宇宙で"生理"になったら?素朴な疑問を調べてみた

​女性宇宙飛行士たちがとっている対策って?

日本やアメリカをはじめ、女性の宇宙飛行士が続々誕生している今、素朴な疑問がひとつ。宇宙空間で生理になったら、一体どうしてるの?

コスモポリタン アメリカ版が紹介した米『ワシントン・ポスト』の記事によると、「宇宙での生理問題」の起源は、女性宇宙飛行士サリー・ライドが1983年にアメリカ人女性として初めて宇宙に行った頃にさかのぼるんだそう。

ADの後に記事が続きます

「宇宙空間で最初に生理を迎えたのが誰なのか、実のところよくわかっていないの」と言うのは、ライドと同時期に宇宙飛行士に選ばれたレア・セッドン。そして、実際に乗組員として宇宙に行った女性飛行士たちは、「宇宙空間での生理は地上でのそれと同じよ。心配しないで」と語っていたんだとか。

また、宇宙空間を専門にした婦人科医のヴァーシャ・ジェインと、薬理学者のヴァージニア・ワトリングの研究によると、女性宇宙飛行士のほとんどが、宇宙に行く前や滞在中に避妊薬(ピル)を服用しているそう。ピルは通常3週間の服用と、1週間の休薬(偽薬)期間のサイクルで使われるのだけど、女性宇宙飛行士は休薬期間なしに連続で服用しているので、宇宙滞在中に生理を迎えることはないらしい。でもこれって、長期間続いた場合の健康への影響はどうなるの? もしも3年間、火星に行くことになったら? 研究によれば、まだこれほど長期間のピルの服用を試した女性飛行士はいないとのこと。

生理を避ける方法としてはピルの他にも、ホルモン付加型避妊リングや、プロゲステロン(黄体ホルモン)注射にも可能性があるのだとか。ただ、プロゲステロン注射は3カ月効果が持続するとはいえ、同時に骨密度の減少も招きかねないそう。どうやら「宇宙での生理」については、まだまだ研究と実践が必要みたい。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
専門家に聞いた「オシャレで快適な寝室」を作る10のコツ
ライフスタイル
シェア
専門家が伝授!オシャレで快適な寝室の作り方10
ポイントを押さえて、寝室をリラックスできる空間に♡
ライフスタイル
シェア
【宮本エリアナお悩み相談室vol.4】自分のアイデンティティに悩む人へ
韓国人と日本人のハーフとして生まれた読者が抱える悩みをエリアナちゃんに相談!
ライフスタイル
シェア
夫の「妊娠線は美しいと思った理由」が妻の心を変えた!
「ビキニが似合う体は、妊娠線だらけの私には不可能だと思っていたけど…」
冷蔵庫から充電まで!?全てを兼ね備えたテーブルがすごい
ライフスタイル
シェア
冷蔵庫から充電まで!?全てを兼ね備えたテーブルがすごい
1歩もソファから動かなくなりそう(笑)
ライフスタイル
シェア
プラスサイズモデル「子供がいてもセクシーよ」に賛同の声!
テス・ホリデイが投稿した「自分の価値を再認識すべき」というリマインドは、多くのフォロワーの心に響いたよう。
時代を感じる…パリス・ヒルトンと携帯電話、15年の歴史
ライフスタイル
シェア
パリス・ヒルトンで振り返る!携帯電話「15年の歴史」
携帯もさることながら、ファッションの変遷もすごい!
ライフスタイル
シェア
ピンタレストから学ぶ、オシャレなDIYアイデア15♡
ちょっと手を加えるだけでスタイリッシュに!
今すぐ取り入れたい!キッチンの収納アイデア14選
ライフスタイル
シェア
心もスッキリ!キッチンを快適にする14の収納アイデア
見ているだけでもストレス解消になりそう
「母乳で育てると子供が賢くなる」説はホントなの…?
ライフスタイル
シェア
「母乳で育てると子供が賢くなる」説はホントなの…?
最新の調査では、過去の研究論文を覆す結果に…。
試してみたい♡猫を1箇所にじっとさせる不思議な方法
ライフスタイル
シェア
試してみたい♡猫を1カ所にじっとさせる不思議な方法
猫好きさんは、試してみたくなるはず!