宇宙で"生理"になったら?素朴な疑問を調べてみた

​女性宇宙飛行士たちがとっている対策って?

日本やアメリカをはじめ、女性の宇宙飛行士が続々誕生している今、素朴な疑問がひとつ。宇宙空間で生理になったら、一体どうしてるの?

コスモポリタン アメリカ版が紹介した米『ワシントン・ポスト』の記事によると、「宇宙での生理問題」の起源は、女性宇宙飛行士サリー・ライドが1983年にアメリカ人女性として初めて宇宙に行った頃にさかのぼるんだそう。

ADの後に記事が続きます

「宇宙空間で最初に生理を迎えたのが誰なのか、実のところよくわかっていないの」と言うのは、ライドと同時期に宇宙飛行士に選ばれたレア・セッドン。そして、実際に乗組員として宇宙に行った女性飛行士たちは、「宇宙空間での生理は地上でのそれと同じよ。心配しないで」と語っていたんだとか。

また、宇宙空間を専門にした婦人科医のヴァーシャ・ジェインと、薬理学者のヴァージニア・ワトリングの研究によると、女性宇宙飛行士のほとんどが、宇宙に行く前や滞在中に避妊薬(ピル)を服用しているそう。ピルは通常3週間の服用と、1週間の休薬(偽薬)期間のサイクルで使われるのだけど、女性宇宙飛行士は休薬期間なしに連続で服用しているので、宇宙滞在中に生理を迎えることはないらしい。でもこれって、長期間続いた場合の健康への影響はどうなるの? もしも3年間、火星に行くことになったら? 研究によれば、まだこれほど長期間のピルの服用を試した女性飛行士はいないとのこと。

生理を避ける方法としてはピルの他にも、ホルモン付加型避妊リングや、プロゲステロン(黄体ホルモン)注射にも可能性があるのだとか。ただ、プロゲステロン注射は3カ月効果が持続するとはいえ、同時に骨密度の減少も招きかねないそう。どうやら「宇宙での生理」については、まだまだ研究と実践が必要みたい。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
消防士×子犬♡豪イケメンカレンダー
ライフスタイル
シェア
「消防士×子犬」って!悶絶、豪のイケメンカレンダー
気にならない…わけがない!
ライフスタイル
シェア
1年で最も憂鬱!?「ブルーマンデー」を乗り切る5つの秘訣
サザエさん症候群にも似ている、ブルーマンデーって聞いたことある?
時には自腹を切って、また時にはカラダを張って、編集部員がオススメを紹介する「FROM EDITORS」。今回は、仕事や人間関係に少し疲れた時や、どこか憂鬱な気持ちを切り替えたいときに編集部員が行っている自己流のメンタルヘルスケアをご紹介。自分にしっくりくる方法があるか、是非試してみて!
ライフスタイル
シェア
編集部員が実践!すぐに試せる「自己流メンタルヘルスケア」
憂鬱な気分はこれで解消!
海外itガールのおしゃれインテリア術見本帖
ライフスタイル
シェア
お部屋の印象ガラリ♡海外女子の「おしゃれインテリア」見本帖
今年は、こんなお部屋にしてみよっかな♡ロサンゼルス、ナポリ、パリの女子が教えてくれた「ハイセンスな部屋づくり」のコツって?
心理学者による「クリエイティブな力」を上げる方法6
ライフスタイル
シェア
心理学者が指南!クリエイティブな力を上げる6つの方法
仕事にも好影響
アーティストが描くモダンなディズニープリンセス
ライフスタイル
シェア
かっこいい♡女性が描く現代風「ディズニープリンセス」
オリジナルの雰囲気を残しつつ、現代女子の髪型やファッションが魅力的♡
アメリカ・デトロイト・ノース・ファーミング高校の好きなコスプレで「なりきり学生証」
ライフスタイル
シェア
コスプレで♡ある高校の「なりきり学生証」が楽しげ
昔のドラマやアニメのキャラになりきって♪
美しく、長持ちさせる♡キャンドルの正しい使い方7
ライフスタイル
シェア
美しく、長持ちさせる♡キャンドルの正しい使い方7
キャンドル容器の洗い方ってこんなに簡単にできるの!?
性別で子供を定義しない!ある夫婦の「子育て方針」
ライフスタイル
シェア
性別で子供を縛らない!ある夫婦が選んだ子育て方針
「何を着たいか、どう呼ばれたいかは、すべて息子の自由よ」
窓の外を見つめて悩んでいる様子の女性
ライフスタイル
シェア
なんでなの…?自分だけ「友達が少ない」気がする理由
寂しい思いをしているのはあなただけじゃないみたい。