転職後、みんな経験しがちな職場のするジレンマ10選

大丈夫、あなただけじゃないから!

人気の記事

どのような理由であれ、転職には大きな不安が伴うもの。そこで、コスモポリタン イギリス版から新たな職場で経験しがちなジレンマをご紹介。

1.「仕事の内容が全然わからない」

前の職場では目をつぶっていても作業をこなすことができたほどすべてを熟知していたのに、新たな職場では玄関の暗証番号さえ覚えられなくて焦る

ADの後に記事が続きます

2.「どのタイミングで私物をデスクに置いていいの?」

キャラクターのフィギュア、ミニサボテン、愛犬の写真などなど…。か、教えて!

3.「前の職場の同僚が恋しくてしかたがない」

昔の職場ではよく一緒に爆笑したり、泣いたり、コピー室でグチをこぼしあったりしたっけ。毎日彼らに会えないことがツラく、果たして転職は間違いだったのかも?と思ったりする。

4.「気づいたら、トイレで過ごす時間が異常に長い」

勝手がからなくてうろたえたり、居場所がなくて孤独を感じたりして、つい、1人になれるトイレにこもりがちになってしまう。でも、それは誰もが通る関門。一旦勇気を出して殻を破れば、きっと普段の自分が取り戻せるはず。

5.「今の職場の人たちも、前の職場の人たちくらいお菓子を食べるのかな?」

前の職場では、ほぼ毎日、何かと理由をつけてはお菓子を食べまくっていた。でも、そのような習慣はないほうが自分のためかも。

6.「ドン臭い自慢の一発芸を同僚に披露できるのはいつ?」

いつか、新しい同僚たちと心を開き合えたときのために、くだらない画像を送るタイミングを見計らっている自分がいる。

7.「私ったら、まるで12歳の子供みたい」と感じる

ランチのとき、食堂で誰の隣りに座るべき? 同僚は皆、もう友だちがいるの? 人事の女の子を遊びに誘ったら変?…など、頭の中はクエスチョンマークだらけ。

8.「いっそのこと、12歳のときに戻れたらどんなにいいか」と思う

12歳なら、新しい職場で悩むことなんてない。ただ学校に通えばいいだけの気ままな生活。とにかく、今の自分の状況よりは楽なはず。

9.「この職場ならではのお茶出しのルールって?」

誰かが自発的に全員分のお茶を出すのか? またはセルフサービス? 慣れるまでにはしばらくかかりそう。

10.「多分、もしかしたら、いつかここに慣れられるかも」

◯◯さんは毎日812分きっかりにお茶を飲むことを発見した。電話に出たとき、噛まずに社名がスラッと言えた! 仕事上で解決策を発見した! どんなにスローでも、後は前進あるのみ。

どんなプロやベテランだって誰もが新たな職場や仕事で不安な思いをしたことを想像すれば、きっと不安感が和らぐはず!

この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions

COSMOPOLITAN UK

コメントする

More from Cosmopolitan Japan:
仕事の能率を左右するカギは「同僚」にあり?
キャリア
シェア
仕事での成果を上げるには「同僚と親友に」!?
会社の人と絶妙な距離を保っているあなたへ。
GIF
キャリア
シェア
ティガラ流!海外で活躍したいなら「外人スマッシュ」!!
グローバルに生きて行くには術がある! チャンスを掴むための「外人スマッシュ」とは?
調査員からTV業界へ!私が「夢見た仕事」に就けるまで
キャリア
シェア
憧れのテレビ業界に転身!私が「夢の仕事」に就くまで
世界中で愛される、自然ドキュメンタリー『プラネットアース』のプロデューサーに!
難しい質問に苦戦する面接中の女性と、厳しそうな面接官たち
キャリア
シェア
みんなが面接で聞かれた「難しすぎる質問」15
それは答えづらいんですけど…!
世界最高齢モデル、ダフネ・セルフに学ぶ、美しい生き方
キャリア
シェア
世界最高齢モデル、ダフネ・セルフに学ぶ、美しい生き方
好奇心旺盛でいることで、年齢は「ただの数字」になる!
無職だった私が「人気スタントウーマン」になるまで
キャリア
シェア
無職の女性が「スタントウーマン」として成功するまで
車中生活から、ドラマのレギュラーキャストへ大抜擢!
キャリア
シェア
30万円からの起業!20代社長に聞く「キャリア開拓」の秘訣とは
安定した会社員のポジションを捨て、キャリアを切り拓いた20代女性にインタビュー!
いくら貯めてる?20代アメリカ女子7人の「貯金方法」
キャリア
シェア
月にいくら貯めてる?アメリカ女性7人の「貯金事情」
海外女子の懐事情に迫る!
「容姿を理由に解雇」された、24歳の美女ってどんな人?
キャリア
シェア
女性が突然仕事をクビに…理由は「魅惑的すぎた」から!?
確かにかなりセクシー!
キャリア
シェア
注目デザイナーが「ジュエリーで勝負する」と決めた理由
エルメスなど名だたる企業を辞め、夢を追い続けている若き天才デザイナーとは?