私は彼女を何よりも愛しています。

ダニエラさんは<Yahoo Beauty>に対して、「私たちは毛のない頭を楽しみ、おしゃれをしています」と発言。たしかに、おしゃれをしたジアネッサちゃんの誇らしげな顔が、それを証明していますね。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

Good Housekeeping

More from Cosmopolitan Japan:
「色」が与える影響と、インテリアへの上手な取り入れ方
ライフスタイル
シェア
「色」で部屋はどう変わる?プロが教えるコーディネート術
プロの解説を参考に、賢くカラーを取り入れて♡
感性を刺激する「アート作品」6選
ライフスタイル
シェア
そういう意味なんだ…!感性が刺激されるアート6選
芸術の秋に、自分のクリエイティビティが目覚める!
第2子は「やんちゃ」が多い?研究で傾向が明らかに
ライフスタイル
シェア
なぜ?次男に「やんちゃな性格」の人が多い理由
「次男坊はマイペース」は本当だった?
ライフスタイル
シェア
その道のプロに聞け!?人生相談ができるバー4選
探偵にお坊さん…。家族や友だちには言いづらいことも、ついポロリと話せてしまうかも。
キュンとくる理由があって、お家でヘルメットをつけるある家族
ライフスタイル
シェア
キュン♡ある家族が「家でヘルメット」をつける理由
そこには弟を想う、優しいお姉ちゃんが…
50万人以上の心に刻まれた、あるシングルマザーの告白
ライフスタイル
シェア
50万人以上が共感した、ある子育てママの「涙の訴え」
ADHDを抱える娘を持つシングルマザーが、世間に伝えたかったこと。
ライフスタイル
シェア
「お酒の場での女の嗜み」を女装家ブルボンヌがブッタ斬り!
人間性も色気もお金の使い方も、お酒の場だからこそ出ちゃうもの。アナタはヤラカシてない?
ライフスタイル
シェア
デートで一度は行ってみたい♡都内の絶景ホテルバー6選
それぞれのバーがおすすめする、秋限定カクテルやメニューもお届け♡
ライフスタイル
シェア
コスモガールのバッグを拝見♡ナイトアウトに何持っていく?
ついつい気合いの入る夜遊びに欠かせないアイテムをコスモガールたちに調査!
夜道の携帯使用で、自分が犯罪のターゲットに…?
ライフスタイル
シェア
1人だってナイトライフ充実♡エディターはどう過ごす?
アイデア次第で、退屈な毎日は変えられる♡