【毎日を幸福にするヒント】手ぬぐいLOVEな日々

使い勝手の良さとかわいいデザインがたくさん

人気の記事

こんにちはMakikoです。

編集者になって早20年以上! 編集の仕事を長くしていると自分の生活もエディットしているんだな、と最近つくづく感じるようになりました。

日々の暮らしがちょっぴり幸せになる楽しいこと、素敵なもの、アイディアをご紹介していきます。

ハンカチに続くは手ぬぐい、です。どれだけ手を拭くものなのが好きなのか。と思われてしまいそうですが。手ぬぐいって本当に便利なんです。

ADの後に記事が続きます

畳むとコンパクトになり、思ったよりもかさばらない。手を拭いてもしっかり水分を吸収してくれる。このしっかり水分を吸収してくれるという安心感と言ったら(笑)。夏はハンカチの代わりに手ぬぐいをいつも携帯。和っぽくならない? という心配は無用です。モダンな柄もたくさんあり、このモダンな柄こそ、実は昔から使われてきた、和の古典的な柄だったりもします。柄の意味を知るのも楽しいものです。

手ぬぐいの主な使い方は、ハンカチ代わり以外では、食器を拭く、ランチョンマットのようにテーブルに敷く、日帰り温泉ではバスタオルの代わりにと万能そのもの! テーブルで手ぬぐいの鮮やかな柄は食卓によく映えるし、横長サイズなのでテーブルセンターのようにつかってもよし、汚れても気軽に洗濯できるのが魅力です。日帰り温泉のバスタオル代わりにするときは2枚持っていけば完璧。私はキャンプにたまに行くのですが、そのときは手ぬぐいを数枚リュックにいれていきます。

そして、外国へ行くときのお土産にも手ぬぐいは選ぶことが多いんです。差し上げた相手の方が自由に使い方を決められるというのも気に入っています。手ぬぐいの歴史を少しひも解けば、なんと奈良時代から登場しているとか。いまのサイズに落ち着いたのは江戸時代。こんな小さな布なのに1000年以上、日本の暮らしの中で受け継がれてきたものと考えるとなんだか特別なものにも思えてきますね。

 さてこれらの手ぬぐいはどこで手に入れるかというと「かまわぬ」のものが多いのですが、代官山にあるお店はとても素敵なので行くと何枚も買ってしまうから気をつけています(すでに20枚くらいは持っています)。オリジナルの手ぬぐいもオーダーできるので、結婚式の引き出物に使うひとも多いようですよ。

♣【毎日を幸福にするヒント】の記事一覧はこちらでチェック

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ライフスタイル
シェア
後悔しない人生を!性が変われど揺るがない「KABA.ちゃんの信念」
「棺桶に入った時に『こんなに変わっちゃったのね』って言われてもいいの」
人生一度きり!「30歳前に100カ国」を達成した女子が話題
ライフスタイル
シェア
人生一度きり!アメリカ女性が30歳前に100カ国訪問を達成
見てたら旅がしたくなる?
「障がいは個性!」を広めるSNSのハッシュタグが話題に
ライフスタイル
シェア
「障がいは個性!」を広めるSNSのハッシュタグが話題に
「障がいは、私の一部ではあるけれど、すべてではありません」
ズボラ女子の汚部屋
ライフスタイル
シェア
人には言えない…女子が部屋でやってるズボラ行動15
外ではどんなに気を遣っていても…
子供ができても、男性の「睡眠時間」は減らない!?
ライフスタイル
シェア
子供がいても、男性の「睡眠時間」は変わらない!?
ちなみに女性は半数以上が睡眠不足に陥るそう…
ライフスタイル
シェア
新生活に加えたい♡ディプティックの新型ディフューザー
フランス初のフレグランスブランドから、オブジェのような砂時計型ディフューザーが登場!
知りたい!エリザベス女王の1日の食事メニュー
ライフスタイル
シェア
エリザベス女王の、1日の食事メニューを覗き見!
さすが女王、イメージを裏切らない♡
お風呂で女子がやりがちなズボラ習慣
ライフスタイル
シェア
今すぐストップ!お風呂でやりがちなズボラ習慣9
「みんなやってるんだ」って安心しちゃダメ(笑)!
専門家が指摘!間違った「二日酔い対策」10
ライフスタイル
シェア
専門家が指摘!間違った「二日酔い対策」10選
吐けばいい…わけじゃなかった!
家賃はいくら?アメリカ女子13人の「住宅事情」
ライフスタイル
シェア
働くアメリカ人女子13人の、気になる「家賃」は?
やはり海外は、ルームシェア率が高い…?