パリ2つ星シェフが監修するレストランが銀座にオープン

絶品フレンチを堪能​したい!

人気の記事

パリの2つ星フレンチレストラン総料理長 ティエリー・マルクス氏が監修するガストロノミーレストラン、ティエリー・マルクス(THIERRY MARX)と、新業態・世界初出店となるグランビストロ&プレミアムテラスバー、ビストロ・マルクス(BISTRO MARX)が、924日(土)、銀座の新複合商業施設「GINZA PLACE7階にグランドオープンした。

ADの後に記事が続きます

クリエイティブで繊細な料理を堪能できるティエリー・マルクスでは、フレンチ料理の歴史として古くから受け継がれてきた"伝統"を守りつつも新たな挑戦による"革新"を加えたランチコース1種、ディナーコース2種をラインナップ。コースメニューの中からオススメは、濃厚な赤身を堪能できる「フランス産鳩のロースト」。鳩の旨みを凝縮したソースと黒にんにくのピューレとのマリアージュを楽しみたい。

一方、"料理とパンの融合"を提案するビストロ・マルクスでは、日本初上陸の「ブリオッシュ」を軸にしたメニューが豊富。まずおさえるべきは、ブリオッシュのバンズで国産黒毛和牛のパテを挟み、自家製トマトフォンドュとベアルネーズソースで仕上げた「マルクスバーガー」や、ふわとろ&サクサク食感の「フレンチトースト」。多彩なパンやガトーをテイクアウトできるブーランジェリー(ベーカリーショップ)が併設されていて、気軽に立ち寄れるのも嬉しい。夜には銀座の夜景とともに一流のバーテンダーによる鮮やかなフルーツカクテルやシャンパンも楽しめ、大人好みのスポットに。銀座の最旬アドレスをさっそくマークして。

THIERRY MARX

住所/東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 7F

営業時間/11:3015:00L.O.14:00)、17:3022:00L.O.21:00­

定休日/日曜日

tel. 03-6264-5045

BISTRO MARX

住所/東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 7F

営業時間/ビストロ・ブーランジェリー11:0023:00L.O.22:30)、プレミアムテラスバー23:002:00L.O.1:30

定休日/不定休(プレミアムテラスバーは日祝定休)

tel. 03-6280-6234

text: Rumi Totoki

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
グルメ
シェア
大切な人とシェアしたい♡モエ・エ・シャンドンの限定パッケージ
ゴールドに輝くミニフルートをボトルにつけて、いっそうラグジュアリーに♡
グルメ
シェア
栄養士が解説!「フルーツの皮」に秘められた健康メリット
バナナにオレンジ、キウイ…皮を捨てちゃうのはもったいない!
グルメ
シェア
今だけ!食べなきゃ損する「アマン東京」の高級バーガー
和牛にズワイ蟹、フォアグラも!ラグジュアリーな空間で話題のバーガーを堪能しちゃおう♡
アメリカのスタバで提供されてる、犬用「裏メニュー」って?
グルメ
シェア
犬用メニューが!?スタバ×ワンコのかわいいインスタ集
その名は「パプチーノ」♡
食べる芸術!「水彩画ウェディングケーキ」
グルメ
シェア
食べる芸術!「水彩画ウェディングケーキ」がトレンド?
結婚式をグンとおしゃれに華やかに♡
中にお菓子がぎっしり♡「ピニャータケーキ」が楽しい
グルメ
シェア
中からお菓子が溢れ出る!「ピニャータケーキ」に釘付け♡
パーティーで出したら盛り上がりそう!
グルメ
シェア
心ゆくまで肉料理を堪能できる「マルディグラ祭り」って!?
フレンチビストロの名店と「ビオトープ」による期間限定の美味しいコラボ♡
グルメ
シェア
一足先に夏気分♡表参道にビアテラスが出現!
GW中だけの先行開催!「おもはらの森」が夏祭りの屋台に♡
綿あめがシュワシュワ溶ける!?「スノースイーツ」が楽しい♡
グルメ
シェア
SNS映えする、綿あめを使った「スノースイーツ」♡
カリフォルニアで注目を浴びる、新感覚スイーツをご紹介♡
▼ANAインターコンチネンタルホテル東京「カスケイドカフェ」          天空都市「マチュピチュ」や「ナスカの地上絵」などの世界遺産で知られるペルーは、その独特の地形から食材の宝庫であることが知られています。じゃがいもにとうもろこし、トマト、ピーナッツなど日本でもおなじみの農産物も、そのルーツはペルーのアンデス山岳地帯と聞けば、なんだかちょっぴり親近感がわいてきますよね。ペルー料理は、魚介や野菜をメインにハーブを巧みに使うのが特徴。先住民のインディオとスペイン、アフリカ、アジアなどからの移民の文化が混ざり合って独自に進化した新ラテンアメリカ料理として、今世界中の美食家たちが注目しています。「カスケイドカフェ」では、そんなペルー料理を在日ペルー料理大使館による協力のもと、気軽に味わえる「南米ペルー料理ブッフェ」を開催。セビーチェ(魚介のマリネ)やロモ・サルタード(牛肉と野菜のソテー)などをはじめ、南米特有のライムやレモンを使った酸味のある料理からアンデス地方の肉や野菜を多く取り入れた料理まで本場の味わいを月ごとに20種類ラインアップ。現地を訪れるにはハードルが高すぎるペルーの料理…。ぜひブッフェスタイルで多彩な料理の数々を堪能してみて! 
グルメ
シェア
あれ食べたい!世界のグルメを気軽に味わう4つの提案
忙しくて、海外旅行する暇がないって時に♡