【毎日を幸福にするヒント】レトロな雰囲気で写真を楽しむ

どんな風に写っているかわからないのが面白い

人気の記事

こんにちはMakikoです。

編集者になって早20年以上! 編集の仕事を長くしていると自分の生活もエディットしているんだな、と最近つくづく感じるようになりました。

日々の暮らしがちょっぴり幸せになる楽しいこと、素敵なもの、アイディアをご紹介していきます。

私がエディターとしてスタートした頃は、まだカメラはデジタルじゃなくて、撮影現場にいって本番前にはインスタントカメラで事前チェックする時代でした。フォトグラファーが使うプロ用のそれはもちろんちゃんとしたものでしたが、私たちも撮影準備やリサーチに使うのもインスタントカメラ。だからみんな自前のインスタントカメラを持ち歩いていたものです。

ADの後に記事が続きます

ところがデジタルになってから、ものすごいスピードで写真は進化。インスタントカメラって何?という時代に。もちろん現在もチェキのようなインスタントカメラもありますが、昔のインスタントカメラはデザインもとっても素敵でなかなかいいのです。

写真のカメラはSX-70というアメリカのポラロイド社のものです。インスタントカメラで撮影することを「ポラ(ロイド)を撮る」なんていうくらいでしたから、いわばポラロイド社はインスタントカメラの代名詞でもあったんです。デジタルの目覚しい進化でインスタントカメラから撤退をしてしまうという運命になってしまったのですが、今もこのSX-70は根強い人気があり、中古カメラ屋などで出合うことができます。

私もその一人で、10年位前のカメラ屋ではなく、六本木のTSUTAYAで売られているのを見つけて購入。まだかろうじてフィルムが入手できたのでまとめ買いしていましたが、使い切ることができずにしまい込まれたままでした。先日それを見つけて、懐かしくなり、久しぶりに撮影してみました。

フィルムは古くなっていたので、ご覧の通り全体的にアンバー調のものばかりになってしまいました。しかもちゃんと写っていないものがほとんど(笑)。携帯のカメラにすっかり慣れている昨今、ピントを合わせてシャッターを切るという感が鈍っています。けれども失敗作も含め、どれもなかなか良い雰囲気なので、何枚かをピックアップしてフレームにいれれば、いい感じのアートになります。デジタルカメラだとプリントすることも少ないと思いますが、インスタントカメラならその場でプリントされてきますし、唯一無二の感じがアートな感じに。

現在フィルムはオランダのメーカーIMPOSSIBLE社が再生産していますので入手可能です。今やこのフィルムが高級品(8枚で2000円)なので、昔のように何でもかんでも撮影するわけにもいかないのですが、無制限に取れてしまうデジタルカメラに慣れてしまった今、1枚の写真を撮影するのに、思いを込めて、しかもちゃんと写っているかしら?と願いながらシャッターを切ることが、色々な意味で大切なことなのでは、と思ったりもしています。SX-70を愛する人たちの情報サイト「SX-70 FOREVER」には色々な情報が出ているのでチェックしてみてください。

♣ 【毎日を幸福にするヒント】の記事一覧はこちらでチェック

コメントする

Read Next:
ライフスタイル
シェア
余計、太る!?食事を抜くのがダイエットに逆効果なワケ
空腹状態になるのって、いいことないみたい。
ライフスタイル
シェア
挫折や劣等感を越えて。シンガー塩ノ谷 早耶香の「芯の強さ」に迫る
はじめて参加したオーディションで、少女だった彼女が突きつけられた現実とは?
映画みたい!「自分たちで作った島」に住む夫婦が話題
ライフスタイル
シェア
これぞ理想郷?「手造りの島」に住む夫婦がすごい
ノンストレスで自由な生活、憧れる…!
目からウロコ!ポテトの皮を一瞬で剥く裏ワザ
ライフスタイル
シェア
超簡単!ポテトの皮をスルッとむく方法
今までのやり方は"逆"だった!?
唯一無二の味方!両親に打ち明けるべき7つのこと
ライフスタイル
シェア
1人で抱え込む前に!両親に正直に話すべき7つのこと
大人になっても、親とのコミュニケーションを大切に
使い方いろいろ便利なヘアドライヤー
ライフスタイル
シェア
髪以外にも!?「ドライヤー」が役立つ裏ワザ7
固まったジェルライナー、ラベルはがし…「ちょっと困った」に嬉しい。
ライフスタイル
シェア
脱「ぽっこりおなか」!食生活で気を付けるべき4つのこと
セレブお抱えの栄養士が「お腹の張り」の原因と解決策を伝授!
専門家が分析!鼻の形が物語るあなたの「40代」
ライフスタイル
シェア
鼻の形で!?専門家が分析するあなたの未来
鼻でこんなに色々分かるなんて…。
新たな生命と共に…ママ6人の「レインボーベイビー」写真
ライフスタイル
シェア
悲しみを越えて…美しきママ6人の写真に秘められた物語
そこには、共に生きることのできなかった我が子への思いが。
医師も知らない!?「うつ診断」の裏に隠れていた難病とは…
ライフスタイル
シェア
「うつ病」は誤診。私が抱えていた、想定外の難病とは?
5000人に1人の確率でかかる病気なんだとか。