「おうちでコーヒー」をもっと楽しむ9の裏ワザ

もっとコーヒーが好きになりそう♪

人気の記事

毎日コーヒーを飲むけれど、いつも同じ飲み方ばかり…。

そんなあなたにオススメなのが、コスモポリタン イギリス版が紹介する、コーヒーを楽しむための9の裏ワザ。

普段と違う味わい方ができるのはもちろん、美容にも使える意外な方法も!

1.バリスタのようなスチームミルク入りのコーヒーをおうちで

ミルクを縦長の容器に入れ、少しトロリとするまで泡立てます。それから砂糖をひとつまみ加え、電子レンジで30秒温めてから、再び泡立ててみて。するとミルクが、カフェで出てくるようなラテにぴったりの硬さに!

ADの後に記事が続きます

2.砂糖の代わりにシナモン

砂糖を減らそうとしていても、どうしてもコーヒーに1、2個入れたいと思ったときは、代わりにシナモンを加えてみて。甘くなるのはもちろん、ちょっとスパイシーな風味も味わえます。

3.コーヒーを凍らせてアイスキューブに

それにミルクをかけたら、アイスカフェラテのできあがり。普通の氷を使ったときみたいに水っぽくならないから、本当においしい!

4.自家製シロップは家で作ったほうが安い、しかも超簡単! 

砂糖2カップと水2カップを混ぜてから、お好みでお気に入りのフレーバーを加えてみて。擦りつぶしたラズベリーやバニラエッセンス、キャラメルフレーバーなどがオススメ。

5.てっとり早くエネルギー補給したいなら、コーヒーにひと匙のバター!

ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズが「弾丸コーヒー」と名付けた飲み方がこれ。このコーヒーを飲むとエネルギーがみなぎるらしい。ちなみにハリーは、バターに加えてココナッツオイルもスプーン1杯分入れるそうです。

6.苦みを軽減したいなら、塩を入れてみる

まさかと思うかもしれないけど、コーヒーの苦さを軽減するにはひとつまみの塩が効果的らしい。舌が苦みを感じるのを防ぎ、なめらかな口当たりになるんだとか。

7.挽いたコーヒーかすは、ボディ用スクラブとしてリサイクル

コーヒーかす(小さじ2杯)とココナッツオイル(大さじ1杯)、それから塩(スプーン1杯)を混ぜれば、スクラブのできあがり!

8.普通のコーヒーにベイリーズ(クリームリキュール)を入れると、最高の味に!

9.コーヒーブレイクには"適さない時間"がある

カフェインはストレスホルモンのコルチゾールを増加させると言われていて、そのコルチゾールは朝7時と正午、夜6時くらいに分泌量が上昇するんだとか。ストレス値を上げないためにもコーヒーブレイクは適切な時間を選びましょう。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

参考:ベイリーズ(Bailey's)

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ライフスタイル
シェア
旅行中、モデルはどう体重管理してる?5日間の食事を全部見せ!
バカンスでの"うっかり体重増え"を防ぐコツとは…?
ライフスタイル
シェア
モデル歴12年!木下ココの連載がコスモポリタンで読める♡
30代になって木下ココが感じること、これからの挑戦とは?
ライフスタイル
シェア
実践!「海外で働く」ってこんなこと〜フランス編①〜
フランス人のリアルな文化とコミュニケーション方法って?
あるママのポジティブな「ボディイメージ」教育が素敵♡
ライフスタイル
シェア
あるママの「ボディイメージ」教育に共感の嵐!
「誰にだって脂肪はあるわ。ただ、量がちがうだけ」
子育てパパの「男子トイレにまつわる提案」が素晴らしい!
ライフスタイル
シェア
お見事!子育てパパの「男子トイレにまつわる提案」
たしかに、オムツ交換台って女性用トイレにしかないかも…
毎日使うタオルやシーツ、どのタイミングで洗うべき?
ライフスタイル
シェア
専門家に聞いた!タオルやシーツの「洗濯頻度」の見極め方
ニキビや吹き出物に悩んでいるという人は、「枕カバー」が原因かも!?
想定外の連続!ママ8人が「双子を育ててみて知ったこと」
ライフスタイル
シェア
双子のママ激白!誰も教えてくれない「双子育児」のリアル
眠れない辛さも、授乳の大変さも2倍!
ピザ屋が教える、冷えたピザを美味しく温める方法/美味しそうなビザ
ライフスタイル
シェア
ピザ屋さん直伝!冷えたピザを美味しく温める方法
パーティの翌日の、余ったピザも!
「スマホいじり」が、2人の関係に及ぼす悪影響
ライフスタイル
シェア
「スマホいじり」がカップルをダメにする!?専門家が警告
携帯のスイッチを切って、相手の目を見よう
SNSの「友達」は本物?写真家が試した壮大プロジェクト
ライフスタイル
シェア
SNSの「友達」って本物?写真家の友達訪問プロジェクト
ある写真家が5年かけて、Facebook上の626人の「友達」全員を訪ねてみた結果…