宇宙で"生理"になったら?素朴な疑問を調べてみた

​女性宇宙飛行士たちがとっている対策って?

日本やアメリカをはじめ、女性の宇宙飛行士が続々誕生している今、素朴な疑問がひとつ。宇宙空間で生理になったら、一体どうしてるの?

コスモポリタン アメリカ版が紹介した米『ワシントン・ポスト』の記事によると、「宇宙での生理問題」の起源は、女性宇宙飛行士サリー・ライドが1983年にアメリカ人女性として初めて宇宙に行った頃にさかのぼるんだそう。

ADの後に記事が続きます

「宇宙空間で最初に生理を迎えたのが誰なのか、実のところよくわかっていないの」と言うのは、ライドと同時期に宇宙飛行士に選ばれたレア・セッドン。そして、実際に乗組員として宇宙に行った女性飛行士たちは、「宇宙空間での生理は地上でのそれと同じよ。心配しないで」と語っていたんだとか。

また、宇宙空間を専門にした婦人科医のヴァーシャ・ジェインと、薬理学者のヴァージニア・ワトリングの研究によると、女性宇宙飛行士のほとんどが、宇宙に行く前や滞在中に避妊薬(ピル)を服用しているそう。ピルは通常3週間の服用と、1週間の休薬(偽薬)期間のサイクルで使われるのだけど、女性宇宙飛行士は休薬期間なしに連続で服用しているので、宇宙滞在中に生理を迎えることはないらしい。でもこれって、長期間続いた場合の健康への影響はどうなるの? もしも3年間、火星に行くことになったら? 研究によれば、まだこれほど長期間のピルの服用を試した女性飛行士はいないとのこと。

生理を避ける方法としてはピルの他にも、ホルモン付加型避妊リングや、プロゲステロン(黄体ホルモン)注射にも可能性があるのだとか。ただ、プロゲステロン注射は3カ月効果が持続するとはいえ、同時に骨密度の減少も招きかねないそう。どうやら「宇宙での生理」については、まだまだ研究と実践が必要みたい。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
ライフスタイル
シェア
フランス旅行が当たる!フランフラン25周年キャンペーン
エールフランスのペア航空券が当たるチャンス。締め切り間近なのでいますぐ応募して!
30代から20代へ。人生における大切なアドバイス13
ライフスタイル
シェア
30代が20代に贈る、人生の大切なアドバイス13選
人生は一度きりだから。
リビングが落ち着かない…専門家が教える9の対処法
ライフスタイル
シェア
専門家が伝授!あなたのリビングを快適にする9の方法
ちょっとした工夫で、部屋が快適になるかも?
私が会社に行きながら、1年で10カ国旅した方法
ライフスタイル
シェア
会社員として働きながら、1年で10カ国旅する方法
人生にはオンとオフのバランスが大切。
不動産価格が、「もっとも高い世界の都市」トップ10
ライフスタイル
シェア
住むのに「お金がかかる」世界の都市ランキング10
あなたが住みたい街も入ってるかも…?
肌の色が違う!?珍しい双子の赤ちゃんが話題
ライフスタイル
シェア
超レア!肌の色が違う双子の赤ちゃんにネットが夢中♡
双子なのに肌の色が違うのはなぜ…?
まな板も枕も!?こまめに買い替えるべき家庭グッズ7
ライフスタイル
シェア
まな板も枕も!?こまめに買い替えるべき家庭グッズ7
案外見逃しがちなものばかり…
「細い」は褒め言葉?あるプラスサイズモデルの主張
ライフスタイル
シェア
「細い」は褒め言葉?あるプラスサイズモデルの主張
プラスサイズモデルのキャンディス・ハフィンが、「褒め方」にまつわる持論を展開!
ライフスタイル
シェア
新連載!日本の女の子はもっとイケるっ☆
「かわいいプリンセス」じゃ物足りない。これからは「かっこよくてセクシーなクイーン」の時代!
「フェアリーライト」を使ったお部屋コーデ
ライフスタイル
シェア
簡単キレイ♡「フェアリーライト」を使った部屋コーデ術
すぐ真似したい!