愛のある夫の一言で、「妊娠線」を隠すのをやめた女性

夫が語った、「妊娠線は美しいと思った理由」

人気の記事

妊娠、出産をした後に、今まで体になかった「妊娠線」ができることで戸惑う女性は多いはず。それは海外のインスタグラマーも同じなよう。

コスモポリタン イギリス版>によると、フィットネス・コーチとして働くシャーニー・カイサーさんは、妊娠線ができたため「もう二度とビキニを着ることはない」とさえ考えていたそう。しかし、6人(!!)の子供を持つ彼女は、最近になってその考えを変えたとインスタグラムに投稿。そのきっかけとなったのは、愛する夫の言葉だったよう。

ADの後に記事が続きます

I used to not see the point in exercise because my body was covered in stretch marks. 'what's the point in having a great body if I will never wear a bikini' I'd think. If I was ever invited to the beach or a pool party, I'd always decline. On the odd occasion I couldn't avoid it, I'd stay inside, helping with the food or the cleaning. I would only wear board shorts and t-shirts. I wished so hard that I could one day wear a bikini. Then one day I overheard my loving husband explaining to a bunch of his friends why he thought stretch marks were beautiful. They were a sign of being a woman. They are a result of the great love a mother has, that she would scar her own body to bring a child to life... on and on he explained and the more he talked, the more I got it. I had hated myself for the very reasons he loved me. My body wasn't ruined or disgusting, it had transformed from a selfish girls body into a selfless mothers body and the scars were a symbol of that transition. A daily reminder that I was a mother. I looked at my stretch marks and I felt pride. I felt love. The love of my husband and the love of my children. Each one of them had been nurtured and lived behind those scars for 9 months. I felt pride. I felt love. I felt love for myself. The craziest thing was that when I started to love myself for what I had now, the body I had now, I began to treat myself better. I WANTED to eat healthy. I WANTED to exercise, I WANTED to do the things I loved. Just by changing the way I looked at myself with love and pride instead of hate, I had found the effortless motivation to care for my body. Because of this tiny little shift in mindset, magic happened... I got the body I had always dreamed of. The bikini body that I thought was not ever going to be possible for me after being covered in stretch marks, It has became a reality for me. It started though, with me loving myself first. Being grateful for what I had, not wishing for something better. 👉[see comments for more]👈

A post shared by Sharny and Julius (@sharnyandjulius) on

以前は、体が妊娠線で覆われているのだから、運動なんてしても意味がないと感じていた。 「ビキニを着ないならば、素晴らしい体を持つ意味なんてない」と思っていたの。ビーチやプールパーティーに招待されると、いつも断っていた。たまに仕方なく参加しなければならないときは、部屋の中にとどまり、食事や片付けの手伝いをずっとしていたわ。そいうときはショーツとTシャツを着ていたわ。いつかまたビキニを着ることができたらいいのに…とも思ってた。

そんな風に考えていたある日、愛する夫が"妊娠線は美しいと思った理由"について、彼の友人たちに説明しているのを聞いたの。 「妊娠線は女性である印。母親が持っている偉大な愛の結果で、子供を産むために自分の身体を傷つけた結果だ」 と。私は徐々にその意味を理解したわ。

彼は妊娠線を愛してくれているのに、私自身が妊娠線を理由に、自分を嫌っていたことに気付いたわ。 私の体が台無しになった訳でもなければ、気持ち悪いものでもない。女の子の体から、母の体に変身し、傷跡はその象徴だったの。 母親だということを毎日思い出させてくれる。

妊娠線を見て、誇りと愛を感じたの。夫と子供、自分への愛。子供達は傷跡が残っているお腹に9カ月間育てられていたのよ。 おもしろいことに、自分を愛し始めると、自分自身をよりよく扱うようになったわ。 健康的な食事をしたい、運動をしたい、好きなことをしたいって。

自分への見方を変えたことで、体を気遣うようになったの。 小さな考え方の変化のお陰で、奇跡が起こったの。私が今まで思い描いていたような体になることができたわ。想像していたビキニが似合う体は、妊娠線だらけの私には不可能だと思っていたけど、それを現実させたの。 これは私自身が自分を愛することから始まったの。もっと良いものがほしいと願うのではなく、今持っているものに感謝をすることから。

夫の言葉が、どれだけ彼女の気持ちを変えたのかが感じられる。

母親として、私が幸せであり、エネルギーを持って強い気持ちでいることが、子供たちと共に歩んでいくためには大事。

妊娠線の見方が変わったことで、人生の他のことについても考え方が変わったというシャーニーさん。自分を好きになって前向きに生きていく彼女の姿は、素敵なお手本になるはず♡

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
あるママのポジティブな「ボディイメージ」教育が素敵♡
ライフスタイル
シェア
あるママの「ボディイメージ」教育に共感の嵐!
「誰にだって脂肪はあるわ。ただ、量がちがうだけ」
子育てパパの「男子トイレにまつわる提案」が素晴らしい!
ライフスタイル
シェア
お見事!子育てパパの「男子トイレにまつわる提案」
たしかに、オムツ交換台って女性用トイレにしかないかも…
毎日使うタオルやシーツ、どのタイミングで洗うべき?
ライフスタイル
シェア
専門家に聞いた!タオルやシーツの「洗濯頻度」の見極め方
ニキビや吹き出物に悩んでいるという人は、「枕カバー」が原因かも!?
想定外の連続!ママ8人が「双子を育ててみて知ったこと」
ライフスタイル
シェア
双子のママ激白!誰も教えてくれない「双子育児」のリアル
眠れない辛さも、授乳の大変さも2倍!
ピザ屋が教える、冷えたピザを美味しく温める方法/美味しそうなビザ
ライフスタイル
シェア
ピザ屋さん直伝!冷えたピザを美味しく温める方法
パーティの翌日の、余ったピザも!
「スマホいじり」が、2人の関係に及ぼす悪影響
ライフスタイル
シェア
「スマホいじり」がカップルをダメにする!?専門家が警告
携帯のスイッチを切って、相手の目を見よう
SNSの「友達」は本物?写真家が試した壮大プロジェクト
ライフスタイル
シェア
SNSの「友達」って本物?写真家の友達訪問プロジェクト
ある写真家が5年かけて、Facebook上の626人の「友達」全員を訪ねてみた結果…
カラフルな「レインボーハウス」
ライフスタイル
シェア
おしゃれ!カラフルな「レインボーハウス」がかわいい
見ているだけでもハッピーに!
医師が教える、睡眠を改善するための21の方法
ライフスタイル
シェア
医師が教える、快眠のための夜の過ごし方21
眠れないときにしちゃいけないことって…?
一児とはこう違う!双子の親が心得ておきたい11のこと
ライフスタイル
シェア
一児とどう違う?双子の親が知っておきたい11のこと
セレブ夫妻に双子の赤ちゃん続々誕生!彼らも知りたいはずの双子の育て方の秘訣とは?