宇宙で"生理"になったら?素朴な疑問を調べてみた

​女性宇宙飛行士たちがとっている対策って?

日本やアメリカをはじめ、女性の宇宙飛行士が続々誕生している今、素朴な疑問がひとつ。宇宙空間で生理になったら、一体どうしてるの?

コスモポリタン アメリカ版が紹介した米『ワシントン・ポスト』の記事によると、「宇宙での生理問題」の起源は、女性宇宙飛行士サリー・ライドが1983年にアメリカ人女性として初めて宇宙に行った頃にさかのぼるんだそう。

ADの後に記事が続きます

「宇宙空間で最初に生理を迎えたのが誰なのか、実のところよくわかっていないの」と言うのは、ライドと同時期に宇宙飛行士に選ばれたレア・セッドン。そして、実際に乗組員として宇宙に行った女性飛行士たちは、「宇宙空間での生理は地上でのそれと同じよ。心配しないで」と語っていたんだとか。

また、宇宙空間を専門にした婦人科医のヴァーシャ・ジェインと、薬理学者のヴァージニア・ワトリングの研究によると、女性宇宙飛行士のほとんどが、宇宙に行く前や滞在中に避妊薬(ピル)を服用しているそう。ピルは通常3週間の服用と、1週間の休薬(偽薬)期間のサイクルで使われるのだけど、女性宇宙飛行士は休薬期間なしに連続で服用しているので、宇宙滞在中に生理を迎えることはないらしい。でもこれって、長期間続いた場合の健康への影響はどうなるの? もしも3年間、火星に行くことになったら? 研究によれば、まだこれほど長期間のピルの服用を試した女性飛行士はいないとのこと。

生理を避ける方法としてはピルの他にも、ホルモン付加型避妊リングや、プロゲステロン(黄体ホルモン)注射にも可能性があるのだとか。ただ、プロゲステロン注射は3カ月効果が持続するとはいえ、同時に骨密度の減少も招きかねないそう。どうやら「宇宙での生理」については、まだまだ研究と実践が必要みたい。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

Read Next:
ライフスタイル
シェア
【SNAP】NYのミレニアル世代に聞く「自分を変えた言葉」
新しいことを始めるキッカケになったり、人生の軸になっている「言葉」を直撃!
子育て
ライフスタイル
シェア
リアルだからこそ幸せ♡素敵な夫婦の子育てInstagramが話題
見たら自分の家族が欲しくなっちゃう♡
専門家に聞いた!食べ過ぎた日の「お腹のハリ」対処法
ライフスタイル
シェア
専門家に聞いた!食べ過ぎた日の「お腹のハリ」対処法
まずは食卓から離れ、衣服を緩めてリラックス
ライフスタイル
シェア
余計、太る!?食事を抜くのがダイエットに逆効果なワケ
空腹状態になるのって、いいことないみたい。
ライフスタイル
シェア
挫折や劣等感を越えて。シンガー塩ノ谷 早耶香の「芯の強さ」に迫る
はじめて参加したオーディションで、少女だった彼女が突きつけられた現実とは?
映画みたい!「自分たちで作った島」に住む夫婦が話題
ライフスタイル
シェア
これぞ理想郷?「手造りの島」に住む夫婦がすごい
ノンストレスで自由な生活、憧れる…!
目からウロコ!ポテトの皮を一瞬で剥く裏ワザ
ライフスタイル
シェア
超簡単!ポテトの皮をスルッとむく方法
今までのやり方は"逆"だった!?
唯一無二の味方!両親に打ち明けるべき7つのこと
ライフスタイル
シェア
1人で抱え込む前に!両親に正直に話すべき7つのこと
大人になっても、親とのコミュニケーションを大切に
使い方いろいろ便利なヘアドライヤー
ライフスタイル
シェア
髪以外にも!?「ドライヤー」が役立つ裏ワザ7
固まったジェルライナー、ラベルはがし…「ちょっと困った」に嬉しい。
ライフスタイル
シェア
脱「ぽっこりおなか」!食生活で気を付けるべき4つのこと
セレブお抱えの栄養士が「お腹の張り」の原因と解決策を伝授!