糖尿病のリスクもダウン!健康的に痩せたいなら「ランチ」がカギ

1日のカロリー配分に気を付けるだけなら、試してみたい!

人気の記事
ADの後に記事が続きます

米国臨床栄養学誌『The American Journal of Clinical Nutrition』が紹介した201610月の実験結果によると、同じ食事内容でも、食べるタイミングを少し工夫するだけで、健康的に体重を減らすことができるという。そこでカギとなるのが朝食ではなく、なんと昼食なのだとか。実験に参加したのは、80名の肥満女性。12週間にわたり、半数の女性は昼食、残り半数の女性は夕食に比重をおいた食生活にトライ。その結果、昼食をしっかり摂った女性は平均して5.8kg、夕食をしっかり摂った女性は平均して4.5kgの減量に成功。さらに、昼食に比重をおいた女性の方が、血糖値の上昇が抑えられ、糖尿病のリスクも低下したらしい! この実験はまだ始まったばかりで、さらなる検証が必要とのことだけれど、20136月に発表された、「高カロリーのものを早いタイミングで食べると太りにくい」という調査結果の後ろ盾になったと言えそう。

アメリカ・バーモント州を拠点に、栄養指導やカウンセリングを行う「ホール・ヘルス・ニュートリション」の管理栄養士、レスリー・ランジュバン博士も、昼食をしっかり摂ることで、頑張っても落ちなかった体重を減らすことができると、セレブメディアサイト『ポップシュガー』で語っている。

具体的には、1日の総カロリーの40%を昼食で摂るのがベスト。1日の摂取カロリーが1500kcalの人の場合、昼食に600kcal、残りの900kcalを朝食、夕食、間食に分配するのがおすすめとのこと。カロリー配分で健康的に痩せることができる。専門家もそう話すのだから一度は試してみる価値あり? たまには長めのランチタイムを楽しむのもいいかも!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Reiko Kuwabara

From: Good Housekeeping UK

More from Cosmopolitan Japan:
義足で世界に挑む!女性アスリート3人の日常
ライフスタイル
シェア
かっこいい!義足で勝負する女性アスリート3人を直撃
3人が赤裸々に語る、「義足がゆえに大変なこと」と「義足があるからできること」。
女性が暮らす上で「最も安全な世界の大都市」ランキング
ライフスタイル
シェア
女性にとって最も安全vs危険な「世界の大都市」リスト
東京は安全な都市2位にランクイン! では、1位は…?
アメリカの貨物輸送会社UPSのドライバーたちが、毎日各地で出会った動物たちの写真をアップする共通アカウント
ライフスタイル
シェア
毎日各地のワンコと♡運送ドライバーの日常が楽しそう
ドライバーの仕事って、いいかも!
ライフスタイル
シェア
愛で溢れる「バレンタイン」にコスモ女子は何をする?
旅行やおうちデート、お世話になっている方へ感謝するガールも♡
水の上でキャンプができる「水上テント」で楽しそうな女性たち
ライフスタイル
シェア
水の上でキャンプができる!「水上テント」が革新的
いつでもどこでも!ウォーターベッドで眠れちゃう♡
ネットいじめ撲滅へ!元被害者が動画広告に込めた思い
ライフスタイル
シェア
衝撃の実験動画!ネット上での悪口を実生活で言われたら?
あなたはその書き込みを、相手に面と向かって言えますか?
ライフスタイル
シェア
今年のバレンタインは、チョコじゃなくて「スカルプケア」を♡
「バイタリズム」の人気ヘアケアアイテムが、スタイリッシュなバレンタイン限定ギフトになって登場!
ライフスタイル
シェア
話題の人を青田刈り!今インスタでフォローすべき「7人の美女」
女性企業家に若手俳優の彼女も!コスモガール大注目のインスタグラマーをチェック♡
「モデル飯」京都旅 食べまくり
ライフスタイル
シェア
食べまくりでもOK!モデルの京都旅5日間のごはん全部見せ
色々な工夫で体型維持!
フォロワー100万人超!旅がテーマのインスタアカウント8
ライフスタイル
シェア
フォロワー100万人以上!?人気トラベルインスタグラマー8
旅好きな人は必見♡