その日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅〜第1弾〜

21歳、日本の女子大生2人がアメリカ横断してみた!

人気の記事

だれしも若気の至りで、無茶なことにチャレンジした経験があるはず。

わたしの無茶なチャレンジは、女2人で全長4000キロ弱もあるアメリカを車で横断したこと。

なんでまたそんなことをしようと思ったかというと、アメリカは21歳が日本でいう成人の歳で、記念に残ることをしたいという思いがあったから。

ADの後に記事が続きます

何に挑戦しようか悩みに悩んで、幼い頃に母が話してくれたアメリカ横断をふと思い出したのです。

わたしがアメリカに長期でいられるのは、大学留学期間のみ。

横断をするなら今しかない!

この絶好のチャンスは逃してはいけない!と思って21歳になった夏休みにいざ実行。

この連載では、おすすめ観光スポットをわたしたちの破天荒なエピソードもお伝えしていきます!

横断を開始したのは、アメリカの独立記念日である7/4。 

この記念するべき日に、21歳の私たちの"独立"に向けての旅もスタート!

最初のおすすめスポットはホワイトサンズ国定記念物

まさにその日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅。
まさにその日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅。

ここでは一面真っ白の完全無音の世界が広がっていています。

周りになにも隔てるものがないので、雨がふっている時は、どこでふっているのかまでわかるほど。

まさにその日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅。

そんな体験を普段できることはないので、最初は感激の嵐!

ここに来ると、日々どれだけの音と物に囲まれて生活しているのかに気づかされると思います。

そして、旅の醍醐味は何と言っても人との出会い。

長旅の中、ようやく探し当てたモーテル。なんとその日はたまたまオーナーの誕生日で、わたしたちをホームパーティに招待してくれました!

まさにその日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅。

テクノロジーが発展してくれたおかげで、海外の人とも簡単にやり取りできるようになった今の時代、"一期一会"なんてことは、もうないかもしれない。

だからこそ、これだけ広い世界なのに偶然同じ時に同じ場所にいて出会えること、同じ空間を共有できることがすごく大事なんだな、と感じた瞬間でした。

新しい人との出会いや関わりは、新しいものの見方、考え方に気が付けるきっかけに。こんな機会に出会うには自分からどんどん外に出ていくのが必要だと学びました。

なかなか思い切ったことができてない人も気持ち次第。小さいことでも勇気を出して、初めの一歩を踏み出してみては?

次回はアメリカの壮大な自然、グラウンドキャニオンと眠らない街、ラスベガスについて!

もっと写真を見たいって人はこちらまで!

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
体型が違うモデル2人が発信!「ありのままを愛する」方法
ライフスタイル
シェア
体型が違うモデル2人の「自分を愛する」プロジェクト
「女性達を比較するのを止めて、それぞれのありのままの美しさを認めるべき」
体作りは食事から!ヘルシーランチを作り置きするコツ
ライフスタイル
シェア
ヘルシー&節約効果も♡ランチの作り置きテクニック10
栄養の専門家が伝授!
ハーフの本音
ライフスタイル
シェア
海の向こうの日本人:3人のイギリスハーフの生き方
イギリスの北と南に住む3人のティーンに聞いた、リアルライフ。
「SNSデトックス」するときに知っておきたい6つのこと
ライフスタイル
シェア
時には「SNS断ち」が必要な6つの理由
心が疲れたな…、と感じたら。
ライフスタイル
シェア
海外で暮らすのが憧れ♡でも移住生活って実際どうなの?
語学ってどのくらいできたらいいの?費用は?経験者がリアルなところをコメント!
業界に新風を!女性達がデザインしたビールの広告が素敵♡
ライフスタイル
シェア
脱、男性目線!女性がビールの広告デザインを一新
男性手動で作られてきた広告が、一気におしゃれに♪
専門家が解説!生理中、不眠になりがちなのはなぜ?
ライフスタイル
シェア
専門家が解説!生理中の「不眠」が起きる4つの理由
だるいのに眠れない…その原因は?
プロが伝授!レザーバッグをキレイに保つ12の方法
ライフスタイル
シェア
プロ直伝!レザーバッグをキレイに保つ12のコツ
お気に入りのバッグは、長持ちさせたい!
暮らしやすいのはどこ?「世界のベストタウン」15
ライフスタイル
シェア
暮らしやすさでランク付け!「世界のベストタウン」15
海外で暮らすときの参考に♡
30代男女が語る、20代の時にやっておけばよかったこと10
ライフスタイル
シェア
30代が、「20代の時にやっておけばよかった」と思うこと10
もう遅い? いや、まだ間に合う!?