その日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅〜第1弾〜

21歳、日本の女子大生2人がアメリカ横断してみた!

人気の記事

だれしも若気の至りで、無茶なことにチャレンジした経験があるはず。

わたしの無茶なチャレンジは、女2人で全長4000キロ弱もあるアメリカを車で横断したこと。

なんでまたそんなことをしようと思ったかというと、アメリカは21歳が日本でいう成人の歳で、記念に残ることをしたいという思いがあったから。

ADの後に記事が続きます

何に挑戦しようか悩みに悩んで、幼い頃に母が話してくれたアメリカ横断をふと思い出したのです。

わたしがアメリカに長期でいられるのは、大学留学期間のみ。

横断をするなら今しかない!

この絶好のチャンスは逃してはいけない!と思って21歳になった夏休みにいざ実行。

この連載では、おすすめ観光スポットをわたしたちの破天荒なエピソードもお伝えしていきます!

横断を開始したのは、アメリカの独立記念日である7/4。 

この記念するべき日に、21歳の私たちの"独立"に向けての旅もスタート!

最初のおすすめスポットはホワイトサンズ国定記念物

まさにその日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅。
まさにその日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅。

ここでは一面真っ白の完全無音の世界が広がっていています。

周りになにも隔てるものがないので、雨がふっている時は、どこでふっているのかまでわかるほど。

まさにその日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅。

そんな体験を普段できることはないので、最初は感激の嵐!

ここに来ると、日々どれだけの音と物に囲まれて生活しているのかに気づかされると思います。

そして、旅の醍醐味は何と言っても人との出会い。

長旅の中、ようやく探し当てたモーテル。なんとその日はたまたまオーナーの誕生日で、わたしたちをホームパーティに招待してくれました!

まさにその日暮らし!刺激的な1ヶ月半のアメリカ横断の旅。

テクノロジーが発展してくれたおかげで、海外の人とも簡単にやり取りできるようになった今の時代、"一期一会"なんてことは、もうないかもしれない。

だからこそ、これだけ広い世界なのに偶然同じ時に同じ場所にいて出会えること、同じ空間を共有できることがすごく大事なんだな、と感じた瞬間でした。

新しい人との出会いや関わりは、新しいものの見方、考え方に気が付けるきっかけに。こんな機会に出会うには自分からどんどん外に出ていくのが必要だと学びました。

なかなか思い切ったことができてない人も気持ち次第。小さいことでも勇気を出して、初めの一歩を踏み出してみては?

次回はアメリカの壮大な自然、グラウンドキャニオンと眠らない街、ラスベガスについて!

もっと写真を見たいって人はこちらまで!

コメントする

Read Next:
ライフスタイル
シェア
余計、太る!?食事を抜くのがダイエットに逆効果なワケ
空腹状態になるのって、いいことないみたい。
ライフスタイル
シェア
挫折や劣等感を越えて。シンガー塩ノ谷 早耶香の「芯の強さ」に迫る
はじめて参加したオーディションで、少女だった彼女が突きつけられた現実とは?
映画みたい!「自分たちで作った島」に住む夫婦が話題
ライフスタイル
シェア
これぞ理想郷?「手造りの島」に住む夫婦がすごい
ノンストレスで自由な生活、憧れる…!
目からウロコ!ポテトの皮を一瞬で剥く裏ワザ
ライフスタイル
シェア
超簡単!ポテトの皮をスルッとむく方法
今までのやり方は"逆"だった!?
唯一無二の味方!両親に打ち明けるべき7つのこと
ライフスタイル
シェア
1人で抱え込む前に!両親に正直に話すべき7つのこと
大人になっても、親とのコミュニケーションを大切に
使い方いろいろ便利なヘアドライヤー
ライフスタイル
シェア
髪以外にも!?「ドライヤー」が役立つ裏ワザ7
固まったジェルライナー、ラベルはがし…「ちょっと困った」に嬉しい。
ライフスタイル
シェア
脱「ぽっこりおなか」!食生活で気を付けるべき4つのこと
セレブお抱えの栄養士が「お腹の張り」の原因と解決策を伝授!
専門家が分析!鼻の形が物語るあなたの「40代」
ライフスタイル
シェア
鼻の形で!?専門家が分析するあなたの未来
鼻でこんなに色々分かるなんて…。
新たな生命と共に…ママ6人の「レインボーベイビー」写真
ライフスタイル
シェア
悲しみを越えて…美しきママ6人の写真に秘められた物語
そこには、共に生きることのできなかった我が子への思いが。
医師も知らない!?「うつ診断」の裏に隠れていた難病とは…
ライフスタイル
シェア
「うつ病」は誤診。私が抱えていた、想定外の難病とは?
5000人に1人の確率でかかる病気なんだとか。