"汚部屋"が、知性と想像性を刺激する理由って?

ベッドはぐちゃぐちゃのままで出かけちゃおう!

人気の記事

きちんと掃除と整頓がなされた家は、住人にとってもゲストにとっても気持ちのいいもの。掃除と整頓がデキる人は仕事もプライベートも嫌味なほど完ぺきにこなす確率が高いだろうし。その反面、だらしない人は、そんな人たちを目の当たりにして自己嫌悪におちいり、「自分もきちんとした生活をしなきゃ!」とプレッシャーを感じがちでは? でも、そんなあなたに朗報となる記事をコスモポリタン イギリス版からお届けします。

ADの後に記事が続きます

結論から言うと、掃除や片付けをする必要なんて、ナシ! ミネソタ大学が行った研究の結果、部屋の汚い人は知性が高い上、創造性も高いことが判明。だから、部屋がぐちゃぐちゃだって、正々堂々としていればいいということ。

研究によると、汚部屋の住人と整理整頓派の人は同じ数のアイデアを生み出したものの、散らかった環境(例:服が床、机などに脱ぎ捨てられ、書類が散乱するあなたの部屋)にいる人は、よりクリエイティブでおもしろいアイデアを浮かべたんだとか。

さらに、定評のある既成品と個性的なコンセプトを持つ新製品のどちらを選ぶか聞かれた場合、汚部屋に住む人は新製品を選ぶ確率が多いことも判明したそう。それはつまり、彼らは既存の概念にとらわれず、新しいことにチャレンジする意識が高いことを意味している。

またこの研究から、整頓された部屋に住む人は慈善団体に寄付したり、チョコレートの代わりにりんごを食べるなど、「正しい」ことをする傾向が高いということがわかった。

つまり、きれいな部屋に住む人はいわゆる「キチンとした人」だけど、必ずしも生産性が高いわけではないらしい。だったら汚部屋に住んだほうが、よりクリエイティブな考えができるようになるかもしれないってこと!?

では、今日帰ったら、ベッドをあえて整えず、靴下を床に脱ぎ散らしてみて。あなたの創造性が刺激されるかも。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon solutions

COSMOPOLITAN UK

コメントする

Read Next:
子育てママに贈る、自分を大切にするためのアドバイス10
ライフスタイル
シェア
子育てママに贈る、自分を大切にするためのアドバイス10
楽しく生き生きと子育てするために!
大人だからこそわかる、人生の大事な教訓10選
ライフスタイル
シェア
大人になってから知る、「人生のリアリティ」10
10代のうちから知っておきたかった…。
ライフスタイル
シェア
新潟からヘルシンキへ。挑戦を続ける「田中亜土夢」という生き方
プロ10年目で海外移籍の決断。フィンランドで活躍するイケメンサッカー選手の生き様とは?
イスクラ・ローレンスが二段腹を公開!その理由は…?
ライフスタイル
シェア
人気モデルが「二段腹」を公開!そのメッセージに共感の嵐
プラスサイズモデル、イスクラ・ローレンスが投稿!
ライフスタイル
シェア
本当は教えたくない...喜ばれるプレゼントリスト5
コスモ編集長オススメ。
原因はこれだった!?あなたを怠けさせる家の中のもの7
ライフスタイル
シェア
原因は家の中に!?あなたのやる気を奪う7つのもの
確かに、思い当たる節がいろいろと…。
ライフスタイル
シェア
研究で判明!食材と調理法で、長生き指数が上がる!?
ヘルシーな人生を送るために♡
ミス・カナダが発信する、「自分を愛すること」の大切さ
ライフスタイル
シェア
ミス・ユニバース カナダ代表が、体型への批判に喝!
「真の美しさと自己肯定は、心の持ちようを変えることから始まるんです」
ライフスタイル
シェア
【SNAP】パリのミレニアル世代を突き動かした「言葉」って?
自分の選んだ道を謳歌するパリのミレ二アル世代に突撃インタビュー!
ライフスタイル
シェア
【SNAP】NYのミレニアル世代に聞く「自分を変えた言葉」
新しいことを始めるキッカケになったり、人生の軸になっている「言葉」を直撃!