海外下着ブランドが、56歳のモデルを起用した理由

女性たちが、「未来の自分」を愛せるように。

人気の記事

先月は米週刊誌の水着特集に63歳のモデルが登場したり、パリコレでは「ドリス・ヴァン・ノッテン」が30代~40代のモデルを多数キャスティングするなど、あらゆる年代の女性の美しさに、焦点を当てる動きが活発化している今。

コスモポリタン アメリカ版によると、今度はニュージーランドのランジェリーブランド<Lonely>が、新広告キャンペーンで56歳のモデルを起用したのだとか。

ADの後に記事が続きます

Mercy in her Lulu as part of our new campaign 💓 #LonelyLingerie

A post shared by Lonely Lingerie (@lonelylingerie) on

抜擢されたのは、1980年代にロンドンでキャリアをスタートし、今も現役モデルとして活動するマーシー・ブルワーさん。

今回の広告への出演にあたり、マーシーさんは<Stuff.co.nz>に「美やファッションにおいての基準はまだまだ改革される必要がある」と語っているそう。

美しさの基準は過去にも変わってきたし、今後も変わり続けるでしょう。だから、"現在の基準を変えられない"、ということは無いはずです。新たなる美しさの定義も、きっと見出されるのを待ちわびているはず。

私たちは今、年齢を重ねた女性たちの中に、驚くべき発見ができる時代に差し掛かっていると思うのです。みんながそれを認めないことには、すべての女性たちが、未来を楽しみに生きることができなくなってしまうんじゃないかしら。

実は<Lonely>が美の意識改革に乗り出したのは今回が初めてではなく、昨年のキャンペーンでは、トランスジェンダーモデルを起用したり、様々な体型のモデルを採用したりもしてきたそう。ちなみに今回のマーシーさんの写真は、2017年秋冬キャンペーンのために撮影されたもの。

Mercy for @lonelylingerie by me. That was a nice morning 🥛

A post shared by Harriet Were (@harrywere) on

@lonelylingerie campaign with Mercy. Thank you @lonelylingerie for your ongoing support and love 🌸

A post shared by Harriet Were (@harrywere) on

運動や美容に気をつかい、若々しさを保つのはとても素敵なことだけど、たぶんそれ以上に素敵なのは、「年齢をいくつ重ねても、"今"の自分を受け入れていくこと」――マーシーさんの写真を見ていると、どこからかそんなメッセージが聞こえてきそうです。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:伊藤 由佳里

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
「燃え尽き症候群」を防ぐために、知っておきたい6のこと
ライフスタイル
シェア
「燃え尽き症候群」の6つの兆候と、その対処法
仕事で頑張りすぎていませんか?
妊娠中についやっちゃう…「妊婦あるある」11
ライフスタイル
シェア
大きな声では言えない「妊婦あるある」11選
みんな内緒にしているけど、実は…。
100歳を迎えた双子のおばあちゃん♡誕生日写真がステキ
ライフスタイル
シェア
祝100歳!双子のおばあちゃんの誕生日写真が可愛い♡
最高のプレゼントはお互いの存在?
旅しながら車で暮らす♡素敵な「バンライフ」
ライフスタイル
シェア
旅しながら車で暮らす♡素敵な「バンライフ」インスタ集
一度はやってみたい!
調査で判明!成功者には「内向的な人」が多い!?
ライフスタイル
シェア
海外の調査で分かった、「成功者に多い性格」って?
意外…!
バスルームをおしゃれに彩る、「観葉植物」のアイデア集
ライフスタイル
シェア
メンテも簡単♡バスルームで育てる観葉植物のアイデア
置くだけで、バスルームを簡単アップグレード♡
欲しい!夏のビーチに「刺せる」ワイングラス♡
ライフスタイル
シェア
欲しい!夏のビーチに「刺せる」ワイングラス♡
ビーチ以外でも使えるみたい
ベジタリアンが直面しがちなジレンマ13選
ライフスタイル
シェア
ベジタリアンが友達にわかってほしい12の悩み
ベジタリアンの友人と食事するとき、頭に入れておこう!
カクテルを作るために使えるハーブの栽培
ライフスタイル
シェア
ガーデニングのプロ直伝!「ハーブ栽培」の基礎知識
今年はモヒートがたくさん飲めそう♡
ニューヨークの街角のごみ箱にフラワーアート
ライフスタイル
シェア
神出鬼没!?NYの街角に現れる「フラワーアート」が素敵
ある朝急に現れたら、通勤も楽しくなりそう!