宇宙で"生理"になったら?素朴な疑問を調べてみた

​女性宇宙飛行士たちがとっている対策って?

日本やアメリカをはじめ、女性の宇宙飛行士が続々誕生している今、素朴な疑問がひとつ。宇宙空間で生理になったら、一体どうしてるの?

コスモポリタン アメリカ版が紹介した米『ワシントン・ポスト』の記事によると、「宇宙での生理問題」の起源は、女性宇宙飛行士サリー・ライドが1983年にアメリカ人女性として初めて宇宙に行った頃にさかのぼるんだそう。

ADの後に記事が続きます

「宇宙空間で最初に生理を迎えたのが誰なのか、実のところよくわかっていないの」と言うのは、ライドと同時期に宇宙飛行士に選ばれたレア・セッドン。そして、実際に乗組員として宇宙に行った女性飛行士たちは、「宇宙空間での生理は地上でのそれと同じよ。心配しないで」と語っていたんだとか。

また、宇宙空間を専門にした婦人科医のヴァーシャ・ジェインと、薬理学者のヴァージニア・ワトリングの研究によると、女性宇宙飛行士のほとんどが、宇宙に行く前や滞在中に避妊薬(ピル)を服用しているそう。ピルは通常3週間の服用と、1週間の休薬(偽薬)期間のサイクルで使われるのだけど、女性宇宙飛行士は休薬期間なしに連続で服用しているので、宇宙滞在中に生理を迎えることはないらしい。でもこれって、長期間続いた場合の健康への影響はどうなるの? もしも3年間、火星に行くことになったら? 研究によれば、まだこれほど長期間のピルの服用を試した女性飛行士はいないとのこと。

生理を避ける方法としてはピルの他にも、ホルモン付加型避妊リングや、プロゲステロン(黄体ホルモン)注射にも可能性があるのだとか。ただ、プロゲステロン注射は3カ月効果が持続するとはいえ、同時に骨密度の減少も招きかねないそう。どうやら「宇宙での生理」については、まだまだ研究と実践が必要みたい。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN US

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
体型が違うモデル2人が発信!「ありのままを愛する」方法
ライフスタイル
シェア
体型が違うモデル2人の「自分を愛する」プロジェクト
「女性達を比較するのを止めて、それぞれのありのままの美しさを認めるべき」
体作りは食事から!ヘルシーランチを作り置きするコツ
ライフスタイル
シェア
ヘルシー&節約効果も♡ランチの作り置きテクニック10
栄養の専門家が伝授!
ハーフの本音
ライフスタイル
シェア
海の向こうの日本人:3人のイギリスハーフの生き方
イギリスの北と南に住む3人のティーンに聞いた、リアルライフ。
「SNSデトックス」するときに知っておきたい6つのこと
ライフスタイル
シェア
時には「SNS断ち」が必要な6つの理由
心が疲れたな…、と感じたら。
ライフスタイル
シェア
海外で暮らすのが憧れ♡でも移住生活って実際どうなの?
語学ってどのくらいできたらいいの?費用は?経験者がリアルなところをコメント!
業界に新風を!女性達がデザインしたビールの広告が素敵♡
ライフスタイル
シェア
脱、男性目線!女性がビールの広告デザインを一新
男性手動で作られてきた広告が、一気におしゃれに♪
プロが伝授!レザーバッグをキレイに保つ12の方法
ライフスタイル
シェア
プロ直伝!レザーバッグをキレイに保つ12のコツ
お気に入りのバッグは、長持ちさせたい!
暮らしやすいのはどこ?「世界のベストタウン」15
ライフスタイル
シェア
暮らしやすさでランク付け!「世界のベストタウン」15
海外で暮らすときの参考に♡
30代男女が語る、20代の時にやっておけばよかったこと10
ライフスタイル
シェア
30代が、「20代の時にやっておけばよかった」と思うこと10
もう遅い? いや、まだ間に合う!?
拒食症とは違う…「選択的摂食障害」って何?
ライフスタイル
シェア
拒食症とは違う…「選択的摂食障害」って何?
「摂食障害」は、拒食症や過食症だけじゃない!