「おうちでコーヒー」をもっと楽しむ9の裏ワザ

もっとコーヒーが好きになりそう♪

人気の記事

毎日コーヒーを飲むけれど、いつも同じ飲み方ばかり…。

そんなあなたにオススメなのが、コスモポリタン イギリス版が紹介する、コーヒーを楽しむための9の裏ワザ。

普段と違う味わい方ができるのはもちろん、美容にも使える意外な方法も!

1.バリスタのようなスチームミルク入りのコーヒーをおうちで

ミルクを縦長の容器に入れ、少しトロリとするまで泡立てます。それから砂糖をひとつまみ加え、電子レンジで30秒温めてから、再び泡立ててみて。するとミルクが、カフェで出てくるようなラテにぴったりの硬さに!

ADの後に記事が続きます

2.砂糖の代わりにシナモン

砂糖を減らそうとしていても、どうしてもコーヒーに1、2個入れたいと思ったときは、代わりにシナモンを加えてみて。甘くなるのはもちろん、ちょっとスパイシーな風味も味わえます。

3.コーヒーを凍らせてアイスキューブに

それにミルクをかけたら、アイスカフェラテのできあがり。普通の氷を使ったときみたいに水っぽくならないから、本当においしい!

4.自家製シロップは家で作ったほうが安い、しかも超簡単! 

砂糖2カップと水2カップを混ぜてから、お好みでお気に入りのフレーバーを加えてみて。擦りつぶしたラズベリーやバニラエッセンス、キャラメルフレーバーなどがオススメ。

5.てっとり早くエネルギー補給したいなら、コーヒーにひと匙のバター!

ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズが「弾丸コーヒー」と名付けた飲み方がこれ。このコーヒーを飲むとエネルギーがみなぎるらしい。ちなみにハリーは、バターに加えてココナッツオイルもスプーン1杯分入れるそうです。

6.苦みを軽減したいなら、塩を入れてみる

まさかと思うかもしれないけど、コーヒーの苦さを軽減するにはひとつまみの塩が効果的らしい。舌が苦みを感じるのを防ぎ、なめらかな口当たりになるんだとか。

7.挽いたコーヒーかすは、ボディ用スクラブとしてリサイクル

コーヒーかす(小さじ2杯)とココナッツオイル(大さじ1杯)、それから塩(スプーン1杯)を混ぜれば、スクラブのできあがり!

8.普通のコーヒーにベイリーズ(クリームリキュール)を入れると、最高の味に!

9.コーヒーブレイクには"適さない時間"がある

カフェインはストレスホルモンのコルチゾールを増加させると言われていて、そのコルチゾールは朝7時と正午、夜6時くらいに分泌量が上昇するんだとか。ストレス値を上げないためにもコーヒーブレイクは適切な時間を選びましょう。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK

参考:ベイリーズ(Bailey's)

More from Cosmopolitan Japan:
パリ郊外、女性の新しい暮らし方を体現した家に潜入レポート
ライフスタイル
シェア
潜入!パリ郊外「女性の新しい生き方」を形にした家
コンセプトは一緒に暮らして、キャリアアップ!
ライフスタイル
シェア
ジョージ王子の誕生に、ウィリアム王子は戸惑った?
キャサリン妃が、とあるシングルファーザーと子育ての苦悩について話し合ったそう。
優しさに心打たれる…ダイアナ妃が残した、愛ある名言15
ライフスタイル
シェア
いつまでも記憶に残る…ダイアナ妃の「愛ある名言」15
母として、女性として、1人の人間として。
ライフスタイル
シェア
【宮本エリアナ連載vol.9】仕事も恋も。人間関係の悩みを説く。
ついつい人に優しくしてしまう人、注目! エリアナちゃんが読者のお悩みに答えてくれました。
お金を「経験」に使うことで、人は幸せに…!?
ライフスタイル
シェア
「物」より「経験」にお金を使った方が幸せを感じる!?
20年にわたる調査結果により判明!
ライフスタイル
シェア
モデルも夢中!メルボルンのヘルシーなフード文化
進化し続けているメルボルンのヘルシーなライフスタイルの最前線をお届け!
人生を謳歌する海外ママにインタビュー
ライフスタイル
シェア
世界3カ国の「働くママ」事情を大調査!
「まず初めに自分が幸せじゃないと、周囲の人を幸せにできない!」
すごい偶然!同じ日に、同じ病院で出産した姉妹
ライフスタイル
シェア
そんな偶然ある!?同じ日に、同じ病院で出産した姉妹
しかも、生まれた娘たちが双子のようにそっくり…!
タトゥーで作った「ストップモーションアート」
ライフスタイル
シェア
タトゥーで作った「ストップモーションアート」が斬新!
タトゥーが動いてるように見える…!
男性よりも女性の方が「頭の回転が速い」ことが判明!?
ライフスタイル
シェア
研究で判明!女性の脳は、男性の脳よりも優れている!?
なんとなく、そうかなとは思っていたけれど…(笑)。