先輩ママが語る「母になって気づいたこと」15選

​驚きの連続!産むまではわからなかった、育児のアレコレ。

人気の記事

コスモポリタン アメリカ版が、出産前にはわからなかったこと、子どもを持って初めて経験したことなどを語る15人のママたちの声をピックアップ! 育児中の人や、これからママになる予定の人たちは参考にしてみて。

1.「(子供を産めば)母乳で育てるのは普通で、崇高なことだとも思ってた。だけど実際のところ、赤ちゃんは激しく動き回るし、私はそれを止めるのに精一杯。しかも、おとなしく母乳を飲んでくれない」(ジェニファー/32歳)

ADの後に記事が続きます

2.「やるべきことやそのタイミングもわかっていて、良い母親になれると思っていた私。でもいざ母親になると、自分の決めたことひとつひとつに疑問を持ってしまい、子どもたちを悪い方向へと導いてしまってるかも…と不安になることがあるわ」(アシュリー/29歳)

3.「"駆け引き"っていうのは、もう少し成長した子どもがするものだと思ってた。小さい頃は(母親のいうことを)おとなしく聞いてくれる、ともね。だけどかなり幼い子供と、駆け引きする場面が頻繁にある。例えばご飯を食べたり、お片付けをしたり、寝るってことに対してね。すべてが駆け引きなの」(クリスティン/34歳)

4.「子どもを持とうと思ったら、自然にできるものだと思ってた。でも息子を産むまでの道のりには、涙や怒り、悲しみがあったの。でもその苦しみを経験したからこそ、鏡で自分の体を見て『神様、医学的には難しいと言われたこと(=出産)を経験させてくれて、ありがとう』って思うわ」(クリスティーナ/33歳)

5.「生後2~3週間あたりから、子どもは一晩中眠るものだと信じて疑わなかった。現実に息子がそうなったのは、生まれてから2年後のこと」(ローレン/31歳)

6.「産休を取ることで、リラックスできると思ってた。眠る子どもに寄り添いながら、Netflixであれこれ観たり、新しい料理の作り方も勉強できるとね。だけど私の息子は疝痛(発作性の腹痛)持ちで、常に泣き叫んでた。だからNetflixどころではなく、常にあやしていたの」(カレン/31歳)

7.「息子は私たち親の会話を聞いて、話せるようになると思ってた。だけど子どもの言語能力の発達は、個人差があるみたい。特にバイリンガルの家庭ではね」(サマリー/29歳)

8.「母親になることには、すぐに適応できると思ってた。朝起きて子どもを着替えさせ、朝食を作り、遊ばせて…って具合に。そしてそのルーティーンに掃除なんかも加わるのよね。だけど実際は朝、自分の着替えにすら苦労してたわ!」(ジェニファー/28歳)

9.「子どもを持つことで、自分たちの"人生"が変わるとは認識してた。けどまさか"自分自身"をも変えてしまうなんてね。子どもができてから、以前よりも忍耐強く、楽観的にもなったの。それは私のキャリアにもいい感じに影響してるわ」(エミリー/33歳)

10.「出産後はすぐに子どもがいとおしくなると思ってた。そんなのは、映画でもよく見ていたしね。でも不安や産後うつに悩まされ、(母親になったのは)果たして正しいことだったのかと思いつめることになろうとは、予想もしていなかった。罪悪感や孤独を抱えていたの」(サラ/32歳)

11.「同じ方法で子供たちを育てれば、同じように成長すると思ってた。年の近い息子2人をそうやって育てたけれど、似ても似つかない兄弟になったわ。5歳のアーチー(兄)は計画を立てて先を読み、慎重で、しっかりしている。彼はお兄ちゃんでいることが好きなの。一方、4歳のチャーリー(弟)は気分のアップダウンが激しく、自分の直感で行動する。人に頼るけれど、それは成熟さが足りないからではないの。他人を自分の支配下に置くのが好きだからよ(笑)」(ジャッキー/33歳)

12.「出産後6週間くらいで、出産前の体重に戻ると予想してた。現実は…1年3カ月もかかってしまったわ!」(クリスティ/33歳)

13.「産後うつにかかることもあるとは予想してた。だけど赤ちゃんを窓から投げ落としたいとまで思うとは…。時々そういった気持ちにかられることは珍しくないと聞くけれど、一方で、自分は精神異常者で、ひどい母親なのだとも思ってしまった。同じ経験をした人が、前もって教えてくれていれば良かったのに」(ダリア/25歳)

14.「姪や友だちの子どもを見て、どんな子どもも、似たような動作や行動をするんだと思ってた。それぞれの個性は2~3歳から出始めるともね。だけど2歳の娘はとにかく意思の強い子で、新生児のときから自分の欲しいものを手に入れようと、泣いてばかりいたわ」(ニコール/33歳)

15.「(子どもが生まれても)定期的に友だちと遊ぶと思ってた。だから出産後、仕事からまっすぐ帰宅して息子とゆっくりする方が楽しいなんて、意外だったわ」(カミーユ/34歳)

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
ライフスタイル
シェア
余計、太る!?食事を抜くのがダイエットに逆効果なワケ
空腹状態になるのって、いいことないみたい。
ライフスタイル
シェア
挫折や劣等感を越えて。シンガー塩ノ谷 早耶香の「芯の強さ」に迫る
はじめて参加したオーディションで、少女だった彼女が突きつけられた現実とは?
映画みたい!「自分たちで作った島」に住む夫婦が話題
ライフスタイル
シェア
これぞ理想郷?「手造りの島」に住む夫婦がすごい
ノンストレスで自由な生活、憧れる…!
目からウロコ!ポテトの皮を一瞬で剥く裏ワザ
ライフスタイル
シェア
超簡単!ポテトの皮をスルッとむく方法
今までのやり方は"逆"だった!?
唯一無二の味方!両親に打ち明けるべき7つのこと
ライフスタイル
シェア
1人で抱え込む前に!両親に正直に話すべき7つのこと
大人になっても、親とのコミュニケーションを大切に
使い方いろいろ便利なヘアドライヤー
ライフスタイル
シェア
髪以外にも!?「ドライヤー」が役立つ裏ワザ7
固まったジェルライナー、ラベルはがし…「ちょっと困った」に嬉しい。
ライフスタイル
シェア
脱「ぽっこりおなか」!食生活で気を付けるべき4つのこと
セレブお抱えの栄養士が「お腹の張り」の原因と解決策を伝授!
専門家が分析!鼻の形が物語るあなたの「40代」
ライフスタイル
シェア
鼻の形で!?専門家が分析するあなたの未来
鼻でこんなに色々分かるなんて…。
新たな生命と共に…ママ6人の「レインボーベイビー」写真
ライフスタイル
シェア
悲しみを越えて…美しきママ6人の写真に秘められた物語
そこには、共に生きることのできなかった我が子への思いが。
医師も知らない!?「うつ診断」の裏に隠れていた難病とは…
ライフスタイル
シェア
「うつ病」は誤診。私が抱えていた、想定外の難病とは?
5000人に1人の確率でかかる病気なんだとか。