自分を幸せにするのは自分!「プチ幸せ」を呼ぶ15の方法

"ハッピー"は簡単に作れる♡

人気の記事

落ち込むことがあったとき。ゆっくりお風呂に入ったり、ジョギングしたり、お酒を飲んだりするのもいいけど、もっと手っ取り早く気分転換できたらいいのに…というあなたへ。コスモポリタン ナイジェリア版がまとめた、5分でできる「プチ幸せを呼ぶ方法」をお届け!

1.まずはお気に入りの音楽を!

ノリノリな音楽を聴けば、自然と笑顔に♪

ADの後に記事が続きます

2.ポジティブになれる自分なりの方法を書き出してみる

好きなことや楽しかったことを3つ書き出すだけ。書くことに時間を使うことで、ストレスから解放され、明るい気持ちになれるんだとか。幸せな瞬間を共有できるアプリなんてのもあるらしいから、活用してみるといいかも!

3.お気に入りに入れたツイートを読み返す

そこにはあなたをアゲてくれる言葉が詰まっているはず。

4.日常と違うことにトライ

毎日同じことの繰り返しだと、なかなか気分は上がらないもの。違う経路で通勤する、早起きしてカフェで朝食を食べるなど、朝の習慣に小さな変化をもたらせば、その日1日を違った気分で過ごせそう。

5.自分にご褒美を

新しいコスメ、新しいスマホカバー、ちょっぴり高級なアイスクリーム…「疲れてるな」「最近頑張ってるな」ってときには、自分へのちょっとしたプレゼントでテンションアップ!

6.予定を立ててみる

例えば友だちと飲みに行くとか、そんな小さな予定でもOK。もしくは、いつか旅してみたい国や場所を検索してみるのも◎。先に待っている楽しいことを考えたら、それだけでハッピーな気持ちになれるでしょ?

7.誰かを笑わせる

そうすることで、自分にも幸せが返ってくるはず!

8.昔の写真を見返してみる

楽しい記憶が蘇って、最悪に思えた日も明るくなるかも。

9.壁紙・待受画面の写真をチェンジ

好きな言葉、人、食べ物…見ただけで幸せな気持ちになる写真にアップデート♡

10.活字に触れる

本、雑誌、ブログ…何でもOK。気晴らしになるし、短い間でも文字を追うことに意識を集中させて、ネガティブな気持ちにサヨナラしよう。 

11.目の前のことに集中する

何かに集中しているうちに、悩んでいたことすら忘れられるかも?

12.整理整頓する

部屋、デスク周り、クローゼット…散らかっていればいる程、あなたのストレスレベルも上がっているのかも。今すぐ片付けを始めてスッキリしましょ!

13.バニラの香りのキャンドルを焚く

科学的にも、バニラの香りには気分を高める効果があることが解明されているそう。

14.頭を使うゲームで遊ぶ

オンラインゲームじゃなく、数独やクロスワードパズルなどで数分間頭をほぐしてみて。気づいたら熱中してるかも。

15.友達と電話

数分でいいので、最近会ってないな、という友達に電話してみて。近況報告し合ったり、昔話をして盛り上がったり…。そしたらその日は1日中、ハッピーな気分で過ごせるはず!

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN NG

More from Cosmopolitan Japan:
優しさに心打たれる…ダイアナ妃が残した、愛ある名言15
ライフスタイル
シェア
いつまでも記憶に残る…ダイアナ妃の「愛ある名言」15
母として、女性として、1人の人間として。
ライフスタイル
シェア
【宮本エリアナ連載vol.9】仕事も恋も。人間関係の悩みを説く。
ついつい人に優しくしてしまう人、注目! エリアナちゃんが読者のお悩みに答えてくれました。
お金を「経験」に使うことで、人は幸せに…!?
ライフスタイル
シェア
「物」より「経験」にお金を使った方が幸せを感じる!?
20年にわたる調査結果により判明!
ライフスタイル
シェア
モデルも夢中!メルボルンのヘルシーなフード文化
進化し続けているメルボルンのヘルシーなライフスタイルの最前線をお届け!
人生を謳歌する海外ママにインタビュー
ライフスタイル
シェア
世界3カ国の「働くママ」事情を大調査!
「まず初めに自分が幸せじゃないと、周囲の人を幸せにできない!」
すごい偶然!同じ日に、同じ病院で出産した姉妹
ライフスタイル
シェア
そんな偶然ある!?同じ日に、同じ病院で出産した姉妹
しかも、生まれた娘たちが双子のようにそっくり…!
タトゥーで作った「ストップモーションアート」
ライフスタイル
シェア
タトゥーで作った「ストップモーションアート」が斬新!
タトゥーが動いてるように見える…!
男性よりも女性の方が「頭の回転が速い」ことが判明!?
ライフスタイル
シェア
研究で判明!女性の脳は、男性の脳よりも優れている!?
なんとなく、そうかなとは思っていたけれど…(笑)。
プロが教える、掃除でつい見落としてしまう10の場所
ライフスタイル
シェア
お掃除のプロが指摘!「掃除で見落とされがちな場所」10
言われてみれば、最後に掃除したのいつだったっけ…
調査で判明!ワーキングマザーの労働時間は「週98時間」!?
ライフスタイル
シェア
調査で判明!ワーキングマザーの労働時間は「週98時間」!?
ママの日常は過酷…