その日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅〜第1弾〜

21歳、日本の女子大生2人がアメリカ横断してみた!

人気の記事

だれしも若気の至りで、無茶なことにチャレンジした経験があるはず。

わたしの無茶なチャレンジは、女2人で全長4000キロ弱もあるアメリカを車で横断したこと。

なんでまたそんなことをしようと思ったかというと、アメリカは21歳が日本でいう成人の歳で、記念に残ることをしたいという思いがあったから。

ADの後に記事が続きます

何に挑戦しようか悩みに悩んで、幼い頃に母が話してくれたアメリカ横断をふと思い出したのです。

わたしがアメリカに長期でいられるのは、大学留学期間のみ。

横断をするなら今しかない!

この絶好のチャンスは逃してはいけない!と思って21歳になった夏休みにいざ実行。

この連載では、おすすめ観光スポットをわたしたちの破天荒なエピソードもお伝えしていきます!

横断を開始したのは、アメリカの独立記念日である7/4。 

この記念するべき日に、21歳の私たちの"独立"に向けての旅もスタート!

最初のおすすめスポットはホワイトサンズ国定記念物

まさにその日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅。
まさにその日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅。

ここでは一面真っ白の完全無音の世界が広がっていています。

周りになにも隔てるものがないので、雨がふっている時は、どこでふっているのかまでわかるほど。

まさにその日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅。

そんな体験を普段できることはないので、最初は感激の嵐!

ここに来ると、日々どれだけの音と物に囲まれて生活しているのかに気づかされると思います。

そして、旅の醍醐味は何と言っても人との出会い。

長旅の中、ようやく探し当てたモーテル。なんとその日はたまたまオーナーの誕生日で、わたしたちをホームパーティに招待してくれました!

まさにその日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅。

テクノロジーが発展してくれたおかげで、海外の人とも簡単にやり取りできるようになった今の時代、"一期一会"なんてことは、もうないかもしれない。

だからこそ、これだけ広い世界なのに偶然同じ時に同じ場所にいて出会えること、同じ空間を共有できることがすごく大事なんだな、と感じた瞬間でした。

新しい人との出会いや関わりは、新しいものの見方、考え方に気が付けるきっかけに。こんな機会に出会うには自分からどんどん外に出ていくのが必要だと学びました。

なかなか思い切ったことができてない人も気持ち次第。小さいことでも勇気を出して、初めの一歩を踏み出してみては?

次回はアメリカの壮大な自然、グラウンドキャニオンと眠らない街、ラスベガスについて!

もっと写真を見たいって人はこちらまで!

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
ライフスタイル
シェア
後悔しない人生を!性が変われど揺るがない「KABA.ちゃんの信念」
「棺桶に入った時に『こんなに変わっちゃったのね』って言われてもいいの」
人生一度きり!「30歳前に100カ国」を達成した女子が話題
ライフスタイル
シェア
人生一度きり!アメリカ女性が30歳前に100カ国訪問を達成
見てたら旅がしたくなる?
「障がいは個性!」を広めるSNSのハッシュタグが話題に
ライフスタイル
シェア
「障がいは個性!」を広めるSNSのハッシュタグが話題に
「障がいは、私の一部ではあるけれど、すべてではありません」
ズボラ女子の汚部屋
ライフスタイル
シェア
人には言えない…女子が部屋でやってるズボラ行動15
外ではどんなに気を遣っていても…
子供ができても、男性の「睡眠時間」は減らない!?
ライフスタイル
シェア
子供がいても、男性の「睡眠時間」は変わらない!?
ちなみに女性は半数以上が睡眠不足に陥るそう…
ライフスタイル
シェア
新生活に加えたい♡ディプティックの新型ディフューザー
フランス初のフレグランスブランドから、オブジェのような砂時計型ディフューザーが登場!
知りたい!エリザベス女王の1日の食事メニュー
ライフスタイル
シェア
エリザベス女王の、1日の食事メニューを覗き見!
さすが女王、イメージを裏切らない♡
お風呂で女子がやりがちなズボラ習慣
ライフスタイル
シェア
今すぐストップ!お風呂でやりがちなズボラ習慣9
「みんなやってるんだ」って安心しちゃダメ(笑)!
専門家が指摘!間違った「二日酔い対策」10
ライフスタイル
シェア
専門家が指摘!間違った「二日酔い対策」10選
吐けばいい…わけじゃなかった!
家賃はいくら?アメリカ女子13人の「住宅事情」
ライフスタイル
シェア
働くアメリカ人女子13人の、気になる「家賃」は?
やはり海外は、ルームシェア率が高い…?