女性CEOがアドバイス!職場で「ハラスメント」を受けたら?

しっかりと記録をとっておくことが肝心。

人気の記事

女性が男性優位の業界で働く厳しさを熟知しているサリー・クラウチェックさんは、デジタル投資のためのプラットフォームを開発する会社<Ellevest>のCEOで、『手に入れなさい:職場における女性の力(原題/Own It: The Power of woman at Work)』などの著作を持つベストセラー作家。

そんなクラウチェックさんが自身の経験を基に語った、性差別をはじめとする職場でのハラスメントへの対処法を、コスモポリタン アメリカ版から!

ADの後に記事が続きます

ケース1:年上の男性から「コーヒーを持ってきて」と言われる

「私に言わせれば、そんなことで腹を立てるのはエネルギーの無駄です。彼はきっと私たちとは違う時代に育って、時代が変わったことに気づかないだけ。それに、腹を立てれば、あなたの方が非難されます。だから、気を静めて、何かうまい言い方で気を逸らしましょう。例えば、『今回は私が持ってきますから、次回はお願いしますね』とかね。ベストな回答かどうかわかりませんが、仕事は回るはずです」

ケース2:(男性の)同僚が手柄を横取りしようとする

「こういう場合、彼は自分なりの"解釈"をしているのですが、そのことに気づいていない可能性が高いです。彼にとってはあくまで善意なんです。男性の生まれつきの本能として、群れの上に立とうとしているとも言えます。ですから、"勇気ある話し合い"をしましょう。"勇気ある"と言ったのは、これによってあなたが厄介なことに巻き込まれる可能性もあるからです。

話し合うなら、こんな感じです。『こんにちは、カイル。気づいてないと思うけど、あの素晴らしいアイディアXや、革新的な洞察Yや、会社を見直すきっかけになった調査Zが自分の功績だと言っていたでしょう。あれは全部私の功績だから、間違えないようにしてね』。彼が本当にいい人なら、これで通じます。もしそうでないなら、警告を与えたことになります。

じゃあ、彼がそれでも続けたら? そうですね、会議のときにあなたを助けてくれる仲間を持つことですね。そして、こう言ってもらうんです。『やあ、カイル。スージーが最初に提案したあのアイディア、すごくいいと思ったけど、今君から聞くと、もっとよくなったね』という風にね。仲間がいない場合は? それなら、思い切ってカイルを遮って、自分の功績だと主張するのも1つの選択肢です」

ケース3:同僚や上司が不適切なコメントをする、イヤらしい目で見る、たびたびあなたに席を外すよう求める、など

「彼(または彼女)に、止めるようにはっきり伝えましょう。また同じ目にあったら? もっと上の責任者に事実を訴えに行きましょう」

ケース4:責任者までもがあなたの訴えを退け、不適切な対処をする

「人事部に行きましょう。泣き寝入りしてはいけません。覚えている限り正確に、言われたことの内容や日にち、回数を書いておきましょう」

ケース5:人事部が対処しない

「となれば、次はCEOです。必要なら、彼または彼女の部屋の外で待って、とにかくCEOに掛け合うことです。(受けたハラスメントの)内容や回数についてはできるだけ正確に伝えましょう」

ケース6CEOが対処しない

「そんな会社は急いで辞めましょう。今すぐ、他の会社で別の仕事を探すことです。そんな会社で働くべきじゃないし、あなたのキャリアに傷がつきます。ストレスの多い職場にいることも問題だし、あなたが問題を大きくしたと言って彼らが報復しようとしてきたら、それも問題です。

会社を辞めたら、理事会に対して手紙を書き、一連の出来事を伝えましょう。その際も、正確な内容と日にちが必要です。書きたくないと思うかもしれません。でもこれは、あなた自身のためだけでなく、その会社で働いている他の女性達のためにもなるのです。もしあなたが逆の立場だったら、誰かがそうしてくれたらと思いませんか?」

最後に、こうした状況の中でクラウチェックさんがもうひとつ覚えておいて欲しいと語るのは、「必ず、どんなときも、経済的な余裕を持っていること。つまり、給料の範囲内で生活していて、カードの返済に困っておらず、もしものときの蓄えがあって(数カ月分の生活費は必要)、毎月の収入の一部を貯金したり投資したりしていることです」。

なぜかというと?「お金を持っている方が、"こんな仕事、辞めてやる!"とずっと言いやすいからです」。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US

More from Cosmopolitan Japan:
社会貢献につながる仕事を!フィリピン女性の起業家5人
キャリア
シェア
社会に役立つ仕事を!フィリピン女性起業家たちの挑戦
彼女たちの仕事のやりがい、ミッションとは?
現役CAが撮影した「空での日常」を切り取ったインスタアカウント
キャリア
シェア
CAの「空での日常」を切り取ったアカウントが素敵♡
撮影も、現役のCAによるもの!
キャリア
シェア
「美しくない」と言われた私が、コスメ会社のCEOになるまで
「本当の美しさ」って、何?
テーブルに並んだ様々なお酒のグラス
キャリア
シェア
え、ロンドンに「二日酔い休みOK」の会社がある!?
就職したい…
いつかは憧れの国で暮らしたい、自分自身で事業を起こしたい、こんな風に考えたことはありませんか? ここでは理想のライフスタイルを手にし、自分らしく人生を謳歌するコスモガールたちをご紹介! あなたも勇気を出して、一歩踏み出してみては? 第一弾、第二弾はこちらから。
キャリア
シェア
外務省志望から音楽の道へ!成功のカギは「続ける意志と覚悟」
転機は学生時代の、とある「出合い」。自分の夢を生き続けるコスモガール、ティガラに直撃♡
いつかは憧れの国で暮らしたい、自分自身で事業を起こしたい、こんな風に考えたことはありませんか? ここでは理想のライフスタイルを手にし、自分らしく人生を謳歌するコスモガールたちをご紹介! あなたも勇気を出して、一歩踏み出してみては? 第一弾はこちらから。
キャリア
シェア
どこで差がつく?20代で成功した女子から学ぶ「人脈づくり」
理想のライフスタイルを築き、キャリアアップに成功したコスモガールをご紹介!
輝く2018年に!参考にしたい世界のコスモガールの抱負
キャリア
シェア
輝く2018年にするために!世界のコスモガールの野望
海外移住、アートの制作、スキルアップ…5カ国のitガールの新年の目標をリサーチ!
キャリア
シェア
私はこうやってつかみ取った!「理想のライフスタイル」を築くまで
自分らしく輝くキャリア女子を徹底調査!憧れのライフスタイルはどうやって手に入れた?
優秀な女性ほどリスクあり!?「詐欺師症候群」とは?
キャリア
シェア
デキる女性が陥りやすい「詐欺師症候群」って、何?
自身を過小評価し不安になる「詐欺師症候群」、その傾向と対策をご紹介。
80年代、プレイメイトが過ごした刺激的な日々
キャリア
シェア
プレイメイトとして過ごした「刺激的」な80年代
雑誌『プレイボーイ』でプレイメイトに選ばれた女性に聞く、「プレイボーイ・マンション」って本当に大人の楽園? 彼女の80年代を振り返るエピソード