"汚部屋"が、知性と想像性を刺激する理由って?

ベッドはぐちゃぐちゃのままで出かけちゃおう!

人気の記事

きちんと掃除と整頓がなされた家は、住人にとってもゲストにとっても気持ちのいいもの。掃除と整頓がデキる人は仕事もプライベートも嫌味なほど完ぺきにこなす確率が高いだろうし。その反面、だらしない人は、そんな人たちを目の当たりにして自己嫌悪におちいり、「自分もきちんとした生活をしなきゃ!」とプレッシャーを感じがちでは? でも、そんなあなたに朗報となる記事をコスモポリタン イギリス版からお届けします。

ADの後に記事が続きます

結論から言うと、掃除や片付けをする必要なんて、ナシ! ミネソタ大学が行った研究の結果、部屋の汚い人は知性が高い上、創造性も高いことが判明。だから、部屋がぐちゃぐちゃだって、正々堂々としていればいいということ。

研究によると、汚部屋の住人と整理整頓派の人は同じ数のアイデアを生み出したものの、散らかった環境(例:服が床、机などに脱ぎ捨てられ、書類が散乱するあなたの部屋)にいる人は、よりクリエイティブでおもしろいアイデアを浮かべたんだとか。

さらに、定評のある既成品と個性的なコンセプトを持つ新製品のどちらを選ぶか聞かれた場合、汚部屋に住む人は新製品を選ぶ確率が多いことも判明したそう。それはつまり、彼らは既存の概念にとらわれず、新しいことにチャレンジする意識が高いことを意味している。

またこの研究から、整頓された部屋に住む人は慈善団体に寄付したり、チョコレートの代わりにりんごを食べるなど、「正しい」ことをする傾向が高いということがわかった。

つまり、きれいな部屋に住む人はいわゆる「キチンとした人」だけど、必ずしも生産性が高いわけではないらしい。だったら汚部屋に住んだほうが、よりクリエイティブな考えができるようになるかもしれないってこと!?

では、今日帰ったら、ベッドをあえて整えず、靴下を床に脱ぎ散らしてみて。あなたの創造性が刺激されるかも。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN UK

More from Cosmopolitan Japan:
パリ郊外、女性の新しい暮らし方を体現した家に潜入レポート
ライフスタイル
シェア
潜入!パリ郊外「女性の新しい生き方」を形にした家
コンセプトは一緒に暮らして、キャリアアップ!
ライフスタイル
シェア
ジョージ王子の誕生に、ウィリアム王子は戸惑った?
キャサリン妃が、とあるシングルファーザーと子育ての苦悩について話し合ったそう。
優しさに心打たれる…ダイアナ妃が残した、愛ある名言15
ライフスタイル
シェア
いつまでも記憶に残る…ダイアナ妃の「愛ある名言」15
母として、女性として、1人の人間として。
ライフスタイル
シェア
【宮本エリアナ連載vol.9】仕事も恋も。人間関係の悩みを説く。
ついつい人に優しくしてしまう人、注目! エリアナちゃんが読者のお悩みに答えてくれました。
お金を「経験」に使うことで、人は幸せに…!?
ライフスタイル
シェア
「物」より「経験」にお金を使った方が幸せを感じる!?
20年にわたる調査結果により判明!
ライフスタイル
シェア
モデルも夢中!メルボルンのヘルシーなフード文化
進化し続けているメルボルンのヘルシーなライフスタイルの最前線をお届け!
人生を謳歌する海外ママにインタビュー
ライフスタイル
シェア
世界3カ国の「働くママ」事情を大調査!
「まず初めに自分が幸せじゃないと、周囲の人を幸せにできない!」
すごい偶然!同じ日に、同じ病院で出産した姉妹
ライフスタイル
シェア
そんな偶然ある!?同じ日に、同じ病院で出産した姉妹
しかも、生まれた娘たちが双子のようにそっくり…!
タトゥーで作った「ストップモーションアート」
ライフスタイル
シェア
タトゥーで作った「ストップモーションアート」が斬新!
タトゥーが動いてるように見える…!
男性よりも女性の方が「頭の回転が速い」ことが判明!?
ライフスタイル
シェア
研究で判明!女性の脳は、男性の脳よりも優れている!?
なんとなく、そうかなとは思っていたけれど…(笑)。