糖尿病のリスクもダウン!健康的に痩せたいなら「ランチ」がカギ

1日のカロリー配分に気を付けるだけなら、試してみたい!

人気の記事
ADの後に記事が続きます

米国臨床栄養学誌『The American Journal of Clinical Nutrition』が紹介した201610月の実験結果によると、同じ食事内容でも、食べるタイミングを少し工夫するだけで、健康的に体重を減らすことができるという。そこでカギとなるのが朝食ではなく、なんと昼食なのだとか。実験に参加したのは、80名の肥満女性。12週間にわたり、半数の女性は昼食、残り半数の女性は夕食に比重をおいた食生活にトライ。その結果、昼食をしっかり摂った女性は平均して5.8kg、夕食をしっかり摂った女性は平均して4.5kgの減量に成功。さらに、昼食に比重をおいた女性の方が、血糖値の上昇が抑えられ、糖尿病のリスクも低下したらしい! この実験はまだ始まったばかりで、さらなる検証が必要とのことだけれど、20136月に発表された、「高カロリーのものを早いタイミングで食べると太りにくい」という調査結果の後ろ盾になったと言えそう。

アメリカ・バーモント州を拠点に、栄養指導やカウンセリングを行う「ホール・ヘルス・ニュートリション」の管理栄養士、レスリー・ランジュバン博士も、昼食をしっかり摂ることで、頑張っても落ちなかった体重を減らすことができると、セレブメディアサイト『ポップシュガー』で語っている。

具体的には、1日の総カロリーの40%を昼食で摂るのがベスト。1日の摂取カロリーが1500kcalの人の場合、昼食に600kcal、残りの900kcalを朝食、夕食、間食に分配するのがおすすめとのこと。カロリー配分で健康的に痩せることができる。専門家もそう話すのだから一度は試してみる価値あり? たまには長めのランチタイムを楽しむのもいいかも!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Reiko Kuwabara

From: Good Housekeeping UK

More from Cosmopolitan Japan:
ライフスタイル
シェア
ラブリに聞いた、クリスマスやお正月の過ごし方って?
家族との旅行や自分へのごほうびも!いつもは多忙なラブリさんもこの時期だけはリラックス♡
ライフスタイル
シェア
メロディー洋子に聞いた、アメリカならではのクリスマスの過ごし方
ハウスパーティにおすすめ!シークレットサンタって知ってる?
ライフスタイル
シェア
新人モデル、シャッツ杏那のホリデーシーズンって?
クリスマスの定番から、小さいころに体験した不思議なエピソードまで語ってもらいました!
日本だけじゃない!公共の場で気をつけたい「マナー違反」
ライフスタイル
シェア
世界共通!?されたらイラっとする「公共マナー違反」9
こういう人、いるいる!
ライフスタイル
シェア
量は同じなのに!?「カロリーオフ」の秘訣を教えるSNSに注目
ちょっとした工夫で、カロリーはこんなに抑えられる!
ママの日常を書くブログで人気を集めるママブロガーが綴った「人を見かけで判断してはいけない理由」
ライフスタイル
シェア
あるママが綴った「人を見かけで判断すべきでない理由」
勝手に、相手を敵対視してる人いない?
ライフスタイル
シェア
モデルは旅行中、どんなごはんを選ぶ?5日間の食事を全部見せ!
自炊できる宿泊先を選ぶのもヘルシーに過ごせるポイント!
童心に返りたくなる♡「ロックペインティング」
ライフスタイル
シェア
童心に返れる♡「ロックペインティング」が楽しそう
大人も子供も一緒に楽しめる!
ライフスタイル
シェア
セレブ御用達、パーソナルトレーナーの食事をチェック!
食生活ならマネできるかも…ブロッコリー、卵、サーモンが人気みたい!
パリ郊外、女性の新しい暮らし方を体現した家に潜入レポート
ライフスタイル
シェア
潜入!パリ郊外「女性の新しい生き方」を形にした家
コンセプトは一緒に暮らして、キャリアアップ!